【Facebook】マーク・ザッカーバーグの核心をつく一言集

マーク・ザッカーバーグについてネットサーフィンしていたら、色々と刺さる言葉があったのでまとめてみました。

アメリカ合衆国のプログラマであり、実業家。
Facebook創業者のひとり。

人と人をつなぐことこそがインターネットの一番大切な機能だ。

個人が持っている知識を引き出し、共有することによって、さらにすぐれた知識としてまとめ上げることができる。

ぼくは会社を経営したいわけじゃないんです。ぼくにとってビジネスというのは、ぼくの考える目標を達成するための手段に過ぎません。

ぼくは毎日のようにこう自問している「今ぼくは自分にできる一番大切なことをやっているだろうか」と。

基本的な考え方は、広告がコンテンツであるべきだということ。広告とは本来、人間がサイト上で生成する有機的情報であるべきだ。人間がつくり出す多くの情報は本質的に商業的だ。

若さと技術力の大切さを強調したい。若い人間のほうが頭がいい。チェスの名人がみんな20代なのは偶然じゃない。

信頼できる友だちから勧められることほど、人に影響を与えるものはありません。信頼できる紹介者は、広告の至高の目標なのです。

誰かのプロフィールを見て、何かのブランドが好きだと知る。それは、そのブランドのただの広告看板を見るよりも意味があると思うんだ。

お金がいくらもらえるかは問題ではない。長期的な考え方をする人と手を結べ。相手を出し抜こうとしない。常にオープンで正直であれ。コミュニケーションを怠らずに。友人に電話し、同僚の助言を聞き、憧れの人には声をかけろ。

Twitterは非常によくできた、シンプルなサービスだ。彼らは一つのことを本当によくやっている ― そこがパワフルなところだ。

フェイスブックの核をなす価値は、友だちとの一連のつながりにあるという結論に達した。

情報共有の手段を改良するだけで人々の人生を変えることができる。

「なぜフェイスブックが成功したのか」という問いに対して

難しいのは機能を追加することじゃない。どんな機能を付けないか、なんだ。

われわれの会社はガスや水道と同様の公共事業です。

フェイスブックのようなものについてのネットワーク効果というのは、ごく直観的にわかると思う。基本的にユーザーにとっての価値は、みんなが共有している情報の量だと思う。

仕事上の友だちや同僚と、それ以外の知り合いとで異なるイメージを見せる時代は、もうすぐ終わる。

皆が驚くことをしたいね。楽しく生きて行くためにね。

関連名言集

参考リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする