【一人で完結】人間関係に疲れた時におすすめな仕事まとめ

下手すれば仕事よりも人間に疲れてしまう・・・そんな時でもお金は必要です!ここでは人に会わなくても完結できる仕事を集めてみました!

誰かに干渉されるのが嫌な人

誰かに干渉されたり、
誰かにいじめられたり、
ストレス発散されたり、
土足で踏みにじられたりと誰かが居ることで起こる問題。
それは小さなものから大きなものまで誰にだってありますよね。
でも積み重なってしまって「あああああ!」って逃げ出したくなる時が人生にはあります!
でもお金がないと生活は出来ない。そんな時一人で完結できる仕事にジョブチェンジしてみるのも。
意外にあう人はずっと続けてしまう人も居ますよ!

こういう時ってでも理屈じゃないんですよね(笑)

1人事務

最近は事務員を少なくしているので、こういった所が多いです。
しかしなかなか求人は出ません!だってみんな辞めないから・・・。
仕事はというと、困った時にすぐ聞けない。
1人だと変な人が来た時に怖い。
電話ラッシュなどが困る。
などですが、基本はマイペースに仕事できて誰にも合わせなくていいので気が楽。
仕事もそうですが、掃除も全部しなくてはいけないため「おかん」要素も必要かも。。。

当然のことながら、単純に伝票の整理だけで済むような事務であることはまずありません。経理に総務、電話応対からお茶汲みに来客対応と、マルチ事務員であることが求められるのが『一人事務』なのです

「小さな職場の事務員さん」のような、基本その仕事を担当するのが自分一人…という職に就いた場合も、ちゃんと引き継ぎがなされていないと、地獄の日々が待っていますね。

かなり細かい事まで求められるですからね!

内職

人間関係に疲れたあなたには適職かも。
1人で考えながら無心に同じことをこなしていくという事がリハビリになったりもします。
内職にも色々あり、封筒にチラシを入れていくものやリボンを結んでいくものも。
職安に聞けば持っている場合もあるので、まずは職安に聞いてみることも大事です。
しかし結構制限があり、扶養家族である事や働けない理由が必要な事もあるので事前にチェックしておきましょう。

一言でシール貼りの内職といっても、貼るシールの種類、何に貼るかは仕事によってさまざまです。
代表的なシールの種類を挙げると「値札」や「バーコード」、「宛名」、出版物に貼る「訂正」シールがあります。

延々とシール張るのも楽しそうですね!

クラウドソーシング

ランサーズやクラウドワークスなどが主流ですね。
タスクから初めて文章を書く事から、システムやデザインなど色々あります。
システムやデザインは安くあげることができるという思いでクライアントが来ているので、値段も叩かれて要求が激しい事も。
反対にとっかかりやすいライターは元が安いので、そんなに要求されない事も。
安いのに要求が激しい人の仕事はしなければいいだけですからね。
自分で勉強すれば単価が上がっていく事もあります。

同調査で、「現在、在宅ワークで得ている税込み年収はいくらぐらいですか?」と質問をしてみると、全体でもっとも多かった回答は20.5%が選択した「20~50万円未満」という結果に。
次いで、19.7%は「100~200万円未満」、14.6%が「10万円未満」と続きます。
年収で50万円だとすると、月収にしておよそ4万円という結果に。
ちなみに、平均額は118.8万円でした。

それでも家から出なくてもいいのは羨ましいですよね・・・

需要が多く、案件ごとの単価も高いため、在宅ワークの中では最も稼げる仕事と言えます。
また、自分で作ったプログラムで、システムが作動することを確認した時の達成感も格別。アプリ開発に携わるママさんは、お子さんに「ママが作ったアプリだよ」と伝えることもできます。
稼げるだけでなく、ものを作る喜びも、実感できる仕事です。

プログラムだと結構いけます!

他にもココナラで占いや、ミンネで手芸を売ったりと軌道に乗り出すまでは大変ですがいい評価がつけば転がるように売り上げが上がります。
資格を取れば、お菓子だって焼いて販売できますからね。
ちなみによく買ってます(笑)

新聞配達

朝早いのがデメリットですが、時間が時間だけに誰にも会わなくていい。
そして黙々と配達する新聞配達。
配達だけでなく、広告を入れる仕事も入れば結構な額になる事も。もちろんその分配達数は上げなければいけないですが。
皆が出勤する時間にはすでに仕事を終えて帰れるのもメリットです。
デメリットは寒い、暑い、雨の日なんかでしょうか。

朝刊なら早朝、といってもほとんど夜中からの出勤で午前中には終わる。夕刊は午後からの出勤で数時間といった具合だ。給料は比較的安いしあまり効率のいい仕事とも言えないが、夕刊のみや朝刊のみを募集しているところもあるので自分の都合とうまく合えば安定した仕事でもある。

新聞配達の仕事は配達だけではありません。まず早朝に出勤して新聞に入れるチラシを用意、新聞が届いたらチラシを挟み込み、雨の日はさらにビニールかけを行います。 そして配達となりますが、楽しみにしているお客様のために、決まった時間にお届けする責任があるので、規則正しさが求められます。
配達はスクーターを使うことが多く、慣れないうちは大変かもしれませんが、すぐに慣れる人が多いようなのでがんばりましょう。

バイク、もしくは自転車です。
バイクに乗れると数がさばけるので必然的に給料が上がりますよ!

ピッキング

商品を探して箱に入れる、そして発送。
よく通販などで納品書に名前が書いてあったりハンコが押してあったりしますよね。
あれです!
基本的に人とあまり関わらないので一人で仕事したい人はおすすめです。
後は体力が必要ですが(歩き回るので)2.3日すれば慣れます^^そして健康にもいいので心身ともに元気になれる事間違いなしですね。

「ピッキング」とは、伝票や指示書にしたがって倉庫などで商品や製品を取り出していく作業のことです。
会社によって、ピッキングする商品はいろいろあります。本、CD、衣料品、日用雑貨や、食品、酒類、生鮮食料品など。ピッキングする商品の違いが、そのまま作業の違いになっています。

自分の好きなモノだったら最高のなのですが。

「摘み取り」という方法です。これは、カゴや箱を持つかカートなどを押して、倉庫内を動いて必要な商品を次々にピックアップしていく方法です。もう一つは「種まき」という方法です。こちらは倉庫内の棚ごとに担当者がいて、ベルトコンベアなどで流れてくる箱やカゴに指定された商品を入れていく方法です。

どちらがいいんでしょう??

警備員

ビルに立ってる警備員だと社員とあいさつ位で済みます。
立ち仕事なので足は疲れるかも知れませんが、考えることは『自由』です!
病んだ心のリハビリと思って、いろんな無駄な事を考えましょう。
昔好きだったお菓子トップ3!とかを考えてみるのも(笑)できるだけお金を使わずに生活してみる事を考えたり、収納方法を考えてみるのも。
※仕事はしっかりしてくださいよ※

コンサートやイベントなどの警備も含まれるが短期的な警備はアルバイトなどで募集していることが多い。

単発もいいですね!
コンサートだと無料で効けるってメリットも。

工場内作業

昔丸ごとバナナのバナナの皮を延々と向くアルバイトがあったそうですが今もあるのでしょうか?
ヤマ〇キパンなどが有名ですよね。
結構同じことを繰り返すのはリア充にはきついですが、病んでる時にはいいリハビリになります。
他にも食品系は常に募集していると思うので期間限定ででも行ってリハビリしてみるのも。

工場系のバイトって会話しなくていいイメージあるけど、私が行った所は違う。
完全なライン作業では無くて、一つの作業をやりつつ、様子を見ながら違う作業もやっていく…という、空気読みつつの連携プレーをしなければいけない!

この連係プレーがまた学生時代の部活に通じるものがあって終わる頃には辞めたくない!と思うかも(笑)
ジワジワきますよ!

正社員として採用される場合は機械などのオペレーションも覚えないといけないし、工場によっては夜勤などあるが、未経験でも十分採用される職場だ。

病んでる時は寝るべし

ちょっと元気になった時。
病んでしまった時は思いっきり眠るに限ります!
寝て、起きて、食べて、ダラダラしてを繰り返すことで自然にやる気になってきますからね。
寝る、リハビリ程度の仕事に行く、復活するという順番で元気になっていきましょう!

実は、目というところは人の精神性をよくあらわしています。
 
目は脳が外に露出した唯一のところなのです。
 
脳の状態 = 心の状態です。
 
いくら笑ったとしても決して幸福にはならないような類いの笑顔です。

目が死んでる時は無理しない!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする