なんでこんなミス…。今すぐできる!仕事での失敗から立ち直る方法

新生活も始まりすでに仕事で失敗をしてしまい落ち込んでいる人もいるのではないでしょうか?週末や休日にガクッと落ち込んでいる人は休みの間に気持ちを切り替えて仕事や学校へ行く為の心の切り替えをしておきましょう。落ち込んだ心を浮上させるのは難しいですが同じ失敗を繰り返さない為にも失敗からの立ち直り方をご紹介

はぁ・・・・失敗しちゃったよ・・・

仕事最近楽しくなくて、人と関わるのがすごく嫌で、ミスばっかりだし個人的な注意をインカムで伝えてくるから皆に周知されるし、江川さんにももちろんわたしのミスは伝わってしまうし。格好悪いところばっかりだ。

いやー
きついっすね
仕事。。
三年目にてミスばっかり
僕はこの会社に利益をもたらせているのだろうか。
この会社で生きていくことはできるのだろうか。
駄目ですね。

仕事でミスして

怒られてしまった…

うーん、

わたし何やっても

ダメダメだなー

最近、厄年か?と思うくらい、ツイてない・・・仕事でも凡ミスで周りに迷惑かけてしまったし。

▼意外と自分の心はコントロールするのが難しい


Photo by Pixland / Pixland

「落ち込むな」と自分に言い聞かせすぎて、逆に立ち直れないこともあります

自分で自分の気持ちを整理することは簡単であろうと思われます。
ですが「気持ちをコントロールする」ことは、自分が行うことであるにもかかわらず難しく、その上奥が深いものなのです。

暗い気分のまま次のアクションはなかなか取れないものですし、心が落ち着かないままとった選択肢が状況を余計に悪化させることも少なくありません

▼落ち込んだ心を切り替えよう!

人間ならどんなに優秀でも必ず失敗する。誰にでもあることで必要以上に落ち込んでもしょうがないと、気持ちを切り替える

向上の余地があるから、または仕事ぶりを買ってくれているから 怒ってくれたんだと前向きにとらえましょう

失敗したときにストレスを感じたからこそ、二度と同じストレスを感じたくないという欲求が生まれて、同じ失敗を避けるにはどうしたらいいか?と考え・行動するようになる

▼重要なのは、失敗した後のケア!失敗からの立ち直り方


Photo by Image Source / Digital Vision

やっちまったものはやっちまったもので、肝心なのは「ミスを受け入れて更に飛躍する前向きな勇気」


Photo by David De Lossy / Digital Vision

大事なのは、完璧を目指すことではなくて、改善を続けること

悩むべきは「そんなくだらないミスはもうしない!」と決意して、どうすればもっと仕事ができるようになれるのか!?と言うこと

精神論の対策は全くの無意味、何の効果もないそうです。対策は具体的なアクションで、例えば「遅刻が多いから目覚ましを30分早くセット」などであるべき


Photo by Digital Vision. / Digital Vision

ミスを繰り返す一番の原因。人はネガティブになるとミスが多くなる

「ミスをするのは、能力がない証拠」という発想を改める


Photo by Jupiterimages / Goodshoot

「失敗がいい経験になった」というのはあくまで結果論であって、すべての失敗がいい経験になるわけではありません

自分の失敗は他の人に大きな迷惑をかけるという意識を強くもつことによって、仕事でのミスは格段に減らすことができる


Photo by Jupiterimages / BananaStock

自分を客観的に見て、何がいけなかったのか?どうすべきだったのか?今後はどうしたいか?などをねちねちねちねちと分析解析しまくって、ひたすら自分を問い詰め、追いつめます


Photo by Image Source / Stockbyte

暗い場所で暗いことを悶々と考え続けることはあまりおススメできません。
周囲が暗いせいで余計にネガティブなことを考えてしまいますますネガティブになってしまう無限ループにはまってしまう可能性があります。だから、どんなにつらい悩みでも夜になったら考えるのをやめましょう。で、太陽の元でもう一度考え直してみましょう。

思い切って休みをとって、ゆっくり時間を過ごす

どん底気分は案外血糖値の低下によりもたらされている可能性があります。そんな時は、温かいものを食べるか、甘いものを飲むのがおすすめ

哀しいときや辛いときに泣きたかったら思いっきり泣いてください。
でもちょっと立ち直りたくなったら、何でもいいから笑いましょう。作り笑いでもいいし、ネットで面白い画像や思わず笑ってしまう。TVなどを見てみるのもいいです。できる範囲で構わないので、自分で面白いと思うものや面白かったことを思い出して笑ってみましょう。


Photo by Polka Dot Images / Polka Dot

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする