【イライラする!】あなたの会社にこんな人はいませんか?アスペルガー症候群を理解しよう!

あなたの身近に存在する大人のアスペルガー症候群。特徴は、人によって違いや程度の差がありますが理解してサポートをしてあげましょう!

◆アスペルガー症候群の特徴

あいまいな指示を理解できない

スケジュール管理ができない

2つのことを同時に出来ない

名前を呼ばれないと自分だと気づかない

会話ができているようでできていない、社会性がなく失礼な言動をとる、想像力に乏しく応用がきかない

▼アスペルガー症候群の診断テスト

◆スペルガー症候群とは?

「アスペ」と略されることがあるが、人によっては蔑称と受け取られる場合があるので注意。

蔑称(べっしょう)とは、ある特定の性質を持つ者に対し、軽蔑や卑下を込めて使用する呼称である。
差別語、差別用語などと呼称する場合もある。

興味・コミュニケーションについて特異性が認められる広汎性発達障害

アスペルガー症候群は自閉症と類似性のある疾患で、広汎性発達障害に分類される疾患の1つ。

◆自閉症とアスペルガー症候群の違い

アスペルガー症候群では言葉の遅れや言語機能の障害は殆ど見られません。

三歳までの言語発達の遅れや環境への好奇心などの幼少期の特徴がはっきりしているのが自閉症で、明確でないのがアスペルガーです。

◆治療方法は?

社会生活を送る上でハンディキャップになりやすい症状を心理療法などで改善させることが主な手段となります。

ひとつの物事に徹底的にのめり込んでしまうという特徴が、仕事において発揮されると、その分野でめきめきと頭角を現して、社会人として大成功を収めると言うケースもあります。周囲の人間もそのような特徴を理解して、特性に合った職業に就けるようにサポートすることも大切です。

それぞれの特性を自分で受け入れて、そのうえで可能な対処方法を周囲のサポートを得ながら考えて、実践していくことです。

◆診断されているわけではないが、アスペルガー症候群だと言われてる有名人

さかなくん・GAKUTO・イチロー・泰葉・鳥居みゆき・ジミー大西など

ゴスペラーズの北山陽一さん、マナカナさんの事も詳しく書かれており典型的なアスペルガーらしい

アスペルガーはスポーツが苦手であるが、落合、イチロー、中村俊輔、石井慧、魔裟斗などは軽度のアスペルガーであるという。

アスペルガー症候群の有名人には、織田信長・坂本龍馬・アインシュタイン・ベートベン・レナオルドダヴィンチ・エジソン・ゴッホなど歴史上輝かしい成果を挙げた名前が並んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする