【女子必見】蜷川実花のお仕事10箇条

ハードな仕事をこなしつつ、息子も大事にしている女性の憧れ蜷川さんのお仕事10箇条です

▼蜷川実花の10箇条

説得より納得

とにかく私はよくやるんですが、クライアントからいろんな要求があった時、違うなと思ってもいちどやって見せるようにしています。
もちろん出来ない事もあるけど、出来る限りやってみせちゃう。
そうすることによってやっぱり良くないねってなることはすごく多いです。

ヴィジュアルのプロじゃない限り目で見なくちゃわからないのはあたりまえ。
逆にいうと見ればわかる事がほとんど。

なのでことばで説得するよりも見て納得してもらうほうがシンプルです。

女子にはカッコよく、男子には頼る

女子には出来る限りこうありたい自分でいる。
逆に男子の前ではある程度ダメな部分を出すかなあ。というか素直に出来ない事は頼ります。
結構男子は喜んで助けてくれるし、変に肩肘はって接するより関係がスムーズになると思う。

むちゃな目標をたてる。

とにかく出来る出来ないは別にして、自分に都合のよい、本当にやりたいこと、なりたいものを目標に掲げるのがポイント。

結構ドキドキするんですよ、なりたい自分が今の自分とあまりにも遠くて。

でも遠かろうがなんだろうが、それが本来なりたい姿。

その位置がわかったら、あとは進むしかないんです。
ちょーちょっとずつでも進む、少しずつなりたい自分に近づいていく。

近道はないので自力でやるしかないです。

結構辛い作業ですが、理想と現実の距離を逃げずに意識して過ごす日々は大切です。

出典ammo.jp

見た目は大事

いや、もちろん中身も大事なんですが、見た目は本当に大事だと思う。

だって人は初めて会った時見た目で判断するでしょ?

ほんの一瞬で無意識にこういう人だなって決める。

だったらちゃんと意識的にならないと。

服を選ぶのって私はこういう人ですって意志だと思う。

三十過ぎたら今までの1.3倍人に優しく、柔らかく

三十過ぎるくらいってなんとなく仕事も一巡して経験値もあがってくる頃。

ついつい自分は出来る気になってるから上の出来なさに辟易としたり、下にはきつめにあたったり。

たとえそれが正しく正論でも、あたりがきつすぎると関係がギクシャクするでしょ?

正論ってなかなか難しいです。

もちろん正しいんだけどそれだけじゃどうにもならない事いっぱいあるしねー。

少し意識するだけでだいぶ違うと思う。

仕事出来て、女性として柔らかいのが理想です!

いいと思ったことはとにかく口にする。

ポイントは、目上の人でも、ほめてもらうと嬉しいってこと!

そんな目上の人にたいして何か言うなんて失礼かもって思わないで。ほとんどの場合は失礼じゃないです。

例えば私が撮影してても、アシスタントなんかはあまり何も言わない、若い編集者も言わないかな。

でもね、私がちょっとえらくなったからわかるけど、ちょー好きな写真です、とかすごく綺麗です、とか言ってくれたら嬉しいんです。

すべてにおいて
手を抜かない、出し切る!

そんなの当たり前ってかんじだけど、これ全部本気でやるの相当大変なんです。
まず仕事をする姿勢として当然っていうのもあるんだけど、一番は後悔しないってこと。

というのも人間なんで失敗って絶対あるんです。
不慮の事態ってあるじゃない、自分ではどうにも出来ない事もある。

でもそんな時、結果はどうあれ「あれ以上は出来なかった」って思えると精神的にはずいぶん楽。
「ああ、あの時ああしていれば」みたいに後悔するのが一番嫌。
なので絶対出し惜しみはしないし、必ず全力をつくす、ように努力します。
どんな小さな事でも全力だすのは大変なんですが、あとで落ち込むよりは楽かな。

第三者の目を持つ

なぜなら大抵の女性は出来ないから。
感覚的に、感情的には得意なんですが、構築的に、俯瞰の目を持って仕事するのはなかなか難しい。

でも、だからこそ目指してほしい!

ほんとみんな出来ないから確実に頭ひとつぬけます。
私はいつもそこを目指してます。

感覚だけでたどり着ける距離は、よほど天才じゃないかぎり限界があるので。

カッコ悪いことはやらない

ポイントは「カッコいい事をやる」、ではなく
「カッコ悪いことはやらない」ってとこ。

カッコいい事をやろうとすると無理が出てくるし、むいてない事もしなきゃいけなくなるでしょ。

でもカッコ悪いと思うことをやらないだと、またニュアンスが変わるんです。
(中略)
カッコ悪くないか、粋か、野暮か、は重要です。

あくまで、他人対してどうかではなく、自分にとってどうかです。

相手の立場に立つ

極端な話それだけ出来たら全部おっけー!みたいな感じよね。
すべてにおいて、「もし私がその人だったら」と超リアルに想像しきってみて。

絶対見えてくるものがあるはず。
なんでこんなことがわからないの?
とか
どうしてこんなこと言われなきいけないの?
とか
結構解決しますよ。

▼関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする