視聴者の心を鷲掴みにするマグロ漁師たちの生き様

およそ6年ぶりにゴールデンの時間帯に放送された「マグロに賭けた男たち」。マグロを追う漁師たちの生き様は、放送の度、視聴者の心を鷲掴みにしています。

■マグロ漁師密着ドキュメンタリー「マグロに賭けた男たち」が放送された

命懸けでマグロ漁に挑み続ける男たちに密着したドキュメンタリー「マグロに賭けた男たち」

番組が13年間追い続けているマグロ一本釣りの“悲運の漁師”といわれる山本秀勝さんら、冬の青森・大間を舞台に一攫千金に燃える男たちの“今”が映し出される

大間マグロ漁の本番を迎え、一獲千金を狙って燃え上がる漁師たちの“真冬の激闘”を取材した

■根強いファンが多いマグロ漁師シリーズ

大間のマグロ漁師ドキュメントはかなり好き

マグロ漁師の番組は大好きです(^ ^) 録画してダンナと酒のサカナにします。

マグロ漁師の生き様を描いた番組やってる。これ数年ぶりに見るけど結構好きな番組なのでうれしい

どうしてだか? 自分でも わからんけど…
マグロに 賭けた男たちって !
番組が 好きなんよね(笑)
今日 録画したやつ 早速見る!( ̄▽ ̄)

■ゴールデンでは6年ぶりの放送となった

「マグロに賭けた男たち」なう。
家族で観るの恒例。
山本さんほんまいつもなんか
やらかすから観てしまう(笑)
けど意外と感動すんねんな、これ。 pic.twitter.com/XI0W35etj5

主に青森県の大間崎近辺に住むマグロ漁師にスポットを当てて、取材しているテレビ朝日のドキュメンタリー番組

同番組は2003年から続く人気シリーズで、ゴールデンタイムの放送は6年ぶり

■相変わらず視聴者の心を鷲掴みにした

マグロに賭けた男たち2015、男らしさ・男気・執念、色々なことを感じた!!
漁師の仕事は大変だと実感した。命懸けでする漁師はカッコいい!!

何となくテレビ付けたらドジっ子としか言いようがないマグロ漁師のおっさんに釘付けになってしまった

マグロ漁師の番組面白い。掛かった時の引き方がカッコイイんだ!

■ところでマグロ漁師って誰でもなれるの?

年齢制限があるわけではないので、中学を卒業したばかりの16歳であっても、定年退職をしたばかりの60歳であっても、基本的には自分の意志次第でいつでも漁師になることができる

住んでいる地域やこれまでの経験、資格などは不問であることが多く、採用が決まってから色々なことを勉強します

■船に乗ってる期間はどれくらい?

マグロ漁船と言っても長期的に漁業に出る遠洋延縄マグロ漁船と、日本近海で漁業をする遠洋マグロ漁船があります

短距離だとだいたい40日~2カ月、遠距離だと4カ月~2年とそれぞれ期間が違います

どのようなスタンスで漁に出ているかはマグロ漁船によっても異なるので、詳しく話を聞いてから、具体的に仕事を始めるのが良いでしょう

■マグロ漁師の魅力といえば…

本マグロは100kg超の大物を1本釣り上げれば数百万円の値がつく、まさに“海のダイヤモンド”と呼ばれている

築地市場で毎年恒例の初競りでは、2012年に5649万円、そして2013年1月には1億5540万円という史上最高値をたたき出した

■気になるお給料は?

大間漁連の場合ですと、卸売金額の手数料として、大間漁連に4%、青森県漁連に1.5%、築地市場に5.5%取られます

漁師の取り分はおよそ89%

水揚げが多ければ、年収6000万円程度になるけど、それはほんの一握り。年収が300万円に満たない漁師もいる

自然相手の仕事なので、予想できないことも多いけど、たくさん獲れれば多くもらえる、そのへんが面白いところ

■漁師になるには

自分の船を買い、各地の漁協に組合員として登録をすることで漁師になることはできます

この場合、船の購入費、海技免状の取得費、組合への登録費、船を係留する場所の費用のほか、保険費用やその他備品の購入費が必要になります。そのため、自分の資金的余力や漁師としての技術がなければ、続けていくことは不可能といえます。

漁師は家族経営がほとんどですから、そこに弟子入りして、数年後に独立して、というのが現実的

各地の漁業協同組合(漁協)などで行われているので、インターネットなどで求人情報を調べてみるとよい

▼関連リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする