仕事が出来るようになる5+1つの方法

仕事ができない人の特徴をひとつずつ潰せば、いつの間にか仕事ができる人になれる!ということで、仕事ができない人の特徴をまとめたので、そこから仕事ができるように学びましょう!

仕事ができない人とは

「仕事ができる」人の反対だと考えましょう。
「仕事ができる」人というのは「結果を出せる」人です。

つまり、「仕事ができない人」とは「結果を出せない人」ということになります。

「仕事ができない」と言っても、その原因は多種多様に渡ります。

仕事のできない人の6つの特徴から学ぶ!

仕事が出来る人の特徴と言っても、様々なタイプがあります。
しかしながら、少し絞った視点で見てみると、
仕事ができない人の特徴にはあてはまらない人が多いのです。

そこで、仕事ができない人の特徴を見てみましょう。

いくつあてはまるか数えてみてくださいね!

1.自分ができると勘違いしている

・自分ができると勘違いしている

自信を持つことは大切ですが、自分を過大評価してしまうとかわいくないし、単純な仕事を軽視してしまう傾向も。うぬぼれると成長はありませんよ!

これは「勘違い」しているところが問題なのではなくて、
自分の力量を適切に測ることが出来ていないところが問題です。

仕事の出来る人は、己の力量に合わせた推測の下に
仕事を進めるので、先に起こりうる問題を適切に予測して対処します。

2.時間管理ができていない

時間管理ができていない

基本的に、すべてがギリギリ。
だから余裕がない。

普段はのんびりしていて、締切直前になって慌てて時間外労働をする。
それで「自分はこんなに一生懸命働いている」と錯覚してね。

突発的な処理が発生すると、イライラする。
必要な商品をギリギリで発注して納品が少しでも遅れるとキレる。

ミスなく完璧に処理することは稀。

仕事のできる人は、「逆算」をすることで
いつぐらいまでに何をしないといけないかを考えます。

仕事は80%の完成度から100%にするのが一番時間が取られます。
そこに突発的な処理などが入ってくるので
なるべく早めに見切りをつけるためにも
仕事ができる人は、出来るところから手をつけ始めます。

3.決断しない

決断しない

一人で何かを決断することを嫌い、多数決の意見に左右されます。
責められることに弱いので、表面上は猫を被ってうまくたちまわろうとします。

決断することは非常に難しいです。
ただ、そこに対しての覚悟と責任を持ちましょう。

決断する時には、上司や周りに相談をするのはOKです。
ただ、その決断が間違っていた時に周りの人のせいにするのはNGです。

4.素直さがない人間

これはどういうことかというと、「まずは言われたことを、即座に、言われたとおりにやってみる」という基本動作ができるかどうかというポイントをクリアできるかできないか、という「素直さ」が前提条件として必要ということなのです。なぜならば、誰しも最初から「仕事ができる」訳ではないのです。最初は、「どうやったらいいのかなんて全然分からない」状態なのです。従って、「教えてもらう」ことになります。その「教え」を丸呑みして、丸ごと真似できるだけの「素直さ」が、「教えてもらう」には必要なのです。

仕事ができる人の中には、必要であれば自分の部下でも年下でも教えを請う人が居ます。

年齢やポジションへのプライドではなく、仕事へのプライドの現れです。

素直に、実直に物事に立ち向かう心を持ちましょう。

5.何か忙しそうにしている

何か忙しそうにしている

これは、ただ単に効率が悪くてセカセカしているだけです。仕事の基本1WAY2JOB(ひとつの動作で二つの仕事をする)が出来ていないだけ。だから忙しく見える。

忙しいことは悪いことではないですが、
自分のすべき仕事の全体像と進捗は把握していますか?

仕事の出来る人は、事前に計画を立てていたり、把握しており
全体の進捗の中で、今はどれぐらいに居るのかを客観的に把握してます。

6.「できない」理由を見つけるのが得意

自分の仕事においても、それができない理由を次々と見つけ出す。できるようにするためにはどうすればいいのか、と具体的に考える力が弱い。たとえ、その力があったとしても持続することはできない。早々とあきらめ、言い訳も次々と見つける。常に“逃げ”の姿勢なのだ。

「できない」理由を見つけるのは本来は良いのだが、問題は結局やりたくないだけ。

出来る人は、対案を持って来たり、
「できない」ように見える問題を上手に切り分けて
きちんとどこが原因でボトルネックになるのか、というのを整理したりします。

「できない」理由も建設的に出しましょう!

まとめ

調べてみたところ、仕事ができない人の特徴は他にもあるのですが
そこを一つずつ潰していけば仕事ができるようになるのではないでしょうか。

下に参考のリンクを付けておきますので、そちらも見てみてください!

▼参考リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする