睡眠時間が取れない人必見!短い睡眠時間で回復する方法

5月が近付いてきて暖かくなってきました。暖かくなれば眠くもなるもの。それなのに忙しくて眠れない人も多いと思います。そんな人は短い睡眠時間ですっきり休んでください!

◆睡眠時間が取れない…!

ヤベ、また寝てる時間ない。。。てか、今から寝たら朝、絶対起きれん。どうしよっかな( ´△`)

寝たい。寝てる時間ない………もうだめだ………

業務に滞りが……どこかで寝ないと……いや寝てる時間ないのですけど……

明日も会社だというのに仕事が終わらない眠るように死にたい_:(´ཀ`」 ∠):_

◆最適な睡眠時間と起床時間

ヒトの睡眠リズムであるレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)は入眠後、およそ90分単位で波のように繰り返すと言われています

成人の場合、最適で理想の睡眠時間は、入眠からおよそ
・4時間30分後
・6時間後
・7時間30分後
がスッキリ目覚めるのに理想的な睡眠時間であると言われています

「90分刻みが全ての人に最適で理想的な睡眠時間」であるというわけではありません。
ヒトの睡眠にはこうした個性があるからこそ、自分の睡眠周期を知ることは快眠への第一歩と言えます

◆眠りたくても眠れない!

アメリカ、カナダ、メキシコ、イギリス、ドイツ、日本の6カ国を対象に、睡眠や行動、習慣などベッドタイムのルーティーンに関する調査を実施したところ、6カ国の中で最も平均睡眠時間が短いのは日本で、1日6時間22分しか眠れていないことが明らかに

ちなみに最もよく昼寝をするのは日本人とアメリカ人

男女とも仕事や子育てで忙しい30~50代は睡眠時間が短い。日本の主婦の睡眠時間は先進国のなかで一番短いという調査もある。

眠りたいのに眠れない人も多い。成人の5人に1人が不眠に悩み、20人に1人が睡眠薬を使っているとの報告もある

◆睡眠時間が短い人でも良質な睡眠がとれるコツとは?

長く眠れないのなら、せめて良質な睡眠にしたところ。そのためには、一体どうすればいいのでしょうか

寝る3時間前までに体を温める食べ物を摂る

ショウガやトウガラシなど、体を温めるものを食べて血のめぐりを良くすれば、寝つきがよくなって深く眠ることができます。ただし、胃の中に食べ物が残ったまま寝ると眠りが浅くなるので眠る3~4時間前までに食べましょう

午後4~8時に軽い運動をする

睡眠と体温の関係から、午後4~8時のタイミングで運動して体温を上昇させ、その後、体温が急激に下がるタイミングで眠るのが効果的です。この運動は、息が上がってしまうようなものでなくてもOK。ウォーキング、ヨガ、ストレッチなどの軽い運動を行ってみてください

15分くらい昼寝をする

実は昼寝をすると、睡眠が深くなるのです。『web R25』によると、「昼寝には疲労を回復させる効果があります。(中略)さらに夜の睡眠を深くする効果もあるので、睡眠不足も解消できます」とのこと

チェリージュースを飲む

ノーサンブリア大学の研究によって、チェリーの中でも酸っぱい種類のチェリーだけが睡眠を管理するメラトニンというホルモンの濃度を上昇させることがわかりました

寝る1時間前には電気を消す

人間は、暗いと自然に眠くなり、明るいと自然と目が覚める、という性質があります。そのため、部屋は暗くする必要があります

首や目を温めて体をリラックスさせる

血のめぐりをよくすると睡眠が深くなります。気温が高いときでも、首元と目元を温めると効果的です。首元は血管が多く集まる部位で、温めると全身の血管が拡張し、血のめぐりが良くなります。ちなみに目元も温めると、副交感神経が優位になって体がリラックスモードになり、血のめぐりが良くなるのです

睡眠時間を限定して2時間程度眠るということもとても効果的です。具体的には、午後10時から午前2時という睡眠時間のゴールデンタイムに2時間の睡眠時間を取るようにします

この時間帯は成長ホルモンという新陳代謝、身体の機能回復のために重要な物質が大量に分泌される時間であるため、この時間帯に2時間の睡眠時間をとることで短時間でも良い睡眠時間を確保することが可能となります

体内リズムを整える最も重要なポイントは、朝起床した時に20分以上太陽の光を浴びることです

私達の体内リズムは25時間周期になっていますが、朝の太陽を光を浴びることで体内リズムがリセットされ、その日に合わせたリズムで生活することができます

◆睡眠アイテムも効果的!

30分睡眠を1日4回行うだけでパワフルに1日中動くことができる効率的な睡眠をもらたしてくれるアイマスク

昼寝枕 机上版

つけてるだけで、不思議な安心感
笑われる?欲しがられる? 事うけあい
どこでも安心して寝れます
泣いててもばれません
寝顔隠せます

シューマン波による快眠リラックス装置
信州大学名誉教授 中村博士と共同開発
モニターサイト『真実のデータ.com』で2/3以上の人が眠れたと回答
薬等の強制的な眠りに誘うものではなく、自然な眠りで快眠を得られる装置
日本製

サイズ:幅約130×高さ約270×奥行き約100mm
本体質量:約420g(本体のみ)
素材・材質:ABS樹脂
原産国:中国
電源:AC100V、10VA、50/60Hz
保証期間:1年
付属品:専用ACアダプタ、専用USBケーブル、スタートアップガイド、取扱説明書(品質保証書付き)、医療機器添付文書
通信方式:USB、NFC-F(ISO/IEC18092準拠)、SDカード
表示:睡眠時間 表示可能範囲/0~23時間50分(1j分単位)
体動検出方式:10.5GHz帯 移動体検知センサー

対象性別 :男女共用
電池種別 :単3×3本(別売)。 電池は別売りのため別途ご購入ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする