いくつまで挑戦可能?憧れの職業の年齢制限!

いくつになっても夢をあきらめない気持ちを抱き続けるのは素晴らしいことですが、とはいえ憧れの職業に就くためには、年齢制限という現実的な問題が存在する場合も。そんな憧れの職業の年齢制限についてまとめてみました。

いくつになっても夢をあきらめない気持ちを抱き続けるのは大切なことかもしれませんが、とはいえ憧れの職業に就くためには、年齢制限という現実的な期限がある場合もあります。

プロ野球選手


Photo by Donald Miralle / DigitalVision

プロ野球の世界では、ドラフト指名には年齢制限は設けられていません。

ただし、入団テストを実施している球団では、年度により違いがありますが年齢制限を設けています。

(読売ジャイアンツ)
2015年実施では、18歳以上25歳まで

(広島東洋カープ)
2014年実施では、17歳以上24歳までの

プロボクサー


Photo by Image Source / Digital Vision

(ボクシング プロテスト)
満17歳から満32歳まで
※プロテスト申込み時に32歳であれば受験可

ただ、プロになっても、現役チャンピオンなどの特例でない限り、37歳でライセンスは失効となります。

Jリーガー(サッカー)


Photo by Thomas Northcut / Digital Vision

Jリーグのプロ契約に、年齢の上限はない。
ただし、満16歳以上。

ちなみに日本代表選手の選考にも、年齢的な制限はありません。

プロ将棋士

プロ将棋士になるためには、奨励会に入会し、そこで四段まで昇段しなければなりません。

奨励会には年齢制限があり、満23歳の誕生日までに初段、満26歳の誕生日までに四段に昇格できなければ退会処分となります。

ただし、四段への昇格が掛かった三段リーグで勝ち越しできれば最高で満29歳の三段リーグ終了時点まで所属が延長されます。四段への昇格条件は「年2回の三段リーグで1位か2位になること」となっているため、毎年四人分しか席が開いていない狭き門となっているのです。

大相撲 力士

新弟子検査の年齢制限は、「義務教育を修了した23歳未満(新弟子検査日)の男子」と決められています(『日本相撲協会寄附行為施行細則』第55条)

ただし、学生・アマチュア時代に国体や全日本相撲選手権大会などで優勝した実績があれば25歳未満まで受験可能。

体格は、身長167cm,体重67kgが「力士検査」の合格ライン。

騎手

競馬法に基づき、農林水産大臣の認可を受けた日本中央競馬会(JRA)と地方競馬全国協 会(NAR)がそれぞれ試験を実施、免許を交付している。

競馬騎手への第一歩は、競馬学校(JRA)、地方競馬教養センター(NAR)の試験に合格することからは じまります。

競馬学校の年齢制限は、20歳未満の者
ちなみに体重制限もあります。

オートレーサー

以前は選手候補生の募集に年齢制限や身長制限など厳しめの各種制限がありました が、現在は制限の多くが撤廃され受験しやすくなりました。

年齢制限の上限を撤廃し、下限も従来の「満18歳以上」から「満16歳以上」に 引き下げている。

ボートレーサー

ボートレーサーになるには、唯一の養成訓練機関 ― やまと学校(福岡県柳川市)への入学が必須です。

やまと学校への入学のチャンスは1年に2回(4月と10月)。
毎回40名程度のボートレーサーが募集されています。受験資格には身長や体重、視力、年齢などの制約がありますが、性別・国籍は問いません。
以前は年齢制限が14歳以上21歳未満でしたが、106期(2009 年4月入学)からは、上限が30歳未満に引き上げられました。

宇宙飛行士

国や機関によっても違うが、基本的に年齢制限はない。

ただし、宇宙飛行士になるには、JAXAが不定期におこなう選抜試験に合格することが必要 です。選抜試験を受けるには「自然科学系の大学を卒業している」の仕事経験を積んでいる」「英語が話せる」「健康である」などさまざまな条件が あって、それらをクリアした人にだけ、受験資格があります。

国税専門官

国税専門官とは、国税庁や税務署に所属し、税金のスペシャリストとして、税金に関する調査や指導を行う国家公務員のことです。

試験受験にあたっては「21歳以上30歳未満」という年齢制限があります。

職種は、1.個人や企業を訪問し、適正な税金の申告がされているか調査する「国税調査官」、2.税金の催促や財産差し押さえなどの滞納処分を行う「国税徴収官」、3.脱税を見つけ検察官に告発する「国税査察官」の3つに分かれています。

都道府県知事

年齢が満30歳以上の日本国民に都道府県知事の被選挙権(選挙に立候補 する権利)が与えられている。

そのほか
衆議院議員総選挙:年齢満25年以上の者
参議院議員通常選挙:年齢満30年以上の者
都道府県議会議員:年齢満25年以上の者
市区町村議会議員:年齢満25年以上の者
市区町村長:年齢満25年以上の者

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする