知らなきゃヤバい。ビジネスマンの必修科目、マーケティングの基本の基本

会社でちょっと尖がるために、マーケティングを押さえておきましょう。本まとめの記事を一通り見ておけば、ばっちりです。

マーケティングとは

マーケティング(英語:marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。

マーケティングミックス

マーケティングミックス(4P)という考え方がマーケティングの基本になっています。色々な要素を「4つの切り口で整理して考えるとわかりやすいですよ」という風にまずは押さえていきます。

マーケティングミックスとはマーケティングの目的を達成するために、マーケティングの4大要素となる製品(product)、価格(price)、流通(place)、プロモーション(promotion)を適切に組み合わせたものです。これらの言葉は英語では頭文字がすべてPとなりますので、4Pなどと言われることがあります。

マーケティングミックスとは、マーケティング戦略において、望ましい反応を市場から引き出すために、ツールを組み合わせることである。これには今日、4P理論と4C理論がある。

製品(Product)

4つのPの一つ目は製品(product)です。モノがないと始まりませんよね。

価格(Price)

次は価格(price)です。モノがあってもいくらで売るかを決めないとだめですよね。この価格はとっても大切です!

一口に価格と言っても、いろいろな狙いを持って決めることが大切です。下では、いろいろな狙いを持った価格についてまとめています。

流通(place)

流通経路について考えることも大切です。どのように、製品やサービスを顧客に届けるかという視点です。

プロモーション(promotion)

最後はプロモーションです。どんなに素晴らしい製品やサービスであっても知らないものは購入されることはありません。効果的に知ってもらう、欲しがってもらう事が大切ですね。

マーケティングコンセプト

マーケティングを考えるにあたっていろいろな考え方があります。それをマーケティングコンセプトといます。

マーケティングコンセプト(生産志向)

生産志向とは生産志向、製品志向、販売指向、マーケティング志向、社会志向といったマーケティング・コンセプトの一つで、「作れば売れる!」という考え方です。このコンセプトでは、生産力こそが価値の源泉となっています。

マーケティングコンセプト(製品志向)

製品志向とは生産志向、製品志向、販売指向、マーケティング志向、社会志向といったマーケティング・コンセプトの一つで、「いいものを作れば売れる!」という考え方です、。このコンセプトでは、品質こそが価値の源泉となっています。

製品志向を唱えている会社って、ありますよね。いいものを作れば売れるという考え方は一見正しそうですが、マーケティング的にはイマイチであると言われています。

マーケティングコンセプト(販売志向)

販売志向とは生産志向、製品志向、販売指向、マーケティング志向、社会志向といったマーケティング・コンセプトの一つで、「売る努力をすれば売れる!そのため、いかに売るかを考える!」という考え方です。販売力こそが価値の源泉となっています。

マーケティングコンセプトマーケティング志向)

マーケティング志向とは生産志向、製品志向、販売指向、マーケティング志向、社会志向といったマーケティング・コンセプトの一つで「顧客のほしがるものを提供する!」という考え方です。

マーケティングコンセプト(社会志向)

社会志向とは生産志向、製品志向、販売指向、マーケティング志向、社会志向といったマーケティング・コンセプトの一つで「顧客のほしがるものを、社会に役立つ形で提供する!」という考え方です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする