最低賃金以下も!?高時給の代名詞「塾講師バイト」までブラック化してる

その時給の高さから人気の塾講師バイト。最近はそんな塾講師や家庭教師などでもブラックバイトが目立つようになってきたそうです。

社会問題になっている「ブラックバイト」

「ブラック企業」に続いて、最近は「ブラックバイト」という言葉も耳にすることが増えてきた。

労働基準法などの法律を守っていなかったり、アルバイトから搾取するような働かせ方をするような職場を指します。

長時間労働で試験前でも休めないなど、学業に差し支えるケースが少なくない。残業代の不払いをはじめ、違法・不当な行為もある。

大学ではゼミが成り立たず、試験に出席できないなどの実害も出ているが「簡単には辞められない」のが特徴だという。

その背景には厳しい経済状況がある

だからブラックでも頑張ってしまう学生も多いという。

バイトをしないと生活が成り立たない学生が多い。親からの仕送りや小遣いが減り、教科書代や生活費を自分で稼がないといけない。

アルバイトのシフトと大学のテストがかぶったら、バイトを選ぶ――。近年、こうした学生が増えていて、大学側は頭を痛めている。

昔から「苦学生」とよばれる貧乏な学生はいたはずだが、現代の学生が置かれている社会状況は、非正規雇用の増大など雇用環境の悪化や子どもの貧困と格差の広がりなど、従来とは質的に異なる。

週20時間以上働く学生は全体の3割弱いて、うち半数超が「生活費を稼ぐため」とした。特に奨学金の利用者の方が長く働く傾向がある。

今日、ブラックバイトの件で授業をしていて、想像以上に学生の労働環境が悪化していると感じた。おかしいと思いつつも、知識がなく、前に出れないもどかしさを抱えている印象。一方で、そうした状況に立ち向かえない様子という。大人が学生の不安を解消しないといけない。大学教員の責任は重い。

かつては”稼げるバイト”として人気だった「塾講師」

塾講師や家庭教師として働く大学生の間で、休めなかったり、残業代が出なかったりする「教育ブラックバイト」の被害が目立つ。

教育業界で働くアルバイトの人たちから「バイトを休めない」「辞めさせてもらえない」という相談が相次いでいるという。

▼拘束時間が長く高時給どころか、最低賃金も下回る!?

「塾講師は時給が高いと思っていたが、授業前後の準備・報告も含めると、時給が800円を切っている。最低賃金以下だ」

授業の1時間前からテキストの作成、授業後は生徒個人の「報告書」の作成が必要で、2時間はかかる。
生徒への年賀状や教室の掃除も担当させられ、残業代は一切出ない。
時給を計算すると、東京都の最低賃金(888円)を下回った。

塾のバイトは1コマずつの支払いのところも多く1時限目と4時限目を教える場合、2-3時限目も職場に拘束されるのに給料が支払われないというところがあります。
こういうブラックバイトに引っかからないように皆さん面接時に気になるところは聞くようにしましょう。

#慶應新入生

▼大学の試験期間中でも休みがとれない

大学の試験期間中でもアルバイトを休むことが認められなかった

「テストへの出席で休むのは認めるが、テスト勉強や実家への帰省で休むのは認めない」

1~2月は受験を控える生徒にとって重要な時期だが、ちょうど大学のテスト期間と重なり、「勉強時間が足りないし、必修の単位も落としそう。どうしたらいいんでしょうか…」(女子学生)

▼「辞めたい」と言っても辞めさせてくれない事例も多い

「家庭教師のバイトをやめたいと言ったら、数十万円の現金を要求された」というケースも。弁護士が会社側に督促をやめるよう通知し、現金を支払わずに済んだという。

首都圏でおよそ50の教室を展開する某学習塾では、雇用契約書に「代わりの人間を見つけないで年度途中に辞めた場合は、損害賠償を請求する」という、驚くべき一文が入っている。
文章をよく読まずにサインをしているバイト学生がたくさんおり、後で困る学生も少なくない。

マジかよ。。

「責任感のある真面目な学生」が利用されてしまう傾向がある

親元から離れて頑張ろうとする真面目な学生ほど危ない

雇用条件をチェックしていないなど、学生が純真過ぎて付け込まれている面もある

ある個人経営の塾で働く学生バイトからは、
「自分が休むと生徒たちの受験に影響が出るので、大学の単位がぎりぎりで進級が危うくても、責任を感じて休めない。でも塾長は、代わりのアルバイトを見つけてくれない」という相談が寄せられた

「おかしいな」と思ったら放置せずに相談を

労働法違反だなどと言えば周囲に迷惑がかかると考えて、自分が我慢すればいいと思っている人もいます。でも、我慢した結果、どうなるのか考えてみてください。

うつ病にでもなれば、治療費がかかって家計を圧迫します。学校に行かずにバイトばかりしていては、親が出してくれた学費が無駄

最近では、ブラックバイト問題に取り組む労働組合やNPO、法律家団体などもあるので、相談するのも手だ。

関連リンク