ZOZOTOWN社員が働く環境が超絶ホワイトすぎる…!

大手ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの労働環境が良すぎると話題になっています。

■絶大な支持を得ているファッション通販サイト「ZOZOTOWN」

ファッションの通販サイトは数あれど、他の追随を許さぬ強さを見せつけているのが「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」です

定番からトレンドまでそろう豊富なアイテム数が魅力で、20~30代を中心に幅広い人気を誇っているファッションショッピングサイト

「ユナイテッドアローズ」や「ビームス」、「ギャップ」といった人気ブランドを数多く取り揃えた通販サイトとして人気を博しています

■ユニークな支払い方法でも話題となっている

独特な決済方法として、注文から最大2か月後に支払いをすれば良い「ツケ払い」が人気を呼んでいる

昨年11月にツケ払いのサービスを開始しましたが、1年も経たないうちに利用者が100万人に達しました

購入商品の支払いを最長2カ月遅らせる「ツケ」が可能で、入金前に商品が手元に届く

■そんなZOZOTOWNを運営しているのはスタートトゥディという会社

社長自身が元ミュージシャンという異色の経歴であり、自身のライブの会場での物販スペースで、趣味で集めていた輸入レコードやCDを販売したことが起業のきっかけ

「想像(SOZO)と創造(SOZO)の行き交う街」というコンセプトがZOZOTOWNの名前の由来

社長の前澤友作さんがモデルの紗栄子さんと交際を発表したり、また世界長者番付にランクインするなど、芸能面でも有名です

■働く環境もとってもユニークだった

カジュアルでラフなオフィス

スタートトゥデイの本社に足を踏み入れると、まず目につくのはTシャツ、スニーカー姿の若い社員たち

平均年齢30歳ほど、ストリートファッションに身を包んだ「部長」や「本部長」など、200名以上が仕切りのない大部屋に席を並べる

会議室や廊下には現代アートが飾られ、オフィスはさながらポップなミュージアム

給与は全社員一律!?

ボーナスが全社員一律、階層が同じならば給与も全員同じ、という制度をとっている

違うのは役職給だけで、どれだけ働いてもサボっても、同じ給料がもらえるという給与制度のもとで働いている

いい時はみんなで分け合うし、悪い時は共同責任という考え方

給料一律で社内競争を排することで、社員にはお客をどう喜ばせるかを考えることに時間を使ってほしい。そんな社長の想いから始まった

就業時間は1日6時間

2012年の5月から、昼休みをとらずに9時から15時まで働き、そこで仕事を切り上げて帰っていい、ということにしている

最短時間で最高のパフォーマンスをあげることでさっさと仕事は切り上げて、遊びや趣味で刺激を受けてほしいとの社長の狙いがある

ランチタイムなしで6時間集中して仕事をするほか、無駄な業務の見直しなどで効率改善をはかっており、労働時間を4分の1もカットしたのに給与は従来通り支給されています

■それでいて業績はまさに、うなぎのぼり

時価総額1兆円超えた。思わずスクリーンショット。親に送ろっと笑。もちろんお世話になっている人たちにも。やったねスタートトゥデイのみんな!ただ、まだまだこれからやぞー pic.twitter.com/XhABglIkFR

スタートトゥデイの17年4〜6月期決算は、商品取扱高が前年同期比40.9%増の595億円、売上高が同39.4%増の214億円、営業利益が同59.3%増の79億円、純利益が同54.5%増の55億円で、増収増益

アパレル業界はかつてない不振にあえいでおり、そのなかで同社は羨望のまなざしを集める存在だ

■社員同士の不毛な競争なし、6時間労働…理想的な職場かも

6時間労働で私服で働ける。。ゾゾタウンで働きたい人生だった

ZOZOTOWNに転職したい…
3時上がりとか最高やんけ…
しかも今の会社より給料もいいんだろうなぁ。
それでいて5時間も早く帰れるとか…ホワイト過ぎるわ…

スタートトゥデイの経理募集いいなー。

6時間勤務とかサイコーやん

ちょっとZOZOTOWNに就職してくる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする