【DiSC】4つのタイプを知ってコミュ力アップ!

職場で「痛々しいコミュニケーション」見かけませんか? 1920年代に発表され、いまでも企業研修で盛んに行われる「DiSC理論」で解決の糸口がつかめるかもしれません。

DiSC理論とは?

1920年代に心理学者ウィリアム・M・マーストン博士によって発表された、「普通の人々の感情」という論文に基づく理論です。
人の典型的な行動スタイルを4つに分類し、どのようなコミュニケーションをとるべきかまとめています。

初対面でも、少し会話しただけで、D,i,S,C4つのスタイルのどれが強いかおおよそ判断できてしまいます。
では、4つの行動スタイルを一つずつ紹介していきます。

D -Dominance(優越、支配)

勝つこと、成功することがモチベーションの源です。
行動力があり、直接的なもの言いをします。
人の感情にはちょっと鈍感です。

Dの人と話をするときには、単刀直入に本題に入り、すぐに解決方法について話し合うのがよいです。
同じ事を繰り返し話したり、問題について長々話したりするのは避けるべきです。
自分が主導権を持って進めることに強いこだわりがあるので、適宜主導権を渡してください。
納得すれば「この人しかできない仕事」をしてくれるので、結果への感謝を率直に伝えましょう。

i -Influence (影響)

社交的で説得好き、フレンドリー。
他人から認められることが重要。
時間の管理が苦手。仕事より、人とのコミュニケーションを優先しがち。

iの人と話をするときには、自分の経験を交えたりしながら、相手の質問には明るく対応しましょう。話をさえぎってはいけません。
あまり負荷をかけすぎるとモチベーションが下がります。
いわゆる「ムードメーカー」です。チームのコミュニケーションを高めてくれることに感謝を伝えるとよいでしょう。

Dタイプとiタイプの見分け方

D・iともに、忙しく早口でしゃべるイメージですが、Dは批判・批評、iは共感のコメントが多いです。

S -Steadiness(堅実)

協力して人の役に立つことが、モチベーションです。
安定した環境を好み、粘り強く、一貫性があります。
変化が苦手で、決断力に欠ける面があります。

Sタイプの人と話すときには、打ち解けた雰囲気で好意的な態度を示すことが大事です。時間をかけて問題点や解決方法を明らかにしましょう。礼儀正しく接することも大事です。上から目線で話したり、雑な言い方をするのは避けましょう。

C -Conscientious (注意深い、慎重)

知識欲が強く、仕事の質にこだわりがあります。
正確さにこだわるあまり、考えすぎて、周りから浮いていることもあります。
ミスをしたり、批判されることを強く恐れます。

Cの人と話すときには、細かいところや正確さを大事にしましょう。こちらのちょっとした間違いも突っ込んできますが、その知識の正確さに敬意を表しましょう。
自分の気持ちを伝えるようなおしゃべりに時間を割いてはいけません。粘り強く、一貫性を持ってそつなく伝えることが大事です。
本人が成長できるような課題に取り組んでもらい、その仕事の質の高さに感謝を示しましょう。

SタイプとCタイプの見分け方

SタイプもCタイプも、自分からガンガン話すようなタイプではありません。そんな中でも、Sタイプは共感を多く示し、Cタイプは批判的な発言が多いです。

実生活で活用するには

タイプは個性であり、どのタイプにも長所・短所があります。
また、一人の人がひとつのタイプというわけではなく、この4つのタイプの複数をもつ人が多いです。
「あなたは何タイプだから」、なんて決め付けると、かえってコミュニケーションがギクシャクしちゃいますね。

会話しながら、その人が一番大事にしていることをそれとなく見抜いて、それを尊重する言動・態度を示しましょう。
これを意識すれば、苦手だった人とのコミュニケーションもきっと変わってくると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする