経営者は知っておきたい。優秀な人から先に辞めてしまう理由

優秀な社員ほどすぐに会社を辞めてしまうという都市伝説?のようなものがあると聞いたので、いろいろ調べてまとめてみました。どれもこれもベタでありがちな理由ばかりです。優秀でできる社員が辞めていかないように心掛けなければいけない改善の仕方もまた、ベタでありがちなのかもしれません。

「なんであの優秀な社員が…」


Photo by Martin Barraud / OJO Images

『優秀な社員ほどすぐ辞める』という言葉を聞いたことはありますか?実際にまわりでも優秀な社員が辞めていったという人もちらほら。

経営者が「嫌ならやめろ」と言うと、会社がピンチの時には必ず出来る人から辞めていく。

あー、優秀な社員がまた辞めていく…。

後輩が会社辞めるって聞いてすごく凹んでる。。優秀な子だったのに。。この子が企画した新規事業はどうなるんだろう。優良顧客の囲い込みより、優秀社員の囲い込みやろー!!

ブラック企業あるある
→入社した人が、一ヶ月未満で辞めていく
→社内の人たち曰く「出来ない人たちは、すぐ辞めていく」

→現実:ヤバイ雰囲気(笑)を察知して、優秀で世間の需要がある人たちは、まともな会社へ転職していく

うちの社員、頭メデタイ!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!

優秀な社員ほど辞めていく理由

物がなかなか売れない現代の企業にとって、必要としている知識の流出はなんとしても避けたいものですよね。

優秀な人材ほど会社を早く去っていくのはなぜなのでしょうか。

企業の経営者たちは、人材の重要性についてさんざん語っておきながら、会社のリーダーとなるべき才能ある人材に突然会社を去られるという事態をたびたび招いている。

若手が何を必要としているかを理解することで、この流れを食い止められます。


Photo by Digital Vision. / Photodisc

株式会社あしたのチームが実施したWEBアンケートによれば、

最も回答が多かったのは「給与と頑張りの連動がないことが理由」の52.5%が1位

なんかベタ…

多くの優秀な社員は、過労により、燃え尽きて会社を辞めていきます。

酷使されると、優秀な社員は結果を残したことで罰を与えられているように感じ、混乱する。

優秀な社員に次々と仕事を任せたくなりますよね。管理職はよくこの罠に陥っているのだとか。

仕事量を倍にして給料がそのままなら転職考えるのはおかしなことじゃないよ。人員をアサインできないからって優秀な社員の仕事を増やすのは企業にとって自殺行為だよ。

優秀な部下が仕事を辞める理由の半数以上は、上司との人間関係によるもの。

社員をまったく気にしていない管理職の元では、離職率は常に高い。

個人的な関係を築かず、自分の生産性以外を気にかけないような人間のために、一日8時間以上働きたくはない。

仕事の人間関係で一番嫌なのは陰口よりイチャモンより、わからないことを聞いても教えてくれないし聞いたら嫌な顔すること。
これが上司だったらもう放棄することに決めた。


Photo by Paul Bradbury / OJO Images

社員のモチベーションが低い→優秀な社員は不満が溜まる→優秀で勤勉な社員が辞める→さらに社員のモチベーションが低くなる

優秀で勤勉な社員は、志を同じくする人と仕事がしたいと思っています。そうした社員が周りにいなければ、不満が溜まり辞めてしまう

昇格の人選を間違った場合、事態はさらに悪化

「優秀な社員が居ないから、社内イノベーションを起こせない!」「社内イノベーションがないから、優秀な社員が辞めていく!」の無限ループって怖い。いや無限なら良いか・・・残る人は年を取るから、もっと怖いんだ。

優秀な社員が辞めない会社にするために改善しなければいけないこと

職場で情熱を追求することが認められている人は生産性が5倍になるそうですよ!

若手社員が期待しているのは連携であり、キャリアをちょっとでも速く前進させてくれる指導者を望んでいる

自分が成長するためには仕事の質を上げていくことがとても重要で、質の高い仕事をできる人材になりたい、と思っている

会社のために働くことが自分の成長にもつながるし、自分のために働くことが会社の成長にもつながる。

研究によれば、職場で情熱を追求することが認められている人は「フロー」と呼ばれる精神的な高揚を感じ、生産性が5倍になる。

今の会社に入って、とにかく手広く色々やらせてくれるので、時間管理と気持ちの切り替えを上手く出来る様にしようっと。性格的に長時間集中できる時間を取れないとなかなかやらなかった事も、これができる様になると、隙間時間を活かせるようになるから頑張ろうっと。

経営者は、定期的に時間を取って、従業員たちの生活や、目標、挑戦について話すべき

管理職は社員とコミュニケーションをとり、何が彼らの気分を良くさせるのかを知り(ある人にとっては昇給で、別の人には功績を認めることかもしれない)、いい仕事をした時に報いる必要がある

φ(..)メモメモ

社内の文化を形成することは、ただ働きやすい職場環境を作ったり、従業員が辞めないようにビジネスを改善したりするたけではなく、もしも大勢の従業員が退職してしまった場合でも、残った社員が働きやすくなるという点でも重要

昔の上司に言われた事。部下を伸ばしたいならアイスブレイクを一緒に体験させろ。努力が報われる瞬間を一緒に体験させることで、次からモチベーションを維持してくれやすくなる。 一緒に努力してくれる上司は確かにありがたい。滅多に出会えないけどね。

関連リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする