報酬は38万!JAXAの「高額バイト」があの漫画と同じだった

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が38万という高額な報酬で、閉鎖環境試験の被験者を募集。内容を見てみると、あの人気マンガと同じ試験だったんです!

JAXAが宇宙飛行士の試験バイトを募集

JAXAが閉鎖環境施設を使った実験を来年2月に行うと発表

閉鎖環境での長期滞在が精神的に及ぼす影響を調べるための「有人試験」を実施

外部との接触を絶たれて滞在する被験者は一般から募集する

全日程を消化した場合、協力費として総額38万円が支払われる

2月5日~18日までの入所の他、事前健診と2回の事前通所、入所後に2回通所する必要がある

高額な報酬が逆に不気味…どんな試験をするの?

出典irorio.jp

試験には、この施設を使うらしい。

茨城県の筑波宇宙センター内の施設に閉じこもって集団で2週間暮らす

行動・情報・食事などを制限するほか、グループ作業を含むさまざまな課題を与える

折り紙などの単純作業や討論などの課題が与えられる。

内部の構造は、こんなふうになっているそうです。

被験者は滞在中、ISS滞在を模したストレス負荷を受けながらさまざまな課題を実施し、ストレスマーカ候補の測定を行う

ストレス負荷が、血液や尿などの生理的指標、反応速度などのパフォーマンス、音声・表情などにどのような影響を与えるかを検証し、専門家の面談によるストレス状態評価の変化と比較する

成果は宇宙飛行士の健康管理手法の改善や、将来の有人火星探査への適用を目指す


Photo by Image Source / DigitalVision

JAXAの閉鎖空間でストレス耐性調べる治験行きたい〜

JAXAのストレステストふつーに参加してみてえな

ジャクサのやつ二週間引きこもってパソコンいじってるだけで金もらえるってまじ?
二週間くらい自転車で走りっぱなしもできるんだし余裕っしょ。

これって『宇宙兄弟』の飛行士試験と同じじゃん!

漫画の第3巻に出てくる試験と、内容がほぼ同じなんです!

3巻で行われる第3次審査。完全閉鎖環境での2週間を過ごす

班ごとに別の閉鎖環境ボックスに入り、2週間、管制から与えられる様々な課題に取り組む

課題は「白いパズル」とかだったけど、ほぼ一緒じゃん!

閉鎖ボックス室内で、奇妙な事件が次々に発生する

「閉鎖環境適用訓練設備」は宇宙飛行士の選抜試験でも使用されており、7月~12月まで国際宇宙ステーションに長期滞在していた宇宙飛行士の油井さんも閉鎖設備で1週間過ごした

漫画だけの話かと思ってましたが、実際に行っている試験なんですね!

JAXAの閉鎖環境訓練とかマジ宇宙兄弟

JAXAの閉鎖環境訓練を見て宇宙兄弟とふたつのスピカとプラネテス、どれを連想するかで世代が分かる