職場にいない?メンタルぎりぎり社員を見抜こう!

遅刻や欠勤が増えた。ミスが増えた。笑顔がなくなった。精神的に落ち込んでいる社員のサインは様々です。精神的に落ち込んでしまってる社員をそのままにしておくと、休職や退職に発展するケースも珍しくありません。あなたの職場にいる社員にも兆候が見られるようなら優しく声をかけてあげてください。

◇落ち込んでいる社員を放置すると辞めてしまう可能性がある

悩みやストレスを感じている社員はたくさんいます。こういった社員を放置しておくと、退職をしてしまう可能性もあります。「気分が落ち込んでるのかな?」と思った時には早めに声をかけてあげましょう。

◇落ち込んでいる社員の特徴は?

服装や身だしなみに気を使わなくなった。

シャツの汚れが目立ったり、化粧をしなくなったりする。

食べ過ぎ、食べなすぎ…極端な食欲の変動

これは女性に多いサインです。気分が落ち込んでいる理由や状況によって食欲が急に増すか激減するか分かれるようですが、いずれにしても気分の落ち込みによって食欲の変化が出てきたら要注意だという事です。

仕事の問題点・課題に対する発言量が減る

仕事に対する責任感がなくなってきています。心が落ち込んでいると同時に、仕事を辞める兆候といえるでしょう。

「自分はだめな人間だ」など否定的な発言が増える。

マイナス思考になっている場合は心が落ち込んでいるサインです。励ましてあげましょう。

今まであまりなかったような失敗が増えている。

普段だったら考えられないようなミスをすることが増えてくると、現状にストレスなどを感じている可能性があります。

遅刻や欠勤が多くなる

今まできちんと時間どおりに出勤していたり、ほとんど欠勤しなかったりといった方が急にこのような状態になるということは、何らかのプレッシャーやそれに伴う不調が生じていると考えられます。

以前は趣味(スポーツや音楽、テレビ等)の話をよくしていたが、最近は全くしなくなった。

普段との変化っていうのは落ち込んでいるサインなので気づいてあげることが大事です。

人との接触を避けるようになった。

人と接するのが億劫になったりするのも、心が落ち込んでいる初期症状といえます。「あれ?いつもはもっと社交的な人だったのにな~」などと疑問に感じた場合は注意して接しましょう。

◇落ち込んでいる社員の接し方

「頑張れ」は禁句

もう十分にがんばって、それで疲れきっている場合が多いです。「頑張れ」と言われても、これ以上何を頑張ればいいのか、と感じるだけです。

相手の立場に立つこと

自分が、相手の立場なら、どんな気持ちなのだろう?何が嫌だろう?と考えるのを忘れないことが大切です。

本人や家族を責めない

失敗や落ち込んでいる本人や家族を責めたり、お説教じみた事をいうのも『してはならない事』です。

負担となっていることを減らす

仕事の量が負担になっているのであれば、仕事量を減らしましょう。その際は、その人が負担だろうからという言い方ではなく、課内でより効率よく仕事を回そうといった別の名目を出すのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする