ちょっとした時間に出来ちゃう、時間に縛られない「データ入力」のアルバイトの雑学

アルバイトといったら何時から何時までキッチリ行わなければならないと思っていませんか?現代にはパソコンを利用して自分がやりたい時に出来る時間分だけアルバイトをすることが出来るのです。そんなアルバイトの一つであるデータ入力アルバイトについてご紹介します。

▽通常のアルバイトといえば


Photo by Ryan McVay / Photodisc

接客業や工場などがメインとなっています。このような仕事は大体シフトというものが組み込まれており、仕事を行う時間帯が決められています。

高校生はアルバイトができる勤務時間が、「22時まで」と決まっていて、かつ高校生の学校の時間を差し引いた勤務時間でもOK、となると、なかなか限られてしまう

今、バイトをしているのですがそこのバイトのシフトが自分に合わない

バイト先によって時間が指定されてしまいます。

できれば1回の出勤でできるだけ多く稼ぎたいですよね。しかし、働ける時間に上限がある職場もあったりします

あと15分で今日の労働時間7時間をむかえるwww

まぁ、あと3時間半労働しないとだけど…………

高校生のバイトなのにwww

さ、さすがブラック企業だぜ ^^;

寝すぎた寝すぎた、、、バイトまで時間が、、、(°_°)笑

家でゆっくりする時間あるとバイト行きたくなさが頂点に達するな

▽時間を気にしなくていいバイトもある。それが「データ入力」のアルバイト


Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

パソコンとネット環境さえあれば、いつでもどこでもバイトをすることが出来ます。時間を気にすることがないので、子育てなど手が離せないような方に人気です。

パソコンさえあれば、データ入力の作業が可能なため、日中外出できない主婦や、授業の空き時間にアルバイトしたい学生などでも働けるというメリットもあります

あなたの都合の良い時間に仕事をする事が可能です。ただし、お仕事には納期がありますので、きちんとした仕事意識を持って臨むことが必要になります。

内職のメリットは、自分で仕事の時間帯や場所に融通を効かせられるという点にありますから、学生のように授業や課外活動で忙しい人にとっても、取り組みやすいと言えるでしょう。

▽データ入力のアルバイトってどんな仕事?


Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

データ入力のアルバイト内容についてご紹介します。パソコンの扱いに慣れている方なら、誰でも簡単に申し込んで行うことが出来ます。

データ1件入力につき○円という仕事なので、1時間に入力できる件数×単価になると思います。単価設定と1件のデータ量にもよりますが、私は時給1200~1500円くらいにはなってました。

表示される画像の内容を「見たまま」入力していただく、とてもシンプルなお仕事です。「入力した件数×単価」が報酬となります。入力のスピードが遅くても大丈夫な仕組みですので、初心者の方でもご参加いただけます。

エクセルの仕事なら会計のまとめのような仕事、図面などCADを使った計算の仕事、デザイン系ソフトを使うデザインの仕事も今ではデータ入力とひとくくりになっています

データベース用の入力、名刺の入力、名簿入力、資料用や再販書籍用データとして書籍のデータ化、伝票入力などがあるようです。

▽実際に行っている人の感想


Photo by BananaStock / BananaStock

実際に自宅で出来るデータ入力作業をやっている方々の声を集めてみました。皆さんはデータ入力という仕事に対してどのような印象を持っているのでしょうか。

単価は低いですが、今日やってみた感想としては、注意事項などコツさえ頭に入ってしまえば時間がかからずに投稿できそうだと思いました。

暇つぶしにデータ入力をやってる感じです(;´▽`A“”塵も積もれば山となる”ってよく使うけど、この作業においては”塵塵も積もれば小山にはなる”(塵のさらに塵が積もったら小山程度にはなるかなぁ。)

データ入力ってcsv機能がついてないと、すごいつらい。

今回のデータ入力第2弾の元データは画像ファイル。うちはノートパソコンだから画面小さくて嫌なんだが送られてしまったので仕方ない。でも画像ファイルだとやっぱり目の疲労がハンパなく、ついつい休んでしまう 進まない

入稿が本当に楽になってさあ…フォームにぽんぽん入力してデータ送ったら終わりの後のあのやっちまった感…

さて、次の仕事と締め切りがカレンダー虫食い状態なんで、勉強の時間にしよう。データ入力だけの仕事が一番精神的にしんどかった

▽手軽に始められるデータ入力サイトのご紹介

▽データ入力が向いている人とは


Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

データ入力が向いている人と、向いていない人とがいます。どのような人がデータ入力が向いているのかをご紹介したいと思います。

きちんと納期までに納品するためにも「納期までにきちんとやりきる」という責任感が重要です。在宅での仕事の場合、ほとんどは依頼者と顔を合わせることはありません。そのため「まぁ、いっか」と、気が緩みがちなのです。

1日中パソコンに向っていても苦痛にならない。単調な作業でも、飽きずに繰り返せるといった性質の人が合っている

逆に、パソコンを眺めていると目が痛くなったり腰が痛くなったりする人や、外を飛び回るのが好きで、部屋にこもっているのが苦手な人。こういった性分の人にはあまりおすすめはできない

若い方はパソコンをよく使用していると思いますから、この仕事には非常に向いているでしょう。したがって、データ入力のアルバイトでは多くがある程度年齢的には若い方が多い

静かにモクモクと仕事をする方がすきだったので、データ入力のように、淡々と仕事をこなし、昼休みや就業後に気分転換をする、という仕事が好きな人に向いている

▽実際どのくらい稼げるの?


Photo by Flying Colours Ltd / Digital Vision

気になるのは実際どのくらい稼げるかということです。タイピングのスピードや時間などによると思いますが、実際どのくらい稼げるものなのでしょうか。

ある人は、時給にしたら1000円ぐらいとのことでした。また、別の人は時給1500円(成果ではなくて作業時間を申告して支払ってもらっていた)なので月に20万以上になることもあるそうです

私は、「在宅でデータ入力の仕事」をしていますが、大体「時給500円程度」は毎月稼いでいます。

月報酬が1万を越えるということはまずないです。ちなみに初級レベルでは3~100円/件と定められているも、単価が100円の仕事はめったに来る事はないです。