沖縄でのリゾートバイトって実際どうなの?口コミ・体験談まとめ!

沖縄のリゾバは時給が安いって本当?

はい、いきなり一番気になる「お金の話」です!

高時給の求人を探すのは難しいですね…。残念ながら沖縄のリゾートバイトの時給は最低クラスです。正社員も含めた平均年収、アルバイトの最低賃金など、収入に関する全国ランキングでは常に沖縄が最下位ですからね。

リゾートバイトの時給は基本700円から800円前後で、700円台前半も多くなります。募集が多いレストランホールやベルスタッフは大体この価格帯ですね。

周知の事実の通り、そもそも沖縄は平均時給額が非常に低く、エリアに関わらず時給700円〜800円程度が相場です。

ご存知の通り、沖縄は全国トップレベルの時給の低さです。
リゾートバイトも例外ではなく、基本的には750円〜1,000円の求人が主となります。

「お金をたくさん稼ぐ」が目的であればコストパフォーマンスはよくありませんが、沖縄のリゾバにはお金に代えられない魅力がたくさんあるんです!

航空券(交通費)が支給。無料で沖縄に行けちゃう!

リゾートバイトの勤務地が沖縄となると、交通費が心配になりますよね。飛行機を使うとそれだけで3,4日分の給料が吹き飛んでしまうわけですから…。

ですが沖縄リゾバは基本的に交通費が無料!つまり・・・タダで沖縄にいけちゃうんです!!

リゾートバイトの交通費は派遣期間満了後、最後の給料振込みで給料に上乗せする形で交通費が支払われます。

沖縄リゾバの醍醐味!休日はダイビングやシュノーケリングが楽しめる

沖縄と言ったら、「海」ですよね。
勤務後や休日に海でエンジョイできるのも沖縄リゾバの魅力です!

石垣島は本当に遊びの種類が豊富です。マリンスポーツのダイビングはもちろんのことダイビング以外にも石垣島はたくさんのマリンスポーツで遊べます。

その中でも個人的におすすめなのが、シーカヤック。カヤックは視線が水面に近いんで、透明度の高い石垣の海面を滑るような感覚で進むのがたまらなく気持ちいいんです。濁流を下るようなアクティブなカヤックもいいですが、穏やかで透明度の高い水面をスイスイ進むカヤックも最高です。

ダイビングライセンスが格安で取得できる!?

意外と知られてないのが、ダイビングライセンスが格安で取得できること!
沖縄リゾートバイトでお金を貯めながら、ダイビングライセンスが取得できるなんてお得すぎませんか?!

ヒューマニックを通してリゾバに申し込むとダイビングライセンス取得割引が受けられます。その割引は60%オフ。金額にすると3~4万円の割引を受けることができるんです!!

他の派遣会社にはこのような特典はないので、ダイビングライセンスをリゾートバイト中に取るなら、ヒューマニック一択です。

離島でのリゾートバイトって不便?メリットとデメリットは?

石垣島、宮古島など離島でリゾバする方も多いです。
離島ならではの苦労や喜びはどんな感じなんでしょうか?口コミをまとめてみました!

離島は派遣スタッフが多く働きやすいですが、島の人、社員の人も優しい人が多いです。

着任当日から目の調子が悪くて2日目から「ものもらい」のトラブルにも、若女将が薬をくれて休みもくれるという優しさ。

良かったこと

・空と海がきれいすぎて、毎日晴れているだけで気分があがる。
・ビーチがとにかくたくさんあって、海に行くことに飽きない。
・友達ができた。
・ダイビングの免許をとった。
 でもシュノーケリングだけでもじゅうぶん魚が見れる。

大変だったこと
・狭い島なので、どこで誰が誰と一緒にいるところを見た……のような噂話がすぐに広まってめんどくさい。

離島リゾバの一番のメリットと言ってもいいのが「お金が貯まる」ということです。

遊ぶ場所がない
居酒屋などの飲食店も少ない
遊ぶ場所が自然だからお金が掛からない

リゾートバイトは1日生活しててお金を持ち歩かなくて大丈夫なくらい使いませんが、離島もお金を使うことがありません。

遊ぶ場所もなければ使う場所もないので「自然と」お金が貯まっていきます。

沖縄は冬でもリゾートバイトの求人がある!

沖縄と言ったら「夏」のイメージですが、実は冬の観光も盛んでお仕事があるんです!実際に、「東京や地元が寒すぎて南国に避難したい」と考えてる方がたくさんいます。

バイト先を探すには派遣会社に登録しましょう。
有名な派遣会社は記事の最後にご紹介しています。

30代でも沖縄リゾパは楽しめる?多いのはやっぱり20代!

沖縄のリゾートバイトは他の地域と比べて若い人が多いのが特徴です。

職場の年齢層は20代が中心でしたが、社員の方だと30代もいて、責任者は40代だったので、それほど浮く感じもありませんでした。

沖縄は日本有数の大リゾート地ということもあり、全国各地からさまざまな年齢層の人が集まるリゾバスポットです。

バイトをする人の年齢層で多いのは20代。その次に30代。そして10代後半と続きます。

短期の求人はやっぱり少ない?

「沖縄でリゾートバイトしたいけど短期でしか働けない…」と言った方は多いですが、ご安心ください。短期の求人もあります!!

デメリットは?沖縄リゾートバイトにも悪い口コミはある

ここまで沖縄リゾパの「いいとこ」ばかりの紹介となってしまいましたが、悪い口コミはどんなものがあるのでしょうか?集めてみました!

「冬の時期は海水浴ができない」

リゾートバイトが休みの日に、沖縄を観光して遊ぶ人も多い中で、もっとも人気なのが、海水浴をすることだと思います。

ですが海水浴となると、せいぜい、9月末ぐらいか、10月上旬ぐらいまでで、それ以降は、海水浴をする人は、ほとんどいません。
(たまに泳いでる人いるけど、、、) だいたい海開きは、3月末か4月ごろです。

ダイビングをやる人は、冬でもウエットスーツで、潜ったりするんですけどね。

離島でのリゾートバイトはロケーションこそ最高なのですが、離島ゆえに難しい部分もあります。

沖縄本島は物価が安いため、賃金も低く設定されているのですが、これが離島になると、賃金は低いまま物価だけが高くなっていくのです。物の仕入れに輸送コストがプラスされてしまうからですね。

沖縄や離島などは時給700〜800円代の最低賃金の仕事も多く、稼ぐのにあまり向いてません。
リゾートバイトの特徴として都心部から離れた田舎の方ですとどうしても賃金が下がってきます。ただその分物価が安いです。

ガッツリ短期で稼いで貯金したい人にとって沖縄はやや不向きなんですが、仕事だけでなく海や自然、地元の人とのふれあいとか、いろんな体験ができることを総合して選ぶ人が多いのです。

冒頭でも書きましたが、やはり給料面での不満を持つ方が多いみたいですね。
しかし、沖縄でのリゾートバイトは「お金」以外の魅力がたくさん。

海が綺麗な沖縄に滞在できる。ゆったりできる。それだけで、幸せな気持ちになるんですよね。

求人数が一番多いリゾートバイトの派遣会社