ついに配偶者控除150万可決!!!つまりどうなるの?

配偶者控除がついに150万円に可決しました!!つまりどうなるの?いくらまで稼げるの?気になるのでわかる範囲で調べてみました。

配偶者控除がついに150万円に可決しました!!
つまりどうなるの?いくらまで稼げるの?
気になるのでわかる範囲で調べてみました。

そもそも配偶者控除とは?

納税者に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを配偶者控除といいます。

うん難しい(笑)
所得が少なかったり専業主婦で収入がない人を扶養していたら、優遇してくれるということみたいですね!

どうしたら控除が受けられるの?

配偶者控除を使うことのできる人は、その年の12月31日現在で以下の4つの要件すべてに当てはまる人が対象です。

民法の規定によるいわゆる配偶者である(内縁関係の人は不可)。
納税者と生計を一にしている。
年間の合計所得金額が「38万円以下」である(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)。
青色申告者の事業専従者として1年間一度も給与の支払を受けていない、白色申告者の事業専従者でない  (例えば個人事業主の夫などから給料を受けている妻のことなどです)。

 その年の給与収入が103万円以下であれば、給与所得控除額65万円ですので、これをを差し引くと、合計所得金額が38万円以下となり、配偶者控除が受けられます。

(例) 給与収入が95万円の場合

給与所得=給与収入-給与所得控除=95万円-65万円=30万円
この場合、合計所得金額は38万円以下ですから、配偶者控除が受けられます。

つまり収入が決められた金額内でしたら配偶者控除が受けられるんですねー

配偶者控除150万になったらどうなるの?

これまで配偶者の年収は103万円以下であれば、38万円の控除を受けることができていたのが、150万円以下と大幅に拡大しました。

配偶者の年収が201万円以下までは、控除を受けることができますので、パート世帯にとっては、一部、減税額が拡大することになりますね。

これってすごくないですか??
103万から150万に大幅に拡大したんですねー

新しい配偶者控除は結局どう変わる?

<現在の配偶者控除で考えた場合>
まず現在の配偶者控除で考えてみましょう。
配偶者控除は、妻の所得が38万円以下なら、夫の所得から一律38万円を控除することができます。

妻の年収は103万円の場合、妻の所得は38万円(給与収入103万円-給与所得控除65万円=所得38万円)となるので、夫は配偶者控除を受けることができます。

夫の年収は500万円、所得は346万円(給与収入500万円-給与所得控除154万円=所得346万円)となるので、この所得から配偶者控除38万円を控除することができます。

<新しい配偶者控除で考えた場合>
改正されれば、年収103万円という基準が150万円(所得で85万円)にアップされます。
つまり、今より働いて収入を得ても配偶者控除は受けられることになります。

仮に妻の年収が103万円から150万円に増えたとすると、年収は今より47万円アップしますが、配偶者控除は変わらず受けることができることになるわけです。

いやまさにパワーアップですね!!

「103万の壁」はまだある?

無くなったって言ったじゃん。というお話ですが、妻の収入が103万円(100万円)を超えると所得税(住民税)が課税されることには変わりはありません。ただし、超えた場合でも税負担は超えた金額に対してかかります。
ご主人は配偶者控除が利用できます。

なお、一部の企業では配偶者手当(家族手当)の支給条件を、配偶者に所得が38万円以下としていることがあります。この場合103万円を超えた場合、夫の手当がカットされる可能性があります。
こちらはそれぞれの企業の制度なのでお勤め先に確認するしかありません。

ここらへん難しい…

「106万円の壁」って何?

こちらは2016年10月に設定された新しい壁です。

1)週の労働時間が20時間以上
2)賃金月額が月8.8万円(年106万円以上)
3)1年以上の使用されることが見込まれる
4)従業員501名以上の勤務先で働いている
※ただし、学生は除外する。

上記の条件を満たした場合はパートであっても社会保険に加入させなければならないという新ルールです。

これ初めて知りました!(笑)

「130万円の壁」

妻の収入見込みが130万円を超えると、夫(第2号被保険者)の社会保険上の扶養から抜けなければなりません。

この場合は、第1号被保険者として国民健康保険+国民年金に加入するか、パート先の社会保険に加入して第2号被保険者となりるかのどちらかとなります。1か所のみのパートの場合、年130万円なら月10万8千円、時給1000円としても108時間勤務となるわけですから、社会保険の加入条件は満たしそうです。

なお、第1号被保険者となる場合での負担額を試算しましょう。
国民健康保険料は自治体によって異なりますが年収が130万円なら月額5,000円程度、国民年金保険料は16,260円(平成28年度)です。合計すると月間で21,000円ほどで、年25万円の負担増となります。

つまり、130万円超150万円くらいまでのパート収入になる場合は130万円未満にパート収入を抑えたほうが逆にお得という逆転現象が起こるわけです。

結局150万になっても130万超えたら社会保険料の負担が出てくるということですねー
何だか個人的に衝撃を受けました。

配偶者控除改正はいつから??

2018年1月より配偶者控除が改正される
一時は廃止も議論されていたようですが、配偶者控除が変更となります。

<<2017年まで>>
所得が38万円以下(給与収入の場合103万円以下)の場合は配偶者控除(38万円)が利用できた。それ以上の所得の場合は配偶者特別控除が利用できた。

<<2018年以降>>
所得が60万円以下(給与収入の場合150万円以下)の場合は配偶者控除が利用でき、以降201万円まで段階的に控除額が縮小する。また、主たる稼ぎ手(夫)の収入が高い場合は配偶者控除の金額が制限される。

これによって、いわゆる103万円の壁が150万円の壁となります。

配偶者控除が150万までに(代わりに夫の年収1000万までが対象に)。
とはいえ社保の130万の壁はそのままなので、今後は130以下で社保加入対象外キープするようになるのかなー。ま、「配偶者いないのに」こんな情報も虚しいが・・・。

.@FutA_sonic
配偶者控除が是正され、主婦にとって103万の壁が150万の壁になり、ますます若い私たちに労働が強いられますが、好きなおにぎりの具はなんですか

子供一人で年に31万。3人だから93万よ!」「未来はその代わりに配偶者控除削除-168万円よ」』ameblo.jp/smalldemo/entr…

二人目を産んだら(今んとこ予定ないけどw)フルタイム勤務はしばらく無理なのでは。。ておもってるけど、そうなると配偶者控除のことがきになる

「103万円の壁」が「150万円の壁」に変わる 意味合いを正しく理解 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

配偶者控除などの所得税についてしか語られないことが多いですが、社会保険料負担は付帯事項の多い「別の壁」なのでややこしいです。ご注意を。

配偶者の年収は130万以上あるのですが、私は、配偶者の基礎控除38万は、受けれます… bit.ly/1DlPK9m

結局いいのか悪いのか…
とっても難しくて理解するのに時間がかかります(笑)
中途半端に稼ぐより150万超えた方が得しそうですねー