地域活性化!商店街イベント事例と豆知識

商店街をつくるための取り組み事例・豆知識・グッズを紹介します。

●地域活性化(商店街)の為に出来る事

商店街活性化とは
商店街が「地域コミュニティの担い手」として行う地域住民の生活の利便を高める取組を支援することにより、地域と一体となったコミュニティづくりを促進し、商店街の活性化や、商店街を担う人材対策の強化を推進するための法律として「地域商店街活性化法」があります。

初めてのイベント企画、迷ったときに意識すべき3つのポイント!

商店街イベントの成功に必要な要素とは
商店街振興イベントでは100円商店街やまちバル、まちゼミといった取り組み事例が有名です。
特にバルイベントなどは皆さん参加されたことがあると思います。
今回はこういった商店街イベントを成功させるために必要な3要素についてお話をさせていただきたいと思います。

●東日本大震災からの復興・商店街の活性化

かつての町の中心地に震災後8.3mほどかさ上げされた高台の造成地、国道45号線と国道398号線が交差する志津川地区に本設としてオープン。
リニューアルしたさんさん商店街は、日本を代表する建築家“隈研吾氏”監修のもとで設計されたものです。

南三陸杉を使用した平屋6棟に、飲食8軒、生活関連7軒、鮮魚店5軒、菓子3軒、理美容2軒、葬祭関連1軒、コンビニ1軒、産直施設1軒、計28店舗で構成されています。

震災被害にあった南三陸、地元のダンススクールによる記念イベントです。

「東北六魂祭」は、東日本大震災からの復興支援を目的として2011年にスタートした復興祭で、初年の仙台市を皮切りとして東北6県の県庁所在地で順次開催され、2016年の青森市開催で一旦幕を閉じました。
その六魂祭が、コンセプトを一新して再び帰ってくるようです。東北六魂祭実行委員会は、六魂祭の後継イベントとなる「東北絆まつり」を、6月10日、11日に仙台市で開催することを発表しました。六魂祭と同様に東北6県の主要なお祭り(後述)が参加し、各県の県庁所在地(仙台市、盛岡市、福島市、山形市、秋田市、青森市)を巡る予定とのことです。

熊本城から坪井川を渡ったL字型に続くアーケード街をメインに広がる熊本市中心部の商店街。1日3万人の来街者を誇る熊本県内随一の繁華街が、震災にみまわれ半年が経った。その復興活動の中心となっている熊本市中心商店街等連合協議会(中商協)の取組みと、所属する商店街それぞれの想い、連携のかたち、そしてめざましい復興の軌跡を辿る。

●ご当地(商店街)でしか味わえない「食」でイベント企画

ご当地グルメは目的か手段か
食のブランド化による地域活性は資本が少なくても比較的始めやすい。B-1 グランプリをはじめ、さまざまな食のイベントを通してまちおこしに成功した例も多数あります。

自然・食・文化の面から若狭路を満喫してもらいます。観光振興はもちろんのこと、地域住民参加型のイベントとしての側面も重視して、健康増進、体育振興も目的に据え、若狭路を代表するイベントとして形成することをめざしています。

ラン!スイーツ!仮装!我を忘れて楽しめるマラソンイベント
「海」「山」「湖」、風光明媚な素晴らしい自然に恵まれた若狭路。また、縄文時代から先人にこよなく愛されてきた、生活しやすい、食材の豊富な若狭路。そんな若狭路の中でも一番ドルチェ店が多い敦賀市をメイン会場として、マラソンを楽しみながら美味しいドルチェを楽しもうというイベントです。
地域住民参加型のイベント!

商店街のグルメ・スイーツの情報が満載のイベント!

毎月第一日曜に開催される大垣駅前商店街のイベント「元気ハツラツ市」
大垣界隈の絶品フードから女子が大好きなスイーツ他、
ステージイベントなどなどが満載。

「食」イベントレンタル!

●スポーツイベントで地域・商店街に活気を!

スポーツから、地域の未来を考える
スポーツには、「競技する人」「応援する人」「サポートする人」「教える人」と、たくさんの人が関わっています。様々な立場の人がそれぞれの観点から「スポーツ」を楽しんでいます。2020年の東京オリンピックを目前に、スポーツの「人を巻き込む」という側面を利用して地域活性化に活かそうという活動が日本各地で起こっています。

東京ヤクルトスワローズの選手OBや球団マスコットが、商店街などが行っている手作りイベントに参加しています。ヤクルト球団は、神宮球場近隣地域「地元」を大切にしたいと考えています。

「スポーツで、街をキレイにする!」

スポGOMIは、企業や団体が取り組む従来型のごみ拾いに、「スポーツ」のエッセンスを加え、今までの社会奉仕活動を「競技」へと変換させた日本発祥の全く新しいスポーツです。

スポーツイベントの便利サイト!

スポーツ用途はもちろん、イベントや法人、団体内外で、アイデア次第で色々使えるビブス。

運動会・スポーツイベント関連グッズ|イベントのプロがおすすめする-イベントグッズ★スマイル館

スティックバルーンで応援を盛り上げよう!
応援グッズ・スティックバルーン・メガホンをはじめスポーツを応援するグッズを取り扱っています。

●地域の仕事を知ってもらう職業イベントで活性化

地域活性化の鍵はこどもたち!商店街でリアルな職業体験を!
子どもたちの職業体験イベント
「リトルアキナイ」を行って商店街を元気にしたい!

黒崎こども商店街は、こどもたちが実際のお店に参加しながら、お仕事や買い物を体験するイベントです。
おとなの仕事を体験し、ふれてみる事で主体性や協調性を引き出し、
その経験や体験から、こどもたちの夢を応援するイベントです。

こどもっちゃ!商店街
《ALSOK(綜合警備保障)(アルソックそうごうけいびほしょう)》職業体験!

こどもっちゃ! 商店街
子供たちが、いろいろなお仕事を体験。

●地域活性イベントと言えばフェスやお祭り!

「日本の祭り」を通じた地域活性化
ダイドードリンコは、「祭りを通じて地域の絆作り、活性化に役立ちたい」「日本の民俗文化を映像として後生に伝えたい」「地域を愛する人々の想いを全国に発信したい」「日本の民俗文化の価値を高めたい」との想いから、全国各地に伝わる祭りを応援し続けています。
全国の祭りを通じて地域の魅力を広く紹介するため、生命力に満ちた祭りのエネルギーや、人と人とのつながりなど、純粋な感動をリアルに伝え、それぞれの祭りの歴史やその姿を映像や資料として保存していく取り組みを行っています。

5月のイベント「蒲田西口商店街ファミリーカーニバル」

地域の皆様への感謝を込めて、商店街の店主らが一丸となって盛り上げるゴールデンウィーク恒例のイベントが開催されました!
2017年は駅前広場の改修工事に伴い、商店街の中を活用した各種パレードを中心に展開♪

ランドフェス vol.4 高円寺北中通り商店街
街をぶらり歩きながらライブとの出会いを楽しむランドフェス
今回の舞台は高円寺北中通り商店街!

お祭り・カーニバルなどのイベントアイテム

インパクト抜群のエアブロードールはイベント会場や店頭に最適!!
巨大なジンベエザメや可愛いシロクマ、南国風のトロピカルアーチでお客様をお出迎え!
縁日&お祭り向けの射的ゲームやヨーヨー釣り♪イベントグッズ

オリジナルのノベルティでもっとお祭りを盛り上げよう!

少子高齢化の影響もあって、地方では若者が減少するなど社会問題となっています。
「地域活性化」「地方創生」は今後、ちほうでの大きな課題のひとつです。
解決策の一つとしてお祭りやフェスなどイベントでの地域活性化があります。商店街や自治体での身近な地域活性化の成功事例も多く今後の参考にしてみてはどうでしょうか!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする