身近にいるかも…仕事が続かない「転職男」の特徴

就職はするものの次々と職を変える「転職男」について。

転職する理由ベスト10


Photo by David De Lossy / Photodisc

1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%
2位 労働時間・環境が不満だった 14%
3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%
4位 給与が低かった 12%
5位 仕事内容が面白くなかった 9%
6位 社長がワンマンだった 7%
7位 社風が合わなかった 6%
7位 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%
7位 キャリアアップしたかった 6%
10位 昇進・評価が不満だった

「転職男」の特徴

やる気がない。
忍耐力がない。
自分勝手な行動をしている。
協調性がない。
やることやっていないのに言い訳ばかりしている。


Photo by Creatas Images / Creatas

一言であらわすと「夢を見る人」なのではないでしょうか。私の職場にも「自分にはもっと良い職場がある」
「こんな場所に骨を埋めるつもりはない」といい続けている人がいます。


Photo by Ryan McVay / Photodisc

文句やグチばっかり。「オレはもっとデキルんだ」って思ってる勘違いに気づかないやつ。


Photo by Photodisc / Photodisc

仕事が続かない男というのは、とにかく我慢ができず、上司に文句を言われたといっては、すぐに会社を辞めてしまうような輩です。そういう男は、他に目指すものがあるのかといえば、何の目標も志もなく、日々無駄に過ごして空気を吸っているだけです。

100%満足の出来る会社に勤めている人は何人いるのでしょうか


Photo by Photodisc / Photodisc

1:永遠の少年

常にストレスフリーを望み、仕事が続かないタイプの男性にありがち。労働に対する自堕落な姿勢を指摘されると、ポキリと折れやすいのもまた特徴。

現実逃避が大好きな彼は、すべてがうまくいっていると思い込みたいため、当然それをあなたにも望んできます。また、人生においてチャレンジは必要ないと考えがち。なぜなら彼はずっと(保護者が必要な!)少年のままでいたいからです。

実在する「転職男」

学生時代の友人のひとり、Nくん。
毎回みんなで集まるたびに、彼の職場だけがコロコロ変わっています(笑)。

大学を卒業してから就職した食品メーカーの営業職は
「仕事がキツイから」という理由でたったの1年で辞め、
その後に再就職した印鑑メーカーの営業も
「仕事量の割には給料が少ないから」と2年でギブアップ。
その後大手広告代理店の営業職に収まりましたが、そこはもともと3年間のみの契約社員。頑張れば社員になれるチャンスもあったというのに、もちろんNくんにはそんな気まったくナシ。

将来のことを考えると希望が見えません

私は現在、大学を卒業した社会人1年目の男です。
しかし、ここ半年でバイト、正社員(試用期間含め)等を転々とし、6ヵ所ほど経験。

派遣で働いていますが、やれ同僚がいや、やれ会社がいや、きついといって仕事が長続きせず、就職しようともしません。

「同棲中の彼氏がいるんですが、いつも数ヶ月で仕事をやめてしまいます。飽き性で、仕事へのやる気が続かないみたい。これじゃ結婚できないな、と思っているんですが、ほっとけなくて別れられないんですよね……」(27歳/女性/メーカー)

Twitterの反応

@riru602157 でも、一度転職癖がつくと何度もしてしまう可能性がある。
どんな仕事でも慣れるまでが大変なんです。
慣れちまえば自分の場所になると思う。

30代後半で転職回数が0〜1回だと米国は無能な奴だと思われる。日本だと長続きするヤツだと称えらる。この辺の違い。ヘボな会社や上司にあたったら数ヶ月で辞められる実力がほしい。

@arisa01020608 がんばってね・・・俺みたいにすぐ転職とか考えちゃだめだよ・・・

久々やらかした!報告書で済めばいいけど…
ミスしてへこむとすぐ転職を考えてしまう(´Д` )

@kazukiiiiii_pd 友人に転職癖ついちゃって何回も転職した奴がいてね……後悔してたから、そこらへんは納得したうえ折り合いつけなきゃね!
了解!自分でよければいつでも相談にのりまっせ( ´ ▽ ` )ノ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする