【デキる男】ビジネスシーンで鋭い質問を放つコツ

ビジネスシーンで「できる!」と思わせるには、会話の要所に挟み込む感度の良い質問が有効です。的確な質問で、相手の意見や感情、考えまで引き出しましょう。

質問は常に目的をもって行うこと

1「人間関係作り」
2「情報収集」
3「相手に考えさせる」
自分が今どのシチュエーションにいるのか意識しましょう

「人間関係作り」には質問プラス「関心」「好意」

まずは興味をもって話をしてくれている、と思わせる質問をして会話の土台をつくりましょう

どうしても盛り上がりに欠ける…そんな時には

質問だけでは単調になりがち。特に女性に有効です

最大限の効果を得るための「情報収集」の質問方法

ビジネスの場ではいきなり本質的な話をする必要があることもしばしば。

少し立ち入った事を聞く場合はこのワンクッションを入れましょう。相手が受ける印象がグッと良くなり、また真面目に答えてくれる可能性も高まります

「あの本どうだった?」「excelがわからないので教えて下さい」では何を聞きたいのかわかりません。「購入する価値はあるか」「ピボットテーブルの使い方」など、その質問によって得たいことを明確にして尋ねましょう

自分が持っている知識・仮説を相手に伝え、同じ土俵にいきなり上がってしまいます。抽象的な情報は多く得られますが、知ったかぶりは絶対に避けましょう。

「相手に考えさせる」ための質問

後輩・部下指導などの場面では、間違いを指摘するより「自分で考えさせる」方がスムーズにいくことは多々あります。より掘り下げてあげましょう

「例える」ためには、考えを抽象化してシンプルにする必要があります。「それってたとえばどういうこと?」

「どうしてそう思うの?」「なぜそうしたの?」

「以前はどうだったの?」「これからどうするの?どうしたいの?」

同業者や同規模の会社など、「よそはどうしてる?」

参考・出典サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする