真っ黒はやめ!?「就活クールビズ」に学生混乱(゚д゚;)

そもそも「黒スーツ」じゃなきゃダメな理由ってなに!

就活は、ここからが本番!!

従来ならもう終えてる人も多かったけど、今年はまだまだ続きそう…

今年度から、政府の要請に経団連が応えるかたちで就活時期の繰り下げが行われている

経団連に加盟している企業の選考は8月1日からとされているが、6月末時点での学生の内々定獲得率は44.2%

外資系など、経団連に加盟してない企業は内定をもう出しているところもある

しかし、今後の就職活動については「活動継続」が70.5%であり、内々定を得ていても引き続き就職活動を行う学生が多い

国内の大手企業はたいてい経団連に加盟してたりするワケですね…

今日暑すぎスーツ着たくないから就活やめたいレベル

そこで、気合が入ってるのが…

経団連の指針変更で、真夏の就活が当たり前になり、百貨店やアパレル業界では「クールビズでの就活スタイル」に力を入れている

就職活動のピークが「春」から「夏」になったことを、『商機』と捉える百貨店や、アパレル業界が目立つ

確かにこんな格好で真夏に面接まわってたら死ぬ。。。

見かけは従来スタイルで、涼しい機能を備えた商品もあるが、上が紺で下がグレーのパンツの組み合わせなどもお勧めされている

「今までリクルートスーツといえば黒でしたけれども、夏場だと暑かったり、季節に合ってなかったりするので、クールビズ対応のリクルートスタイルを提案させていただいております」

集団面接で真っ黒のリクルートスーツばかりが並ぶ光景ももう無くなる?!

でも、学生としてはなかなか踏み切れない現実…

あっつい( ゚д゚)スーツむり( ゚д゚)あつい( ゚д゚)だからといってクールビズ就活をやる勇気もない( ゚д゚)けいだんれん

大学のキャリアセンターによっては、「クールビズ期間中はクールビズにしなさい」と明確に指示するところもある

けど…

「何を着ていけば失礼に当たらないのかわからない」「差がついてしまうかも」と慎重になり、なかなか実践することは難しい様子

「クールビズは良くも悪くも目立つ。そんなリスクを負う勇気がない」

クールビズにはリスクが大きいと捉える学生も多いみたい

「採用担当者の中には、クールビズを快く思わない人もいると思う。服装で減点されるわけにはいかないので、暑くても我慢したい」

就活生かわいそすぎ

企業としてはどうなの?

70%以上の企業が就活生のクールビズに理解を示してる!

調査によると就活生のクールビズについて、「非常に抵抗がある」7.5%、「少し抵抗がある」20.5%、「適度にとりいれるなら問題なし」は49%、「積極的に取り入れてほしい」は23%

実は企業でも就活生のクールビズを認めているところは以前からあり、今年度はその動きがさらに広がりを見せている

年代別でみると、50~60代の約6割の人が、就活生のクールビズに賛成と答えている

就活時にもクールビズにはできないのか。今時、杓子定規な礼儀感覚引きずってるのかな。暑いのに死んだりしたら就活どころではなく終末になってしまう。

理解のあるおじさま方もたくさんいるんだけど…

奨励する企業が呼びかけても軽装で現れることはほとんどない。「同じ日に複数社で面接があると、クールビズ不可の企業に合わせた装いになる」と分析されている

ジャケットなしのクールビズでの会社訪問を要請してくる企業もあれば、従来スタイルで訪問したほうが無難な企業もある

金融や官公庁などのコンサバティブな企業などは注意も必要

でも逆に迷いようの無い場合もw

官庁は就活生にもノージャケット、ノーネクタイを指定してくる場合がある。こうした場合は無地のパンツにYシャツで訪問するべき

完全に指定してもらった方がありがたいだろうな…

指定が無いときは?

今日は流石にクールビズでいいよな??
一応上着持ってきたけど、バス停で目的地同じと思われる就活生、フル装備が1名、ジャケットのみ1名、Yシャツだけ1名と、みんなバラバラでどうすりゃいいんだ。

どうやら微妙な按配が難しいみたい

「クールビズで来て下さい」という企業も増えているが、いざ選考へ行くと周りの就活生はジャケットを着てスーツにネクタイ着用のフル装備の人ばかりで、クールビズで来たことを後悔

これが日本の文化の落とし穴だ!!!w

ジャケット+パンツ、ネクタイをしない就活生に対して、20業種中17業種の採用担当者が印象が良くないと回答。ジャケットを着用せずシャツ+パンツスタイルには、14業種が好ましくないと回答

上が紺で下がグレーのパンツの組み合わせは無難だ。ジャケット+パンツだからといって、ストライプやチェックは避けた方がいい

(ポージングがやたらキマってるけどw)
イメージとしてはこんな感じ!

女性の場合も男性と同様に、ジャケットなしスタイルは好ましくないとする採用担当者は少なくない。移動中は着ないとしても、ジャケットは持参

ブラウスは半袖ブラウスだと露出が増えるため、好ましくないと考える採用担当者がいるが、七分袖だと悪印象を持つ担当者が減る

どうやら七分が優秀っぽい

ジャケットを着るか着ないかは企業の雰囲気に合わせた方が良さそう

そもそも、「就活は黒スーツ!」は昔からあったわけじゃない

みんなが同じスーツをまとって就活するようになったのは今から30年くらい前の話

バブル期は学生側に余裕があり、スーツも好きな色や柄を着ていた。だが景気の落ち込みで企業が採用枠を絞るようになると、学生が委縮して黒を選ぶようになった

20年前はこんな感じだった!

欧米の常識では黒いスーツは、葬式もしくはパーティー用

日本が「黒スーツ」にこだわる理由って実はそんなになくって…

バブル崩壊後から長く不景気が続いたため、「黒なら冠婚葬祭にも使える」といった節約精神も、黒人気の一因に

出典ameblo.jp

景気が上向きになってきたのと、今回の就活の制度変更でリクルートスーツのありかたも変わる…?!

今年、企業や大学による理解が広まり、黒スーツ解放元年の夏となるのか、注目!

就活生ガンバレ~!(T-T*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする