「社会保険労務士」の資格まとめ-仕事内容・勉強時間・難易度・年収目安

社労士は人事のプロフェッショナル。労働保険、社会保険の新規加入手続からそ労働保険料の申告手続、社会保険報酬月額算定基礎届の定時申告や適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導、経営効率化のため、人事・労務管理全般に関する問題点の指摘・改善策の助言を行います。


Photo by Jetta Productions / Lifesize

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士(社労士)は、雇用保険や医療保険、厚生年金保険など、社会保険に関する申請書や届出書、報告書などの書類作成代行を行い、企業経営における労務管理や社会保険に関する相談・指導が行える資格のこと。給与計算などの事務処理やコンサルタント業務も行えるので、中小企業などからのニーズも高く社会的に人気の高い職種だ。

社会保険労務士の年収・収入目安

年収500万円~2000万

社会保険労務士に必要とされる知識・スキル・資格

社会保険労務士は国家資格で、試験科目として労働法令や社会保障法令など、かなり広範な法律の知識が問われる。近年の合格率は10%を切るなど、難易度は割と高い。やはり大学などで法律の勉強をしてきた人に有利だが、新たに資格取得を目指すことも無理ではない。ただし、コツコツと勉強を続けていく根気は必要だ。


Photo by Jack Hollingsworth / Digital Vision

社会保険労務士の資格取得までの勉強時間と合格率目安

計1000時間(1年以上)
10%程度

社会保険労務士の資格取得後の働く場所・雇用形態

社会保険労務士の資格を持ちながら、一般企業に勤めている人も多い。社会保険労務士の資格があると、社内で雇用や保険関連の業務ができるので人事部や総務部などに配属されやすい。資格があると転職の際にも有利に働く。またある程度実務経験を積んだのち、独立開業を目指す人もいる。

社会保険労務士の具体的な職務

社労士は中小企業と契約して労務に関して助言や指導、コンサルティングを含めて行うことが
業務の中心です。就業規則や給与規程を作成・整備の代行をすることも多いです。

勤労者の病気やけが、失業や老後に備えて、労働保険や社会保険の制度を整えたり、
企業や事業主から依頼を受けてこれらの保険に関する各種申請書や報告書などを作成したり、手続きを代行します。また、中小企業診断士とのダブル取得で提案型のコンサルティングを行う業態も増えてきているようです。

資格勉強中の人の声

社労士受かるにはまず一日二時間勉強しましょうと言われたのにもう守ってない

さ。今日は疲れた。寝よ。…と言いたい自分に鞭打って社労士の勉強しよ。。。

ジムでホットヨガやってきました。めっちゃ汗かく!!気持ちよく身体動かした後は喫茶店で社労士勉強!!やりまっせ☆今日は健康保険法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする