1300万超!平均年収1位の常連企業「キーエンス」ってどんな会社なの?

社員の平均年収ランキングで1位の常連企業と言えば「キーエンス」。その給料の高さもあって、大学生の就職活動での人気企業のひとつです。でも、一般の人たちにとってはあまり知名度がないのも事実。そこで「キーエンス」ってどんな会社なのか調べてみました。

-経済誌・経済ニュースで給与の高さが話題になる「キーエンス」

「30歳年収が高い会社」1位は「キーエンス」 #ldnews news.livedoor.com/article/detail… この手のランキング。ここ十年はずっとキーエンス1位な気がするな

社員の平均年収は1398万円

※2008年3月のデータ、社員1764人の平均年収(平均年齢32歳)。平均勤続年数は10.6年。ちなみに同じくセンサー等を扱うオムロンの平均年収は約800万円。

30歳年収が高い会社ランキング:1位キーエンス 1292万円

※データは2014年。

40歳年収が高い会社ランキング:1位キーエンス 1622万円

※データは2014年。

生涯給料が多い企業ランキング:1位キーエンス 5億6千万円

※データは2012年。

早い話が、日本で一番たくさん給料をもらえる会社

合コンしたい企業ランキング:9位キーエンス

※2014年のサイバーエージェント発表のランキングより。ちなみに1位からGoogle・フジテレビ・ゴールドマン・サックス証券・電通・三菱商事・Apple・自衛官(陸上・航空・海上含)・医師・キーエンス・伊藤忠商事の順。

キーエンス入りたい

-そんな「キーエンス」ってどんな会社?

工場用センサーの開発・販売を主な事業領域とする

製造業に関わらない人にとっては優良企業であることは知らてれいない

大阪にあるキーエンスという会社は知る人ぞ知るすごい会社です。何がすごいかと言ったら、年収の高さと利益率の高さ。年収は日本の製造業の中では一番高い会社の一つ。製薬会社も年収高いけど、それは製薬業界全体が年収高い業界だから。キーエンスは年収が高くない機械業界の中では異色の会社。

-会社の財務体質もかなりいい

「キーエンス」の前身は、現在の会長兼個人筆頭株主の滝崎武光氏が1974年に兵庫県尼崎市で創業したリード電機。80年代半ばに、鍵(キー)と科学(サイエンス)を合成した現在の社名「キーエンス」に改名。1990年には東証一部に上場している。

銀行借り入れや、社債を一切発行していない「無借金経営」

営業利益率が約50%という驚異的な「利益率」

ちなみに上場企業全体での営業利益率は4.6%(2011年4月‐12月期)。小売業の営業利益率は平均で5%程度。家電量販店が3%程度。営業利益率は1ケタという業界・業種は多い中でキーエンスの営業利益率は注目すべき点。

そして…。

営業利益の1割程度を社員に還元している

1972年の創業以来、能力・成果に見合う報酬システムを維持している。

最近キーエンスという企業が気になりすぎてどうにか接点を持ちたい。経常利益率52%、社員1700人、平均年収1300万、無借金経営、分単位の営業日報、接待禁止などとにかくハンパない。どんな企業カルチャーなのだろう。

-創業者だって大富豪

キーエンスの創業者、滝崎武光会長はかつて2度会社を倒産させた経験を持つ。その後失敗しない経営を考え抜いたという。

創業者の滝崎武光会長の資産は47億ドル。日本で7位の富豪

米経済誌フォーブスは「Japan’s 40 Richest」(2013)による。

ちなみに滝崎武光会長の高校の後輩はダウンタウン・松本人志

二人とも兵庫県立尼崎工業高等学校出身。

キーエンスの創業者、個人資産ランキング国内TOP10入るのか…

-そんな「キーエンス」では、社員の半数が営業マンだという

キーエンスは工場を持たない「ファブレス経営」と、値引きをしない「コンサルティング営業」が特色

※「ファブレス経営」とは、 部品製造の大部分を外部委託し一部部品のみ自社製造する経営のこと。

社員数約1700人のうち半数強の1000人近くを営業マンが占める

新卒のプロパーが多いのが特徴。

高い給与の裏には当然、それに見合った労働が要求される

-社員の平均年収1位に見合った「キーエンス」の営業力とは?

① 顧客対応における「Quick Response」

世間一般で言われているようなコンサルティング営業といったレベルのものではない

「キーエンスの営業は、電話一本でカタログに載っている商品を持ってすぐにとんで来る」

キーエンスの営業は、顧客に「やりすぎ」とまで評されるという。

キーエンスの営業マジやべー

② 画一化された営業トーク

営業での情報・ノウハウの共有が重視され、成功事例が必ず共有する仕組みが作られている

営業マンは画一化された営業の手法をロールプレイングをやりながら習得する

営業マンが機械のように正確に動けば一番売れる、全体の営業力をボトムアップできる、という考え方

やっぱキーエンス凄いな(´Д`) テレアポ・行動管理、仕組みができてる。必要な営業だけ行き、営業前・営業後のロープレも徹底して、成功体験を蓄積し共有されてる!顧客ニーズの把握~即座の対応・・・知識の習得、全ての無駄を排除して研ぎ澄まされてる感じw 見習うべき点が多々ある!

③ 営業日報は分単位

営業マンは、紙ベースの営業日報を毎日書く。通常の日報と異なるのは、それを分単位で正確に書かねばならないこと

訪問時間、客先訪問した時の商品の紹介数、種類、アイドリング時間など、全ての項目がチェックされる

昨日キーエンスの後輩との飲んでいて訊いた話。キーエンスでは一日の日報報告がかなり細かいそうだ。お客様との商談時間だけでなく、車の営業で「車に乗った時刻」なども報告するらしい。その日報を新卒から10年目の営業も同様に行うらしい。営業成績が振るわない時のメンテナンス材料にするらしい。

-というわけで

仕事は大変かもしれませんが、やりがい+見返りが大きければ、仕事に対する意欲は高まるでしょう

-参考リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする