〈就活生必見!〉パリっとしたスーツ選びで”デキる”大人の雰囲気に。

スーツはパリッとした雰囲気が良い!という声をよく聞きますがパリッとしたとはどういう意味なのでしょうか。

最近「パリッとした人」という表現を聞いたのですが、どういう意味ですか?

身だしなみがすっきりした人、着こなしにメリハリがある人、清潔感があって、毅然としたイメージのある


Photo by George Doyle & Ciaran Griffin / Stockbyte

スーツをパリッと着こなす人と、だらしなく見えてしまう人。その違いはサイズと日々の手入れにある。

スーツから1センチ以上離してアイロンを持ち、ブラシをかけるようにしてスチームをあてます。

あまり頻繁にアイロンがけするのは、かえって生地を痛め、破れの原因に1週間に1回くらいが理想

最低でも2~3着は着まわして、着たらハンガーにかけブラッシング、霧吹きを怠らなければ、長くはりを保てます


Photo by George Doyle / Stockbyte

サイズが体型に合っていないものはNGです。

セミオーダーであれば、お店によっては5万円強ぐらいから作ってもらうことも可能

自分の体型にあわせて作られた世界で一着のスーツであれば、フィット感は既製品よりもはるかに優れています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする