なぜ…?あの「ケンタッキーフライドチキン」が苦境に陥ってた

クリスマスの定番。あのケンタッキー・フライド・チキンが苦境に陥っています。いったいなぜ…?

■クリスマスの定番ケンタッキー・フライド・チキン

KFCコーポレーション(KFC Corporation)は、KFCやケンタッキーフライドチキン(Kentucky Fried Chicken)のブランドで、フライドチキンを主力商品としたファストフードチェーン店を運営するアメリカ合衆国の企業

日本国内では「ケンタッキー」という略称も用いられている。一般大衆の間ではこれをさらに略して「ケンタ」などと称することも見られる。

2008年12月末現在で105ヶ国地域に、15,580のチェーン店あるが、マクドナルドとは違い、その味は60年間変わっていない

@c_coa5k ケンタのレッドホットチキン美味しいですよね!
あれが大好きで
普通のチキン食べられないです。゚゚º(゚´ω`゚)º゚゚。

@ragho_net まさかのツイスター仲間が‼️あの味…クセになりすぎる‼️うますぎる‼️
ケンタはチキンもうまいですからね〜マックよりはケンタッキー派です‼️
どんどん小さくなっていくのが寂しいですが(~_~;)

@4lukabaka 今一つ目!めっっちゃうま!! ケンタのコールスローだけはなんか特別だよね。うますぎる

ケンタッキーのビスケットが一番好き

フライドチキンという種類の食べ物の中で、ケンタッキーのレッドホットチキンが一番好き。

■そんなケンタッキーが苦境に陥ってた

ケンタッキーフライドチキン(KFC)が売り上げの減少で苦しんでいる

19年3月期第1四半期(4-6月)の連結最終損益は3.2億円の赤字(前年同期は6.3億円の黒字)に転落

売上高はこの10年間(途中の決算期変更を除く)、ほぼ830~880億円のレンジで推移しており、頭打ち感が強くなっています。

■直近の売り上げは9か月連続前年割れ

全店売上高は7月こそ大幅減だった前年同月の反動で大きく上回ることができたが、6月まで9カ月連続で前年割れを起こしていた

直近では、6月が3.1%減、5月が4.9%減、4月が6.3%減と大幅な減収だった。

直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-0.6%→-3.3%に悪化した。

■いったいなぜ売り上げが落ちているのか?その一つとして「ピザハット」の売却がある

日本KFCホールディングスが、傘下の日本ピザハットを投資ファンドに売却すると発表した。

約370店を展開していたピザハット事業を昨年6月12日に売却したことが減収の大きな要因

’91年に日本KFC傘下になってから積み重なった、累計30億円の赤字がホディーブローのように効いてきたから

というのが売却の理由のようです。

■そしてコンビニの鶏肉料理の台頭も理由としてある

ケンタッキーが苦戦を強いられている要因のひとつには、コンビニエンスストアの存在がある

フライドチキンといえばケンタッキーが王道ですが、コンビニも負けじとレジ横にフライドチキンを陳列し、私たちを誘惑してきます。

04年10月、ファミリーマートがフライドチキンを刷新。年間6000万本を売り上げ、販売本数はKFCに続き国内2位となった。さらにローソンもフライドチキンに参入し、半年で2000万本の売り上げを記録

「激こみの中で待ちたくない、予約をしそこねた」という方はファミマへ、「おいしいチキンをがっつり食べたい、クリスマスだからこそスペシャル感がほしい」という方は、ケンタッキーへ

3大大手コンビニであるファミリーマート、ローソン、セブンイレブンでは、それぞれ独自のチキンが販売されています。

ファミチキ美味すぎて神に感謝してる

ファミチキとLチキが美味すぎて無限に食べれる

■更に「健康志向」が追い打ちをかける

抗生物質や成長ホルモン剤を過剰に投与した鶏肉が、上海にあるケンタッキーフライドチキン(KFC)店舗で使用されていたことが分かり、大騒ぎになった。

日本ではなく上海です。しかし、この風評被害が日本にも影響していると思います。

オリジナルチキンやポテトフライの揚げ油の安全性に問題があるからです。ケンタッキーフライドチキンの揚げ油には、トランス脂肪酸が多いショートニングが使用されています。

トランス脂肪酸は心臓疾患のリスクを高めるとされ、アメリカではその原因となる油(マーガリン、ショートニング、ファストスプレッドなど)の使用規制が今年6月から実施されています。

■以上色々あるが巻き返しを図り色々と手を打っている

日本KFC)では、ケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)の新たなサービス形態として、「KFC Plus 葛西店」(東京都江戸川区)を本年11月4日(金)にグランドオープン

ケンタッキーが手掛ける新ブランド『THE TABLE by KFC』は鶏惣菜をメインにした持ち帰り専門だという。ケンタッキーといえば、国内産ハーブ鶏を使用するなど素材にこだわっている

将来的にはCCMPとDMPとを連携させ、メールやソーシャル、アプリ、Web上での情報収集行動を基点に最適なコンテンツを最適なタイミングで、クロスメディアで届けていくのが目標

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする