在庫一掃SALEの次の手は? 大塚家具に迫るタイムリミット

在庫一掃SALEの次の手は? 大塚家具に迫るタイムリミット

大塚家具が最大80%オフの在庫一掃SALE(セール)で15ヶ月ぶりの売上増が見えてきた。未だ再建策が不透明な現在の大塚家具の様子をまとめました。

▼大塚家具が在庫一層SALEで15カ月ぶりに前年同月売上を上回る見込み

高級家具のイメージを誇った大塚家具(東京都江東区、大塚久美子社長)は、ついに10月28日まで最大80%OFFの「在庫一掃SALE(セール)」に踏み切った。

大塚家具は、「在庫一掃セール」の店頭販売に加え、「ヤフオク!」や「amazon」などのECサイトやオークションサイトにも出店。さらに、業者向け卸売も手掛け、在庫圧縮を急いでいる。

深刻な業績低迷で動向が注目される大塚家具。大塚家具の担当者は「10月売上は(セールで)好調だ」と話し、「在庫一掃セール」が皮肉にも高級家具の安価販売で売上が伸びることを証明した格好だ。

破格セールで来店客数は大幅に増えているようだ。連休中の10月7日、有明ショールームを訪れると大塚久美子社長が自ら接客する姿が目に入り、意気込みが伝わってきた。

ただ、セール後も在庫圧縮のためのセールを続けるかどうかは不透明で、「(セール終了後の)28日以降の方針が決まれば公表する」(担当者)と語るにとどめる。

店頭で高級家具をそろえた従来のビジネスモデルから踏み出し、15カ月ぶりに売上増が見えてきた。だが、セールでは従来の収益力回復は期待できないだけに、大塚家具の次の選択が注目される。

・セールだけど…う〜ん、いいお値段

大塚家具のセール・・・ pic.twitter.com/FT6wbIuKxx

チラシ整理してたら大塚家具のがあったけど、強烈な値引きだなw pic.twitter.com/rpsM1vtZv8

大塚家具 FENDIの家具が安くなってる展示品なら80%オフ新品なら50%オフか!とりあえず新品だな!#FENDI pic.twitter.com/GF8vwshIgD

大塚家具思ったより高くて草、そりゃ売れんわ pic.twitter.com/7gK7oQL3fP

▼手元資金が減少…大塚久美子社長に迫るタイムリミット

大塚家具で注目されるのが減り続ける現預金だ。2015年12月末に109億7182万円あった現預金は、2018年6月末で22億514万円まで減少した。資金の枯渇は目前だ。

そんな憶測が広まる中、2018年12月期第3四半期中に約10億円の投資有価証券を売却したようだ。在庫一掃セールは、資金確保の窮余の一策とも受け取られかねない。

「6月末に金融機関のコミットメントライン(50億円)を使って8億円を調達し、それを7月には返却している。7月にはさらに3億円の現金が入っているといわれている」(事情通)

大塚家具の場合、毎月4億円程度の現金が必要になるといわれ、7、8月分のキャッシュアウト分を差っ引いて、9月以降は単純計算すれば約6カ月分の資金しか手元にはないことになる。つまり来年の2月までしか資金がもたないということだ。

▼そんな大塚家具の再建策は?

業績不振が続く大塚家具は7日、平成30年12月期の業績予想を下方修正し、最終損益を13億円の黒字から34億円の赤字(前期は72億円の赤字)に引き下げると発表した。3年連続で最終赤字となる。

創業者で父親の大塚勝久氏と長女の久美子社長の経営権をめぐる「お家騒動」でイメージが悪化したことや、低価格路線のニトリホールディングスなどとの競争激化で苦戦。売上高は7月まで12カ月連続で前年割れとなっている。

大塚家具の支援企業の候補として、既に資本業務提携している貸し会議室大手ティーケーピー(TKP)などが浮上するが、交渉がまとまるかは流動的な面も残す。

・TKP側は資産の売却を担保に追加支援をする方針

大塚家具、赤字では出資せず=事業支援継続に意欲-河野TKP社長 news.cube-soft.jp/archive/346272… pic.twitter.com/cTzDY6XnEL

TKPは昨年11月、大塚家具と資本・業務提携し、7%弱出資。一時は追加出資も検討したが、自社の株主に説明できないと判断し、軌道修正した。

河野氏は「(大塚家具に)借金がなく、株式や商品の家具など現金化できる資産はある。こうした中、それらを売る努力をせず、(出資という形で)お金だけくださいというのは筋が通らない」と語った。

大塚家具は都心の主要駅に近い一等地に複数の店舗を構え、貸会議室事業との相乗効果が高いためだという。

河野氏は「今のビジネスモデルでも家賃が半分になれば黒字化する」と分析。再生には店舗面積の縮小や賃料引き下げが不可欠と指摘し、TKPが賃料を肩代わりする可能性にも言及した。

▼その他の話題はこちら

Sorry, comments are closed for this post.