夜は禁止!残業を夜から朝に切り替える伊藤忠商事の狙い

伊藤忠商事が夜の残業を禁止し、朝の残業へ移行させる試みを始める。夜から朝に変える事の狙いとは?

伊藤忠商事が10月から残業を夜型から朝型へ変える試みを始める

伊藤忠商事は2日、働く時間を朝方に移行して残業を減らすため、早朝勤務の割増賃金制度を導入すると発表した

本社と国内支店の管理職、一般社員計2600人を対象に10月から試験導入して効果を確かめる

来年3月末までの時限的な措置で、残業時間の変化などを検証し、正式に導入するか決める

■夜の残業は禁止、代わりに早朝の残業を25%UPから50%UPへ


Photo by Agri Press / Lifesize

伊藤忠商事は現在、午後10時から午前5時に勤務した場合、固定給に対する50%の割増金を支給しているが、この時間帯の残業を原則禁止

代わりに、就業時間前の午前5~9時の時間外手当を、今の25%割り増しから50%割り増しとする

管理職は早朝勤務の割増金はなかったが、25%に設定する

・さらに早朝残業に軽食の特典もつける


Photo by Stockbyte / Stockbyte

8時前に仕事を始めた社員には、バナナやヨーグルトなどの軽食を無償で提供する

■時間を効率的に使い残業時間を減らすのが目的


Photo by Creatas / Creatas

昨年度の平均残業時間は一人当たり月四十時間弱で、特に深夜の残業は終了時間に区切りがないため、非効率的だった

「疲れた頭で夜にダラダラと働くより、朝にすっきりとした気持ちで始業までの限られた時間に働いた方が効率的に業務できるはず」と説明

深夜の仕事を禁止することで月2~3時間減らしたい考え

消灯する事で、深夜の電気代の削減などにもつながる

早く帰宅する事で家族と過ごしたり、勉強に使ってほしいとしている


Photo by Jupiterimages / Brand X Pictures

「業務の効率化で労働時間を減らし、その分を勉強時間や家族と過ごす時間にあてればワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)にも配慮できる」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする