原因は感情にあり?わかっているけど、できない!の深層心理

頭でわかっているのに、行動できない・・・なぜか、行動が伴わない・・・。一度は誰でも経験があると思います。この悩みを克服するためのまとめです。

▼わかっているけど、できないときって?

頭ではわかっている=頭ではわかるんだけど…。感情としては受け入れられない=私の考え方は違う、か、感情としては受け入れられない


Photo by Hemera Technologies / AbleStock.com

▼なぜ実行できないの?

間違っているとわかっていても、自分は自分の感情を優先したい!

正しいと知ってることを、すべて行動や感情に反映できる人ばかりではないと思います

自分に自信がないからです。失敗した時に、自分が傷つくことをものすごく恐れています。
失敗した時の他人の評価や、自分で自分を責めてしまうことなどを恐れてしまい、なかなか行動できないのです。

行動した場合の成果があるかどうかの損得勘定を先に考えてしまうこと、どう行動したらいいのかわからないこともあるようです。


Photo by Brand X Pictures / Stockbyte

それをすることのメリット<それをすることのデメリット
なのです。

だから、できるはずがない。だから、やりたいはずがないのです。だって、やるほうが損だと信じているから。


Photo by David De Lossy / Photodisc

「物事を理解する」ことと「行動する」(筋肉に命令して体を動かす)ことでは、使用している神経回路が違うのです。ですから、頭で理解しているだけでは、行動が伴うはずがないのです

行動心理学では、精神的・肉体的苦痛に対して回避反応が条件づけられるためと説明します。この場合では、要するに、苦痛から逃げようとする反応が癖となり問題を起こしていると分析します。


Photo by Comstock Images / Stockbyte

▼克服方法

目標や目的を作る

ゴールがどこか決めなければ走る方向がわからず、スタートできません。ゴールを決めたら、目標を細分化して小さなミニゴールを沢山作ります。それを一つずつ消化していくのです

ミニゴールを達成してときに、ご褒美をあげるとより良いかも。


Photo by Digital Vision. / Photodisc

自分の価値観と人生のビジョンを明確にし、その価値観やビジョンから見た行動の意味を自覚すること

その目標を達成している自分を想像するのもよい


Photo by Jupiterimages / Stockbyte

メリット、デメリットを書き出す

「何のために、その行動をするのか?」「その行動の結果何が得られるのか?」を明確に

逆に行動をしなかった場合も考え、比較すると良いと思います

今行動することの痛みと、全く行動しなかった時の将来の痛みどちらが苦痛なんでしょうか?

「もしチャレンジしないとしたら、人生の中で何を失っているだろうか?」行動できない時は、一度イメージしてみて下さい


Photo by Image Source / Photodisc

ゴチャゴチャ考えずにまず、小さなできることからやってみる

いざ行動してみると、意外と行動できるものです。

どんなに大きなビジョンや目標も、今すぐできる小さな行動の積み重ねで達成されます。行動の第一歩が具体的になっているかどうかが大切なのです。


Photo by David De Lossy / Photodisc

失敗したとき、思ったように行動できなくても自分を責めない

やりだしたら分らなくてもやめない。うまくいかないことを気にしない、できないのは当たり前なんだから。止まらずにやっていたら、そのうちできるようになる。

「まだできていない」「何も進んでない」と、至らない自分を責めて自分をつぶさない


Photo by Jupiterimages / Pixland

がんばった自分を誉めてあげる(些細なことでOK)

自分で自分を誉めてあげて、それを受け取ることができるようになると、自分で 自信を持つことができるようになります。そして、何かをする意欲を持つことができるようになり、積極的になります


Photo by Stockbyte / Stockbyte

「達成した状態しか認めない」としてしまうと、あまりにもそれまでの道のりが長すぎて、「まだ何もできていない」と途中で挫折してしまうこともあるんですね。

 こうした場合は、少しずつ段階を区切って、プロセスごとに「ここまで到達できた」と自分をほめてあげることが大切です。着実に自分が進んでいることを実感するだけで、「私はきちんとやっている」「確かにできた」という納得を得ることができます。


Photo by Digital Vision. / Digital Vision

▼考えすぎるタイプの人は?

考えすぎる場合は「行動するためにとことん考え抜く」と思うこともよいかもしれません。考えることに目的を持つことが大切なのですね。


Photo by Siri Stafford / Digital Vision

別の見方をすれば、「行動できない理由」を探しているのかもしれません。その理由を多く見つけることは言い換えると「No」と言い続けることです。とことんまで「No」と言い続けた後に、見つけた答えはまぎれもなく「最良のYes」だと思います。

▼最後に

「やる気」なんて出さなくてもいいんです。
やることが大事なんです。

考えることは大事だけど、
考えすぎると、考えることで動かないことがある。

人間って行動を起こさないと次に何が必要かが分からなかったりする。

もちろん、歌ったからといって歌手になれる訳じゃないし、
走ったからってマラソン選手になれるわけじゃない。

でも、歌ったこと。
そして、走ったことは必ず自分の心と体に刻まれる。
だからやってみないとわからない。

やったら行き着く場所に結局は行き着くもの。

だったら、やらないよりはやってみよう。 by伊藤守


Photo by Comstock Images / Stockbyte

<関連まとめ>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする