知らないと恥をかくかも…職場でついやりがちNGな言動

職場でついやりがちなNGな言動についてまとめました。

職場でついNGなことやっちゃった…

あなたは普段、職場で発する言葉についてどれくらい意識しているだろうか?上司や同僚、あるいはクライアントや協力会社など、さまざまな立場の人と一緒にする仕事であれば、なおさら気をつけなければいけないのが自分の発言である。

では、職場で使ってはいけないNGワードとは?

ご苦労様です

まず「ご苦労さま」です。この言葉は、新人の社会人が使う言葉ではありません。目上の人が目下の人に対して使う言葉です。

この規範にしたがうと、仕事を終えて帰る上司に対して「ご苦労様」を使うのは失礼にあたるということになります。「です」「でした」をつけても同様です。

会社によっては、上司に対しても「ご苦労様でした」と言うことが慣例化しているところもあるようですが、一般的には「お疲れ様でした」「お疲れ様です」と言う方が無難でしょう。

了解です

最近のビジネスパーソンには、指示や連絡を受けたときの返事として「了解」、「了解です」という言葉を使う人が多いようです

「了解です」という言葉を丁寧語だと思っている人もいるかもしれませんが、「了解」という言葉にはもともとそんな意味は含まれていません

「了解」に「しました」をくっ付けて「了解しました」になると、「しました」の分だけ丁寧語になりますが、尊敬語にはなりません。結局、「了解です」と言おうが、「了解しました」と言おうが、上司に使うのは控えたほうが良いでしょう

若いですね

「若い」も言われて喜ぶ人ばかりではありません。とくに相手が女性の場合、自分より幾つも若い相手からこう言われても、皮肉に取られてしまうこともあるので注意を!

年齢の話題になったときに、社交辞令で言われる「まだ若いですよ!」の一言。「あんたの方が若いだろ!」とツッコミたくなります。

たぶん…

この言葉をよく言う人は、自信がないように思われているかもしれない。プロとして仕事を進めていく上では、使わない方がよい言葉である。

日本人は、ついニュアンスをやわらかくしようとして、こうした言葉を言ってしまうことがあるかもしれないが、仕事をする上では使わないように気をつけたい。

不満そうな顔をする

話している内容だけでなく、話し方や言葉のトーン、身振り手振りなどのボディーランゲージで、かなり色々なものが相手には伝わってしまいます

誰にも気づかれてないと思っているかもしれませんが、態度としても良くないですし、誰かに見られる可能性は多いにあります。

目下の者が先に名刺を出してしまう

名刺交換の順番は、「訪問者」や「目下の者」が先に差し出すのがマナーとなっています。名刺交換のタイミングを計って相手が出してくるのを待っていては失礼にあたります

目上・目下とは、地位や年齢に関わらず、「仕事の依頼をする側(お金を支払う側)が目上「仕事の依頼をされる側(お金を受け取る側)が目下」です。営業など、企業訪問の場合は常に自分の方(訪問者)から名刺を差し出しましょう。

目上の相手より先に名刺を受け取らないのが名刺交換のマナー。けれども最近ではお互いになかなか受け取らない現象も起きたために、「同時に交換する」新しい名刺交換マナーも存在します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする