アルバイトをすると、どうして会社にバレるのか?

今の世の中、サラリーマンであっても安定した収入があるとは限りません。サラリーマンでもダブルワークをする人たちが増えています。しかし、企業によっては副業を一切認めない会社も存在します。「会社にバレたらどうしよう?」アルバイトはどうして、会社にバレるのでしょうか?


Photo by Comstock / Comstock

アルバイトしたいけど、会社にバレたらどうしよう?どうして副業が本業の会社にバレるのか?副業を一切禁止している企業もまだまだ多いのが現状です。アルバイトするときはくれぐれもご注意を!!

会社に副業がバレる理由

あなたが何かしらのダブルワークで報酬を得た場合、支払った企業では個人別の給与支払「給与支払い報告書」として役所に提出します。役所ではそれを元にして住民税の計算をします。
そしてその住民税の額は本業である勤務先の会社に通知するのです。
ここで会社では住民税の額が多いことに気が付いてしまいます。

会社員が副業(個人事業主・青色)を行う場合、普通に確定申告を行うと(翌年の)住民税の金額が変化する。住民税は、主たる雇用主が一括して特別徴収で払うため、この金額の変動が会社に知られ、副業がばれる。

バレずにアルバイトをするには?

確定申告の際に副業の分の住民税だけを普通徴収にすると、個人の自宅宛てに請求が来るように出来ます。
支払い通知が会社へ行かないので少しだけバレる可能性は低くなるかもしれませんね。
(市区町村によっては受け付けてくれないところもあります)

すべての市町村で普通徴収できるとは限りません。注意してください。

申告時に副業分を「普通徴収」にすれば、本業の会社には給与所得分の住民税のみの情報がいき、事業所得分の住民税は自分で払う。

ただし、副業が事業所得の場合は注意!

副業の事業所得が赤字の場合、本業の給与所得と損益通算が行われる。結果、(翌年の)住民税が減少する。この情報は会社に知られる。この損益通算は自動的に行われ、防ぐ方法はない。

根本的に申告って必要なの?

サラリーマンの副業の場合、年間20万円を超える収入は確定申告して納税しなければなりません。

副業禁止規定って何のためにあるの?

会社が、副業禁止規定を正当化する際に挙げる理由は2つある。1つは、従業員が副業にのめり込んだ結果、本業が疎かになってしまうことを避けるためであるというもの。もう1つは、本業で知り得た業務上の秘密やノウハウが、副業によって流出することを防ぐためであるというものだ。