ウォーレン・バフェットとは

ウォーレン・エドワード・バフェットは、アメリカ合衆国の投資家、経営者、資産家、慈善活動家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。

ウォーレン・エドワード・バフェットは、アメリカ合衆国の投資家、経営者、資産家、慈善活動家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。大統領自由勲章を受賞している。

半世紀近くの長期にわたり高い運用成績を残し、
フォーブス長者番付では四半世紀以上ベスト10に入る、
希代のマネースペシャリスト

パークシャー・ハサウェイは、アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハに本社を置く世界最大の持株会社

6歳で商売を始める

祖父からコーラを6本25セントで購入し、それを1本5セントで売ったり、ワシントン・ポストの配達のアルバイト、ゴルフ場のボール拾い、競馬の予想新聞の販売などを行っていた

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業

アメリカの大富豪であり、「投資の神様」と言われているウォーレン・バフェットは、
1歳にも満たないときに父親が失業し、平凡な成績で少年時代を過ごしていましたが、
なんと6歳で商売を始め、11歳で投資デビューを果たしました。

バフェット13歳で税金を納める

1943年には自転車を仕事の経費として控除し、13歳で初めて所得税を申告した

友人と1台25ドルで購入し、それを理容店に置くという商売で成功

高校3年のときに友人と中古のピンボールを1台25ドルで購入し、それを理容店に置くという商売を始めた。この商売は成功し、最終的には週50ドルの利益を稼ぎ出すまでになった。その後、この事業を退役軍人に1,200ドルで売却した。

好きなことをとびきり上手にやることだ。お金はその副産物にすぎない。

事業の内容が自分にとって複雑すぎる分野には手を出さない

事業の内容が自分にとって複雑すぎる分野には手を出さないため、基本的にハイテク分野の企業などには投資をしていないがIBMとアップルには高配当からか投資。長期的な業績を計るためには、ブランド力や価格決定力を持つことを重視している

ウォーレン・バフェットからは一番多くのことを学んだかも (ビル・ゲイツ)

買うのは企業、株ではない。

投資家、経営者として名を馳せるバフェットだが、彼の言葉には、あらゆる職に就くビジネスパーソンの心を揺さぶるパワーがある。本書は、バフェットの名言を厳選収集、一冊でその叡智に触れられる本。マネー感覚から成功のコツ、情報や時間の使い方、人間関係の築き方、震災後の日本へのメッセージまで、幅広いテーマの言葉を整理してまとめた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする