発想の枠を広げる水平思考「ラテラル・シンキング」まとめ

日常で問題が発生した時、じっくり時間をかけて地道に解決していく方法もあるが、ちょっとした発想の転換で、楽に解決にたどり着くことができる方法があるとしたら・・・。ロジカル・シンキングとは一味違う、ラテラル・シンキングについてまとめてみた。

ラテラル・シンキングとは

出典about.me

エドワード・デ・ボノ

1967年にイギリス人のエドワード・デ・ボノが提唱した考え方。
エドワード曰く「どんな前提条件にも支配されない自由な思考法」と説明している。
もう少し分かりやすく言い換えると、「発想の枠を広げる思考法」である。

ラテラル・シンキングとは、以下の考え方ということができる。
・常識にとらわれず、自由な発想を可能にする考え方。
・最短ルートで問題解決する考え方。
・お金や時間をかけずに目的を達成する考え方。

ロジカル・シンキングとの関係性について

ロジカル・シンキングとは、論理的な思考方法。
物事を順番に積み重ねながら、筋道立てて正解を導いていく考え方である。

ロジカル・シンキングは、思考の各ステップが正しく繋がっていることが大前提であり、途中で論理の展開に無理があれば、正解にはたどり着けない。
常識や経験から判断し、妥当だと思われる正解を導くためにロジックを掘り下げていくことから、垂直思考と呼ばれている。

一方、ラテラル・シンキングは解決策を導くための順番や過程はあまり問題にならず、筋道立てて考える必要もない。いきなり答えに到達することもできる。

ラテラルは水平という意味であり、水平思考と言われている。
ラテラル・シンキングは、ロジカル・シンキングのロジックを掘り下げる考え方とは異なり、水平方向に視点を広げる思考法である。
「~である」「~となるのは当然」という考え方から離れて自由に発想し、様々な可能性を探ることができる。

問題解決する際、ロジカル・シンキングで問われるのは「過程」であり、ラテラル・シンキングで問われるのは「結果」である。

◆ラテラル・シンキング
目的:思考の幅を広げる。
思考の方向性:水平思考。考え方の可能性を広げる。本質を考える。
解答:唯一の正解はなく、たくさんの解答がある。
考え方:自由奔放に発想する。枠組みにとらえわれない。

◆ロジカル・シンキング
目的:筋道立てて論理的に解答を導き出す。
思考の方向性:垂直思考。ひとつの考え方を深く掘り下げる。具体化を考える。
解答:基本的に解答はひとつ。
考え方:常識的・経験的に発想する。既存の枠組みに当てはめる。


Photo by Phil Ashley / Photodisc

ラテラル・シンキングとロジカル・シンキングは対立する考え方ではない。
問題解決の際に、どちらか一方の考え方に絞る必要もない。
どちらか一方が出来ればよいということでもない。

ラテラル・シンキングで考えると、たくさんの選択肢が得られる。
その選択肢の一つひとつについて、現実に実現できるかどうか、実行するうえで問題がないかどうかをロジカル・シンキングで考察する。
このことから、思考の順序としては、最初にラテラル・シンキングで発想し、ロジカル・シンキングで検討するというような相互補完の関係になっている。

ラテラル・シンキングの特徴について


Photo by Digital Vision. / Digital Vision

ラテラル・シンキングを使えば、様々な前提や枠組みにとらわれず、自由に発想することができる。


Photo by Image Source / Digital Vision

あらかじめ与えられていた前提がひっくり返されるので、全く新しいものが生まれやすくなる。
異質なもの同士を組み合わせたり、既存の価値観を逆転させたりしてそれまでなかったものを生み出すことができる。

スタート地点からジャンプして、すぐにゴールにたどり着くことも可能。

ロジカル・シンキングのように筋道立てた思考のステップが不要なので、節約が可能。

ラテラル・シンキングが必要な理由

ラテラル・シンキングは、ロジカル・シンキングとは異なり、唯一の正解がない。
しかし、普段の生活の中でベストな答えを一つだけ選択することに「慣らされて」いる。
社会全体が一つの答えに絞ることを要求しており、答えを一つに絞ろうとする常識や固定概念が蔓延しているためである。
毎日、答えは一つという刷り込みがなされているため、「答えは複数存在しない」という考え方になってしまっている。

しかし、発想がロジカル・シンキング一辺倒になってしまった場合、発想が乏しくなり、アイディアの数が減ってしまう。
当たり障りのない無難な答えしか出せなくなり、つまらない発想しか生まれなくなる可能性がある。
また、自説が正しいと信じて他の考えを全て否定するようになり、一つの考え方以外を認めなくなってしまう弊害が生じてしまう。
新たな価値を生み出すための「変革させる思考」が失われてしまうのである。

現代社会は、世の中の変化のスピードは驚くほど速くなっている。
そのため、今日「常識」だったことが、明日には「非常識」になっていることも珍しくない。
常識的に発想するロジカル・シンキングでは時代の流れに太刀打ちできなくなる。
「常識」が覆されてしまえば、また一からロジックを組み立て直さなければいけないためである。

その点、始めから常識にとらわれないラテラル・シンキングなら時代の変化に柔軟に対応することが可能。
時代の変化を察知して、いち早く対処することができれば、他社より一歩抜きん出ることができる。

ラテラル・シンキングに必要な力

1.自由な発想を阻害する「固定概念」
固定概念とは、「~であるべき」「~になるはず」など人の思考を枠に押し込む考え方で、常識や先入観、思い込みなどがそれに当たる。
これらは、ラテラル・シンキングの天敵といっても過言ではない。
固定概念にとらわれると、ありきたりな発想しか浮かばなくなる。もしくは間違った結論を導くこともあるかもしれない。

常識や先入観などに縛られず、自由に発想するためにはあらゆる前提を「疑ってみる」こと。
「これは本当に正しいのか」など疑いなくして、新たな発想は生まれない。

2.新しい常識は、非常識から生み出される
今、常識だと思っていることが、以前は常識ではなかったというケースはよくある。
例えば、缶・ペットボトルに入ったお茶。
現在では、コンビニや自動販売機でお茶を売っていることは常識である。
しかし、以前は「お金を払って、わざわざお茶を買う人はいない」と考えられていた。
「お茶は売れない」という常識を疑ったことで、新たな常識を生み出すことができた一例である。

3.疑う力を鍛える魔法の言葉
◆なぜ
固定概念を打ち破る最大の言葉である。
「なぜ」と自分自身に問いかけてみることで、疑う力を養うことができる。

◆本当に?
前提となっている情報が常に正しいとは限らない。
目の前にある前提を鵜呑みにしないで、「本当に?」と自分自身に疑問を投げかけてみることが重要。

◆今はね
あらゆる物事は、時間とともに変化する。
今は正しいと信じられていることでも、10年後には誤りになっているかもしれない。

4.疑うことは悪いことではない
相手を疑うのではなく、提示された前提を疑ってみる。
個の習慣を身に付けることで、固定概念に縛られず、自由な発想を手に入れることができる。

1.本質を見抜けば発想が広がる
抽象化とは、物事の本質や機能に注目することである。
例えば、鉛筆の本質は文字や絵を「書くこと」。
「書く」という行為を抽象化すると、鉛筆の代用品が次々に見つかる。
ボールペンやサインペン、シャープペンシル。文字や絵が判読できれば、パソコンからのプリントアウトでも構わない。
このように、既に存在するものを別のもので代用できないかと考えることは、発想を広げる上で効果的である。

2.抽象化の3つのステップ
抽象化は、対象の特定 → 抽象化 → 具体化の順序で考える。
例えば、ヘンリーフォードの話。
時代は19世紀末、当時の移動手段は、馬車が主流で誰もが早い馬車を求めていた。
4頭立ての馬車より速いのは、6頭・8頭立ての馬車だろうと誰もが考えていた。
しかし、フォードの考えは一部の富裕層の持ち物だった自動車に着目し、大衆向けの自動車を提供した。
フォードの抽象化のステップは、馬車(対象の特定) → 速く移動するもの(抽象化) → 自動車(具体化)であった。

3.本質は見方によって変化する
本質を見分ける時は、鉛筆なら「書くもの」、自動車なら「速く移動するもの」というように「○○するもの」の「○○」に何が入るかを考えてみる。
例えば、新聞の本質は常識的に考えると「情報を伝えるもの」、「広告を載せるもの」になる。
別の見方をすると、「モノを包むもの」、「ゴキブリ退治に使うもの」のように新聞を「情報」としてちらえるか「物体」としてとらえるかで、対象の本質は変化する。

1.偶然は発見の母
セレンディピティとは、「何かを探している時に、それとは別の価値あるものを偶然見つける力」である。
言い方を換えると、「偶然を偶然として無視しない力」「偶然を何かに関連付ける力」と表現することもできる。
現代社会は、偶然から発明されたものが数多く存在する。
例えば、小麦のおかゆを炎天下に放置していたら、偶然できてしまったパン。
ワインは、飲み水の代わりにブドウの果汁を瓶に入れておいたところ、自然発酵して偶然生まれた飲み物である。

2.感性のアンテナを研ぎ澄ます
偶然が起きた時、何も感じない人とそれが何かに応用できるのではと考える人がいる。
偶然とは、何か特別なことが起きた瞬間ではなく、日常の出来事からすくいとるものである。
偶然からインスピレーションを得るためには、感性のアンテナを磨き、あらゆる方向に張り巡らせておく必要がある。
日常で起こる何気ない出来事にも、興味を持つクセをつけることが重要である。

ラテラル・シンキングを実用するために


Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

人間の本質は、基本的に努力するのが嫌いな生き物である。
ラテラル・シンキングの醍醐味は、A→B→Cという順を追ってロジカルに問題を解決するのではなく、A→Zのように目的への最短距離を取ために、最少の力で最大の効果を出すことが必要。


Photo by Image Source / Digital Vision

相手の力を利用して、最短の道を進むことが重要。

新しい価値は「組み合わせ」から生まれる。


Photo by Image Source / Photodisc

目先の利益だけを追求せず、本当のゴールを見据える。ゴールから逆発想する。

ムダなものは本当にムダなのかを考える。
効率を考えるロジカル・シンキングではムダはできるだけ排除されるが、思考に縛りを設けないラテラル・シンキングでは、ムダにも価値があることを考えることが必要となる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする