悩まないで!要領が悪い人の方が得をする理由。

新しい職場で、自分は、要領が悪いと悩んでる人いませんか?要領が良いことが良いとは限らない。要領が悪い事は必ずしも悪い事ではない。発想の転換では、良い方向に傾く。「ウサギと亀」の話はあながち、リアルの世界を表しているのかもしれない。

▼新人にとって新しい仕事は不安だらけ。


Photo by Pixland / Pixland

新入社員です。元来要領が悪くて困っています。
みなてきぱきしていて、先輩とのコミュニケーションもとっています。
一方私は人見知りあがり症で物覚えも悪く、悲しくなります。

▼そもそも、要領が悪い人の特徴は?


Photo by Stockbyte / Stockbyte

要領が悪い人の特徴として、本来の目的とは全く関係のないところで頭を悩ませたり、労力を費やしたりします。

「要領が悪い」と自己判断している人は、「疲れそう」と感じるであろう仕事を、後回しにする傾向を持つようです。

難しくない仕事から入り、仕事に行き詰まったら休憩する、というのが一般的な姿のようです。

やらなければならないことの整理ができていないことが問題なのです。思い立ったことから手をつける。物事の優先順位なんて考えずに「簡単そうなもの」から手をつけたりする…

▼一方で、要領が良い人の特徴は?


Photo by Digital Vision. / Digital Vision

難しい仕事から入り、仕事に行き詰まったら、易しい仕事にチェンジする、という姿が見えてきます。

要領よく働く人は、人をうまく活用しています。
要領がいい人は、今自分ができることとできないことを正しく把握しています。

要領がいい人は、自分が出来ることだけ、得意なことだけを上手にチョイスし、率先して引き受け、周囲の人々に、「自分はこんなにやっています!」というアピールをするのがとても上手。
その後ろでは、適当に手を抜くことまでやってしまえる。

要領がいい人は、いいタイミングで考えて、いいタイミングでひらめくようにできています。そういう人は、脳にストレスを与えないようにしています。イライラとか困ったという負の感情をためすぎないようにしているのです。

▼上記をふまえ 要領が悪い人が得をする理由。


Photo by BananaStock / BananaStock

うさぎは早く、亀は遅いですが最後に亀は勝ちます。怒られた数だけ物を覚えて最終的にはいい方向にいくのだと自分に言い聞かせます。

​要​領​が​よ​け​れ​ば​必​ず​得​を​す​る​か​と​い​う​と​、​そ​う​と​は​限​ら​な​い​。要​領​が​い​い​人​は​、​そ​う​思​わ​れ​て​い​る​時​点​で​マ​イ​ナ​ス​の​評​価​で​あ​る​。​そ​の​人​の​こ​と​を​、​周​囲​の​人​た​ち​は​警​戒​し​、​信​用​し​て​い​な​い​か​ら​だ​。


Photo by Jupiterimages / Creatas

要領の悪い人は、苦手なことでも一生懸命取り組み、そして、なんとかできるようになっていく。工夫することによって、さまざまな発想の仕方が身につく。根性もつく。年月が経って、本当に実力をつけるのは、要領の悪い人なんです。

要領の良い人は、失敗をしないようにと、要領良く無難なレベルで努力を止めることができるんです。人間はトライアンドエラーを繰り返してこそ本当の学びがあるのに、そこまでたどり着かない。要領の良い人なんて、年を重ねるごとに底の浅い人間だとバレます。

▼結論

要領が悪い人ほど伸びる。
要領が悪い人というのはちょっとした意識や行動を変えるだけで、劇的に改善します。

伸びしろがたくさんあるってことだね。ヤッター♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする