集中力が続かない時の処方箋。子供や仕事にも活用できます

集中力が続かない時ってありますよね。でも、そういった時には、対処法があります。集中力を発揮できる方法を知って、仕事を効率化させましょう。

集中力を高める環境

充分な明るさ

勉強などに集中力を発揮できるのは眩しくない程度の光で、白系の蛍光灯が適しています。

椅子や机

勉強や作業に快適な姿勢をとれる椅子や机を使うことで、気が散るのを防ぎます。

アロマ

レモンなどの爽やかな香りは集中力を増す効果があります。

集中力を高めるトレーニング

100マス計算

脳を素早く働かせるトレーニングとして手軽に取り入れることができます。

速読

速読法には様々なやり方がありますが、どれも高度な集中が必要です。
速読法を身につけることで、それまでと違った集中力が身につきます。

ゲーム

インターネット上にも、素早く図形や文字の処理を行うことで
集中力を養うゲームが公開されています。

集中力と休憩

こまめな休憩

集中力は長時間は続きません。
しっかり集中したい場合は少なくとも30分に一度、できれば15分に一度の休憩が適切です。

睡眠を充分とる

夜に充分な睡眠を取っていないと集中力を発揮出来ません。
また、15分程度の昼寝をすることも午後の集中力を高めます。

体を動かす

休憩時間にはストレッチや体操を行い、体を動かしましょう。

集中力と食べ物

糖分

甘いものはすぐに脳の栄養になります。
休憩時間につまむと効果的です。

ビタミン類

ビタミン類をしっかり摂る食事をすることで脳の血行もよくなります。

カフェイン

脳を目覚めさせるカフェインはコーヒーや緑茶、または栄養ドリンクに多く含まれます。
適切な量を守って利用しましょう。

集中力と病気

うつ病

ストレスなどが原因のうつ状態は、一つのことに集中することが難しくなります。

多動性障害

ADHDという病気は一つのことに集中することができない発達障害です。
全く集中できない子供はこの病気の可能性もあります。

違和感に気をつける

気を張って勉強していると、自分が病気になっている可能性に気づくのが遅れがちです。
日頃から精神へのケアを心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする