これから流行る!iPadレジとは

iPadレジってなに?

iPadレジとは、iPadにPOSレジアプリをインストールして使用するPOSレジのことです。iPadレジの機能はPOSレジと同じであり、決済機能に加えて在庫管理や売上管理、顧客管理なども行うことが可能で、マーケティングツールにもなります。

飲食店に限らず多くの店舗で導入されているオーダーエントリーシステム、POSシステム。
オーダーエントリーシステム(OES)とは、お客様の注文入力をすると、注文(オーダー)したメニューや、数をキッチンに伝達するシステムのこと。

海外では主流になりつつあるiPadレジ。
iPadレジは導入コストが低く、ランニングコストも低く抑えられるのが特徴です。

オーダーエントリーシステムと連動させることも可能です。
機械化することでスピーディーかつ正確にコストの算出や分析ができるのです。

コンパクトなのが魅力

コンパクトで省スペースのため、レジの設置場所の心配がなく小規模店舗にも導入することができます。また、スタイリッシュなビジュアルがお店の雰囲気を崩さないため、ファッション性の高い業界や内装にこだわりのある店舗にもマッチします。

レジの設置をすることなくアイフォンでお会計が可能です。ファッション業界や内装にこだわりのある業界から支持されています。

コストも安く済む

POSシステムを利用したiPadレジは、POSレジよりも低コストで導入できるという利点があります。導入コストが0円というアプリも多く、手軽にスタートできるのが魅力です。

コストを安く導入できるのは経営者にとってうれしいかぎりですね。

しかし、iPadレジは、汎用的なタブレット端末を利用するため、周辺機器は必要に応じてハードウェアを組み合わせて構築する必要があります。キャッシュドロア、レシートプリンターやバーコードリーダーといった周辺機器を揃えていくといつのまにかコストが膨らんでいるということも考えられます。

補助金支給制度がある

消費税10%が2019年10月1日から適用されると同時に、軽減税率制度が開始されます。
そのため、商品により消費税8%のものと、消費税10%のものが混在することになり、消費税8%と10%に対応したレジが必要になります。
2019年9月30日までに軽減税率に対応したレジを導入すると、補助金を活用することができます。

補助金制度をうまく使って自分の店舗に組み込むことも可能です。

操作性にかんする口コミ

レジ立ち上げ当初、ユーザーサポートの方が何度か、困っていることはないかと尋ねる電話をくれました。操作に関してわずかに使いにくいところがあった旨を伝えたところ(=スワイプが必要な操作部位がアプリに一箇所だけあって、慣れていないスタッフが混乱したことを伝えました)、翌週のアップデートで当該箇所を即改善してくれました。予定された開発スケジュールがあるところの、早速の対応には頭が下がります。

やはり使い慣れたマック製品、iPhoneやipadということもあって、操作は問題なさそうです。
業者によってはフォロー体制を充実させているところもあります。

パソコンやメカに弱い人でも安心して使えるような業者を選ぶようにしてください。

持ち運びも便利

持ち運び可能
持ち運びに便利で、店舗内外どこでも自由にPOS機能を使うことができます。イベント出展時やキッチンカーなどの移動販売にも利用できるほか、プロモーションツールとしての利用も可能です。商品の情報や在庫の有無などをその場で調べることができ、スムーズで的確な接客が可能となります。

店内だけでなくお祭りや出張によって外で営業を行い際も持ち運び便利です。
祭りにスマートフォンで決済できるのは近未来的ですね。

クラウド上にデータを保管することができる

POSレジの各種管理機能です。
マスタ管理、返品/取消、点検/精算、日報/月報出力、リアルタイム分析が可能です。
各種情報はインターネット経由で確認可能で、リモートでの管理が可能です。

クラウド上に在庫や売り上げを一元管理できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする