もっと身軽に!! 手ぶら通勤のススメ

あこがれますね。


Photo by Digital Vision. / Digital Vision

毎日の通勤、大変ですよね。

・既に手ぶらで通勤している=8%
・今はしていないが、是非したいと思う=23.3%
・今はしていないが、出来るならばしたいと思う=38.0%
・したいと思わない=30.8%

意外と簡単に実行できる!?


Photo by Stockbyte / Stockbyte

通勤カバンの中身って、改めて見直すと重要なモノは少ないんです。

例えば筆記用具や手帳の類は、今はほとんどスマートフォンやケータイの機能で代用できるし、自宅と会社間の移動に使う最小限のモノだけポケットにあれば事足りる。

急な外出による資料や名刺の持ち出しのため、会社のデスクには外出用の置きカバンを常備しておく。

それを通勤で持ち歩く必要はないし、日中の外出時と、朝晩の通勤時で必要なモノは変わってきますよね。

出社してから何をするか帰ってから何をするかといった日々の行動予定をしっかり整理すれば、本当に必要なモノは取捨選択できるんです

どうしても必要そうなモノは自宅と会社の両方にストックしておいて、使う時だけ臨機応変に持ち出すのがコツです

こんなにあるメリット


Photo by George Doyle & Ciaran Griffin / Stockbyte

圧倒的に身軽であるため、歩くスピードが早く、疲れない。

片手に重いものを持つと、姿勢が悪くなりがちですが、それがない。

満員電車でカバンの分まで気をつかう必要がないので気疲れしない。

さらに身動きが取りやすいので、スルスルと空いてるスペースに移動しやすい。

両手で物を扱えるので、雨の日や、本を読む、携帯を触るときに操作しやすい。

気をつけましょう!デメリット


Photo by Stockbyte / Stockbyte

たまにカバンを持って、座席上部の棚にカバンを置いたりすると、降車するときに忘れそうになる。

財布と本と携帯の3点セットは欠かせないので、ポケットが膨らみがち。

一般的には奇異な目で見られることが多く、帰宅時にも「買出し?」とか「食事?」などと声をかけられ、帰宅を告げると驚かれることが多い。

参考リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする