妻が妊娠して分かったこと(妊娠初期 妻の仕事編)

妊娠初期のつわりはいつ頃はじまる?

一般には、妊娠4~6週ぐらいから始まり、12~16週ぐらいには落ちついてくる場合がほとんどです。つらさのピークは妊娠7~9週ごろという人が多いでしょう。

妊娠初期の症状はどのようなもの?

嘔吐、おう気
つわりは妊婦の50~90%の人が吐き気、または実際に嘔吐を体験していると言われています。
一番顕著に現れる症状で、これの重い人は、おう吐をくり返し水分なども摂取不能になり、脱水、飢餓状態として病院で点滴などの治療が必要になります。

におい
においにも大変敏感になり、悪臭や、高温多湿などはつわりの悪化に大きく関係します。

食べ物への嫌悪
食べ物を見ただけで、嫌悪感を催す人もいます。テレビのCMを見ただけで吐き気があることも。

心理的不安定
つまりいらいらやゆううつなどがみられます。少しのストレスにも耐久性がなくなります。

眠気
とにかく眠い。よっぽど睡眠不足か疲労が溜まっているのだろうと思われがちですが、つわりの眠気は健康な生活を送っていても眠いのが特徴です。

唾液つわり
「唾液つわり」とは、熟睡時と食事以外、だえき出る状態が続くつわりです。
だえきつわりは、通常のつわりより長く続く傾向があって、長い人では出産後まで続いたという人もいます。

仕事を続ける?やめる?

妊娠がわかって真っ先の悩みは仕事を続けるか、辞めるかです。
女性が社会で活躍する場面も増え、以前にも増して多くの女性がこの悩みに直面します。

実際に私の家庭でもこの悩みに直面しています。

つわりで仕事にならなくて迷惑かけるのは事実なんだが、それでやーやー文句言う奴にはつわりを体験してほしいわwwwww
数ヶ月の間24時間車酔い二日酔い状態を味わってほしいわwwwww

現在妊娠中。
つわりがひどいので仕事は休み中、家事も全放棄中。
夫が食事の支度、子供の世話をしてくれる。
掃除はしてくれないのが悩みだけど、幸せです。
大事にしてもらってうれしいなあ。

辛いんだよつわり。もう逃げ場のない辛さ。仕事をしてたら、プラス迷惑かけちゃう罪悪感。
でも、出産、復帰直後の同僚ママが言い放ったのは「私も気持ち悪かったけど、気合い!気の持ちよう!」だったからね。それを子育てしたことがない女性課長にアピールされて「あぁ、女性の敵は女性」と心病んだ

妊娠が発覚したらすぐにすべきこと

雇用主の職場での妊婦の対応は非常に大切な問題なので、妊娠がわかったら早めに報告することが望ましいでしょう。

実際には出産前まで働く気がなかったり、あるいは「もし流産してしまったら」と考えてしまい職場に黙っている人も多いようです。しかし伝えることによって、危険な仕事や力仕事、つわりがひどいときなどには配慮してもらうことができます。

妊娠発覚後の働き方

デスクワーク
事務仕事の場合はずっと座ったままの人が多いでしょう。ずっと同じ態勢でいると腰痛を引き起こしたり血行が悪くなりがちなので、用事を作っては小まめに席を立つようにしましょう。

立ち仕事
おなかが大きくなる妊娠中期以降は向いていません。妊娠初期には問題がありませんが、おなかが張ったり立ちくらみが起こったりする場合は上司に相談してみましょう。

重労働
下からうえへ力をこめて持ち上げたり、重い荷物を長時間持ち続けることは要注意です。

タバコ
早産しやすく、また低体重児(2500g未満)が生まれやすくなります。

妊娠後も仕事を続けるメリット

仕事を辞めてから、6ヶ月以内に出産した場合にもらえるお金が出産手当金です。会社員や公務員、またパートでも健康保険に1年以上加入していれば、もらえる資格があります。

1年以上社会保険に加入している人は、産休中(98日分)の給料60%が支給されます。出産前42日分+出産後56日分の計98日分×標準報酬日額(月収÷30)。それの60%が支給されます。(月給とは住宅手当や残業手当も含む)

会社などにお勤めで、健康保険や雇用保険に入っている人が、産休や育児休業を取った場合、この間、無給となってしまう会社は多いのですが、給与がもらえない代わりに、「出産手当金」が支給されます。
出産手当金」は、休業1日あたり、平均給与(標準報酬日額)の3分の2相当額がもらえます。

 たとえば、給与が22万円なら、1日あたり約4900円。出産予定日どおりに産まれたとすると、産休期間は98日ありますから、合計で約48万円もらえる計算になります。

もちろん辞めるという選択肢も

本人がラクなようにするのが一番です。おそらく、何をどうしてもラクにはならないと思いますが…、なるべく身体が辛くならないように行動しましょう。

産休・育休をとってから辞めるのはマナー違反
育休中は「育児休業給付金」という手当ももらえます。
ただし、これらはあくまでも「復帰を前提としている女性」への手当。復帰する気がないのに受け取ろうとするのはマナー違反です。とはいえ、もらえる額が大きいので産休や育休をとってから辞める人がいるのも事実。職場の空気感や風習、会社への愛情などを鑑みて判断しましょう。

退職時は、気持ちよく送り出してもらえるような理由で

今までお世話になった職場に、「家族の病気」などウソを理由にするのはマナー違反です。

「今まで勉強してきたことを生かした仕事をしたい」「子育てに専念したい」など、お互いが気持ちよく納得できる理由で報告をしましょう。

一番大事なこと・・・

仕事を続けるにしろ、辞めるにしろ一番大事なのは、
夫の自身が妻のつらさを理解すること。
そして職場の上司・同僚の理解を得ることだと感じます。

男性の上司の場合、妊娠だと報告しても具体的にどのように仕事に影響するのかイメージできないこともあるでしょう。

よほど奥様の妊娠に寄り添っていない限り、妊娠初期に現れる症状を知らないからです。

だからこそ、妊娠初期に発生する症状と、無理をするとどうなるかを具体的に伝えておきましょう。

仕事を休むことはできないとわかっていても、つわりがひどくどうしても動けないという時が妊娠初期には何度か訪れます。

そのような場合、急な欠勤が生じることを事前に伝えておくと対応もスムーズです。大切な会議の日に、やむを得ず欠勤してしまう可能性もあるため、重要な役割からは外してもらうよう調整してもらいましょう。

妊婦の身体で仕事を続けていくのなら、上司だけでなく同僚の理解も必要です。

しかし妊娠初期の場合、同僚とはいえ知らせることに抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。全員に知らせなくても良いので、信頼の置ける1人に話しておくと気持ちも楽になります。

つわりが酷いときの対処法

無理して食べない
食べ物を見ると気持ちが悪くなるけれど、お腹の赤ちゃんに栄養が行かないと心配なので無理して食べている、という妊婦さんは多いでしょう。

しかし妊娠初期の母体の栄養は胎児にほとんど影響しませんので、無理をして食べる必要はありません。

飴やガムを持ち歩く
食べつわり」と言って、空腹状態だとつわりがひどくなるケースもあります。
外出先などで気持ちが悪くなったときのために、飴やガムを常に持ち歩くようにしましょう。

朝も起きる上がる前に、ベッドのなかで複合炭水化物を摂るようにしましょう

水分をできるだけ多く補給するように心がけましょう。この時期は、炭酸水でも口に入れられるものでOKです。

つらさを、彼や周囲に理解してもらい、家事などの仕事を協力してもらいましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする