ついに西武が本気を出した?!本拠地や若獅子寮が180億円大改修

埼玉西武ライオンズの本拠地の大幅リニューアル構想が発表された。埼玉県所沢市に本拠を構えて40周年を記念してのボールパーク化や若獅子寮の改修などの構想に期待する声が高まっています。

▼西武ライオンズの本拠地が180億円をかけて大改修へ

【西武】180億円かけ本拠大改修 VIPラウンジ設置や若獅子寮&室内練習場新築 dlvr.it/Q17n4l #npb #プロ野球 pic.twitter.com/lDL1Ru9Jqt

プロ野球埼玉西武ライオンズは所沢市に本拠地を構えて40周年となる来年から過去最大規模となる180億円をかけ、メットライフドームや周辺の改修などを行うことを発表しました。完成は2021年の春を予定しています。

「ボールパーク化」と「チーム/育成の強化」、2つの観点から、180億円規模を投じて、改修計画を進める。

西武ドーム180億円改修⑧

室内練習場、若獅子寮の新設

・50m×50mの室内練習場、ブルペン、バッティングレーンを新設

・4階層の若獅子寮を併設、トレーニングルームなど完備 pic.twitter.com/Hmea4lVr0i

今回、西武は過去最大となる180億円規模となる改修を実施する。ドームエリアでは12球団最大級、約430人収容のネット裏VIPラウンジ新設、ラウンジ最前列に砂かぶり席約150席を設置する。また、外周エリアの拡張・獅子ビルリノベーション、子ども広場の設置・オフィス棟の新設、ドーム前広場の刷新、観客席の全面改修、大型ビジョン・音響・照明施設の刷新、暑さ対策、スマートスタジアム化の加速などを行っていくという。

新設する室内練習場は50メートル×50メートルの広さで、冬季、雨天、夜間などの練習において十分な練習スペースを確保。また、ブルペン5レーン、バッティング4レーンを併設し、同時に投球練習と打撃練習ができる場を用意する。

・球場のボールパーク化は現在の球界のトレンド

何かコボスタ色々凄いね昔来たのが創設1年目と確か2年目に1度ずつだから洗練された球場になっててびっくりまさにボールパークて感じ。人がまばらで少年が打てるよ〜って可愛い応援してたのが懐かしい pic.twitter.com/J0YJ3GuFww

初のマツダスタジアム!ボールパークって感じ! pic.twitter.com/zG7SZKaR9K

バーベキューができる場所もあります。

▼西武の若手の寮である「若獅子寮」の老朽化は以前から問題視されていた

・ドラフト指名前の面談で清宮幸太郎の父も指摘していた若獅子寮の老朽化問題

この名物ショットが見られるのも
あと数年なんだね pic.twitter.com/wu585XvmZ2

渡辺久信シニアディレクター(SD)は「ウチの2軍の施設を見学したことがあるらしく、『今もあのままなんですか? 施設の改善はいつになりますか?』と質問があった。こちらが『議題には上がっています』と答えたら、苦笑いされていた。親としては息子が過ごす施設は気になりますよね」と明かした。

【朗報】西武寮&室内練習場新設へ 来年6月着工21年完成予定 blog.livedoor.jp/nanjstu/archiv… : なんじぇいスタジアム@なんJまとめ pic.twitter.com/LLx0K4qTB1

メットライフドームに隣接する若獅子寮は、1981年1月7日に完成し築36年と老朽化が進んでいる。

これまでも選手会から改善の要望が出されるなど、懸案事項となっていた。

かねて後藤オーナーも「客観的に、寮も雨天(室内)練習場も大分年数がたっているのは事実。私も問題意識として持っている。もちろん、きちっとやっていきます」とし、建て替えを前向きに進めていく考えを示していた。

・その若獅子寮が大幅リニューアル!

若獅子寮は、室内練習場に併設し、4階層の寮として新設。選手用の部屋を28室用意し、トレーニングルーム、温浴施設、食堂も完備するなど、若手が野球に集中できる環境を整備する。

なお、若獅子寮、室内練習場は2018年6月頃に着工、2019年6月頃に完成予定。その後、現在の若獅子寮、室内練習場を撤去し、サブグラウンド、第二球場の工事に取りかかる予定だという。完成は2020年の秋ごろの予定。

後藤高志オーナー(68)は「30周年のときに大きな志を持ち、3年前ぐらいから具体化してきた」と説明した。

▼西武ライオンズ40周年企画が発表された

【西武】四季折々の風情が楽しめるボールパークへ…メットライフドームエリアの改修イメージ図
full-count.jp/2017/11/15/pos…
#seibu pic.twitter.com/kqauENdGJp

平成30年4月17日には球団初となる東京ドームでの主催試合を実施し、その際に16~20年まで着用して2度日本一に輝いた際のユニホームを着用して試合に挑む。同ユニホームは30年6月29日~7月1日のメットライフドームの試合でも着用する。また、通常時のユニホームには左袖に40周年記念エンブレムをデザインするという。

秋山選手は「僕たち選手がやりやすい環境を作っていただくことに喜びを感じています。」と話し、菊地選手は「子どもたちが野球をはじめたり西武ライオンズの選手になりたいという夢を持つようなすばらしい球場になるのではないかと感じている。」と話しました。

▼西武ライオンズがついに本気を出した?とTwitterでは話題になっていました

何かわからんが西武が本気出してきた #seibulions

実家の親父から電話かかって来て、西武球団の本気度について熱く語り合ってた←

40周年の資料読んだけど、すごいな、これ。B駐は無くなるということかしら。1/3ぐらいは残ってる感じだけど。C駐のチケットは争奪戦になる予感。
でも、選手には環境良さそうでよかった。寮に出入りするのは大変そうだけど。
西武の本気が… twitter.com/i/web/status/9…

…西武の本気が見れて感無量です。
サブグラウンドって、スキー場潰すのかな

西武の大規模改修事業の180億円ってどっから出てくるんだろ
牧田もまだメジャー確定した訳じゃないし
西武ホールディングスが球団経営に本気を出せばその位のリソースは割けるという事か

西武のボールパーク構想あのレベルで実現したら胸熱だわ

読めば読むほど、40周年記念事業らしいファンにも選手に対しても素晴らしい大改修

西武 本拠地“ボールパーク化”、若獅子寮新設など180億円規模改修…2021年春完成へ(ベースボールキング) – Yahoo!ニュース… twitter.com/i/web/status/9…

西武ドームもハマスタも夢がある。ファンをワクワクさせてくれるボールパークへ。いいぞ、野球界!名古屋もがんばろう! headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-…

コボスタ楽しいっすよー!球場メシも美味いし豊富だし。西武ドームって噂では良く聞くけどホントに夏は暑くて冬は寒いんですねw / “西武ライオンズが180億円をかけてドームや周辺を改修してボールパーク化。しかしまず蒸し風呂状態を何と…” htn.to/NnxHMh

西武ドームエリア180億円改修のニュースで、「ボールパーク化」「若獅子寮など育成環境の改修」がやっとこさ実現の運びとなった中で、「完全ドーム化」「交通の便改善」にまで言及するのは酷だと思うんですよね、まずは先の2点を実行するってところを評価したい。

とりあえず私たちの夢と希望に180億という莫大な投資をしてくれてありがとう西武HD。ついに本気を見せて黙らせましたね。計画見ただけでワクワクが止まりません。

▼西武ライオンズ40周年記念事業についてはこちら

▼その他の過去の野球場の話題はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする