うざい上司と思われないための約束

誰もが、部下たちから尊敬される上司になりたいと思っているだろう。だが、現実は多数の上司が、部下たちからうざがられてしまっている。そんなうざい上司にならないための約束事です。

どういうとき部下は、上司をうざいと思う?

下記は、うざい上司の特徴7つです。

・指示が具体的じゃない
・気分屋過ぎる上司
・言葉の使い方・誘導尋問
・飲み会を断れない・帰らせてくれない
・馬鹿にする上司
・小言のタイミングが悪すぎる
・説教したがりな上司

うざい上司をマジで嫌だな!と、部下が思う瞬間TOP5

1.1 話が長い
1.2 他人の前で部下の悪口や失敗談を言う
1.3 同じことを何度も聞く
1.4 チェックが細かすぎる
1.5 (寒い)おやじギャグ

どちらももっともな指摘かと思います。

そんな部下たちのうざい上司対策

1 ムカつくうざい上司を見返したい!職場で倍返しにする対処法
1.1 仕事のクオリティを「倍返し」
1.2 イヤミの言葉を「倍返し」
1.3 倍返し?しませんよ?スルースルー。かーらーのぉー「転職します!」

うざい上司チェックリスト!

口癖で解る残念な上司チェックシート
(A)部下が判断や教えを求めている時
 「それで君はどう思う?」
  尋ねられているのに逆に聞き返している
 「君がそれでいいなら、それでいこう」
  部下に責任を押しつけている
 「じゃあ、みんなで話すか」
  何でも議論するのがいいと勘違いしている

他にもチェック項目が載っているので、ぜひみてください。

それでは次に良い上司の条件です!

・自ら過ちを認められる上司
・共感してくれる上司
・長所を見つけてくれる上司
・無駄がない
・プライベートを分けている

1. 良い手本となってくれる
2. 社員の噂話をしない
3. 部下の話を聞く
4. 部下の成長に心から興味を示す
5. 趣味を追及している
6. 仕事とプライベートは分けている
7. 正直である

良い上司をめざしてがんばりましょう!!

上司がうざくて耐えられない人の声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする