「WOWOW」の人気が止まらない!その勢いは地上波を上回るらしい

「WOWOW」の人気が止まらない!その勢いは地上波を上回るらしい

「WOWOWのドラマ」が注目を集めている

地上波のテレビドラマの視聴率が振るわないなか、WOWOWオリジナルのドラマシリーズ「連続ドラマW」が存在感を増している。

WOWOWは視聴者が支払う月額2300円を元手に番組制作を行う有料放送局だ。現在の加入者数はおよそ280万件。
WOWOWは、NHKよりもさらに規制が緩やかだ。

映画や音楽ライブ、スポーツを中心に、3チャンネルを運営している。映画はもちろん、錦織圭選手の活躍が目立つテニス、海外サッカーも人気だ。

テレ東:時価総額942億で営業利益74億
stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/…
WOWOW:時価総額994億で営業利益98億
stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/…

WOWOWが時価総額と営業利益で上回っていることを、知りませんでした…しかもWOWOW、ちゃんと課金加入者数毎年増えてる。

いまWOWOWでやってるドラマのどうにも悪そうな政治家が、もともと外務大臣の父の秘書をしていて、その次には官房副長官をしていて……みたいな感じで、俳優の演技もやっぱり件の閣下を意識したものになってて、地上波では放送できないよなぁと思うわけです。

NHKとかWOWOWとか、ドラマは有料放送が面白いというこの傾向、一昔前の米国で起こったトレンドみたいだ。当時の米国は地上波でも面白いドラマをやっていたが有料放送が作り始めたドラマの斬新さに注目が集まった⊂((・x・))⊃

地上波民放ドラマは子供にはいいのかもしれないけれど、大人のドラマは少ない。一方、wowowはかなり面白いドラマを作る。今日放送の「再生巨流」も良かったです。再放送もあるみたいだから見てね♪ #wowow http://www.wowow.co.jp/dramaw/saisei/

MOZUの映画の特報が来てた!!伊勢谷さん悪役っぽい。西島さんと伊勢谷さんとかガチで演技しあったらどうなるんだろ。。たけしのラスポス感がもうwww羽住監督もヒット続きだから楽しみです。WOWOWのドラマは面白いの多いね!!地上波と違ってお金あるからとも言えるけどw

民放は「スポンサー」を意識してドラマが作られている

テレビ局と芸能事務所との関係から、特定の俳優・女優が立て続けに出演したり、「4月クール、主演○○」などと枠が先行して決まり、企画を当てはめることもある(もちろん、「この役者でなければヒットしない」という作品も考えられるため、一概に否定すべきものではない)。

視聴者から抗議が殺到すれば、その番組スポンサーのイメージにも傷がつく。そんな事態を避けることが最優先なのだ。

そのほか、多方面で広告を出稿するスポンサー企業への配慮が必要とされ、思い切った企画を実現するのが難しいという事情もあるようだ。

どんなスポンサーが入ってもよいように、車は架空のメーカーの車やエンブレムを用意する。殺害シーンでは、製薬会社に配慮して毒殺は避けるようにする。撲殺も灰皿ならOKだが、ゴルフクラブは使えない。「結局、崖や吊り橋から突き落とすしかなくなってしまう」(岡野プロデューサー)。

ドラマ内で、『電波が悪くてケータイが繋がらないので連絡ができない』という設定は絶対に使えません

一方でWOWOWは「視聴者目線」で制作されている

WOWOWのスポンサーは視聴料を払っている加入者ですから、流行に左右されないドラマ作りが可能です。

ビジネスモデルは極めてシンプル。収入の大半を有料会員からの収入が占める。そのため、コンテンツの狙いは会員を獲得することと、満足率を上げ長期間利用してもらうこと。この二つしかない。

連続ドラマに初めて取り組んだ青木プロデューサー。心に決めた方針は、どんなコンテンツが見られているかを徹底的に分析し、ユーザーに合った作品を提供することだった。

「連続ドラマW」シリーズのスゴさの秘密は、第一になんといってもドラマの題材。これまでにも死刑判決、地熱発電、臓器移植、癌特効薬、遺伝子組換食物、学術研究捏造等々、極めて現代的なテーマをずらりと揃え、大人のための本格的社会派ドラマを確立させたこと。

地上波テレビドラマでは、なかなか扱われない社会的な重厚なテーマ(金融や官僚の世界など)を扱ったドラマも数多く制作されています。
そこは、映画に近いドラマ作りができるWOWOWの大きな利点といえます。

WOWOWのオリジナルドラマは、小説を原作とした作品が基本ですが、なかでも芥川賞・直木賞受賞の人気作家の未映像化作品のドラマ化が大きな魅力です。

WOWOWのドラマは1話1時間の放送ですが、途中でCMが入らない分、地上波テレビドラマよりも実質の時間は長くなります。放送回数は、およそ全4〜9回で完結するためサクッと観られるのも特徴です。

スピーディでスリリングなストーリー展開。全5話で完結する構成は「起・承・転・転・結」と一切の無駄がない。

WOWOWは役者もいい。柴田恭兵や三上博史などが再評価される場にもなった。犯罪者も、捜査側も、ギリギリの人間性が出る犯罪モノは、実力のある役者が腕を見せるんです。WOWOWには役者が能力を発揮できる作品が揃っています

タブーを気にすることなく、リアリティを重視した作品作りが認められ、役者の間でも評判は徐々に広がっていった。ドラマを始めた当初はキャスティングにも苦労したというが、今では「WOWOWドラマに出たい」という役者の声は着実に広がっているという。

まだまだWOWOWは成長し続ける

「地上波では絶対にできないもので、ネット配信にも負けない、長期で見られる作品を作りたい」(青木プロデューサー)、「NHKの朝ドラのように、登場人物に会いたいと思って見てもらえる、目玉キャラクターを生み出したい」(岡野プロデューサー)。

Sorry, comments are closed for this post.