【20代必見!】仕事の悩みランキングベスト5を発表します

仕事の数は星の数ほどあれど、よくある悩みの種類はある程度決まっているものです。年代によっても傾向があるようですが、今回は20代がよく感じるであろう仕事の悩みと、その対処について考えてみます。

仕事の悩みは人によって様々…

悩みの対処法をきっちり学んで、ストレスの無い仕事をしましょう!

■では、20代の仕事の悩みランキングを順番に見てゆきましょう。

第5位:思っていた仕事と違う!

入社して、すぐに活躍している自分の姿を描いていたものの、実際は裏方やサポートをするような仕事ばかり。もっと大きな仕事、すぐに活躍できるような仕事がしたいのに・・・

おそらくあなたがやりたい仕事は、今よりももっと責任の大きな仕事、あるいはもっと技術や能力を高めていける仕事なのではないでしょうか。

単にやりたいと望むだけではなく、それだけ会社や周りの仲間・チームに対して貢献しているか?を考えると良いかもしれませんね。

信頼を得るために改善できることは・・・

・どんな仕事でも、頼まれたことは100%以上の仕事をする
・やりたい仕事を任されるために必要なスキルを徹底してマスターする

第4位:先輩や上司との人間関係がうまくいかない

職場は学校ではありません。
好きな人とだけ友達になり、合わない人とは接点を持たない…仕事の場ではこうも行かないことのほうが多いハズです。

ピーター・ドラッカーは、「コミュニケーション能力で良い人間関係が保てるわけではない、貢献に焦点を合わせることで、良い人間関係が保てる」と言った。

一緒に働く人間と仲良くする必要は全くない。一緒に成果を出すことが良い関係を築く条件だからだ。社内の人間関係に気を取られている人間は、要するに仕事をしていないのでヒマなのである。

仕事がより捗るような人間関係を第一に作りたいですね!

社内の人間関係に気を取られている人間は、要するに仕事をしていないのでヒマなのである。

なかなか厳しい意見ですが、確かにそうかも…?

第3位:空回りして迷惑をかけている

仕事ができないと嘆いたり、あれこれ考えすぎたりしないで、自分自身を見つめ直しましょう。

仕事を覚える早さは人それぞれですから、仮にあなたの覚えが遅いとしても気にする必要はありません。

仕事ができないと悩んだり、あれこれ仕事ができない言い訳を考えたりする時間があるなら、仕事をしましょう。そして、真摯に仕事と向き合いましょう。実は、これ以外に仕事ができるようになる方法はありません。

第2位:仕事のミスが多くて自信喪失

自信を取り戻す方法をご紹介します。
ポイントは、失敗したときの考え方と自己肯定です。

第1位:仕事が覚えられない

社会人になると、仕事のスピードも業務量の要求も増えるため、どんどん焦ってしまうという負の連鎖に陥ってしますのです。

仕事が覚えられない人にありがちな特徴とは…?

メモを取ろうとしない

自分の記憶力にそんなに自信があるかどうかは分からないですが、メモを取らない人が多いです。全ての仕事を覚えられるわけがないので、自分の実力を過信しないようにしましょう。

物事を覚えるのが苦手な人は、言われたことをまずメモすることが肝心です。しかし仕事が覚えられない人たちの多くは、メモを取る事すらしない場合が多いのです。ここが最初の難関です。なぜメモを取らないのか。自信過剰だからか、メモを取る事すら分からないのか。どちらかで原因も対処法も変わってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする