「甘い言葉に騙されるな!」アパート経営をしてはいけない理由 #お金 #アパート経営

アパート経営がローリスクで楽に儲かるのは十中八九、うそです。不動産業者に騙されないためには不動産業の手口やアパート経営のリスクを把握する事が重要です。そこで今回はアパート経営のリスクや不動産業者の手口をまとめました。

アパート経営

アパート経営の手間

■主なアパート管理業務
入居者斡旋
入居者募集、入居者の選定、賃貸借契約の締結
家賃回収
家賃回収、滞納者への督促
契約更新・退室
契約更新、退室手続き、敷金精算、原状回復、室内クリーニング
トラブル対応
入居者間トラブル対応、近隣トラブル対応、設備機器の故障対応
建物管理
定期清掃、法定点検、設備修繕、大規模修繕

管理会社に任せるのも危険

管理会社が適当すぎる場合の対処法を教えてください。

アパート経営のリスク

立地の問題

もしあなたが本気でアパート購入を考えているのなら、一度、具体的な物件情報を紹介してもらってください。そして、紹介されたアパートの周辺をくまなく歩いて見てください。
すると、空き地、駐車場、農地、使われていない倉庫や工場といった土地がアパート周辺にたくさんあることに気がつくはずです。

見栄えや修繕費用の問題

アパートは木造のため、老朽化が早く10年経つと以前の面影がなくなり、外観がまるっきり古びて変わってしまいます。そんな古いアパートに、引っ越しを考えているような人はまず住みたがりません。外観が悪ければ、お部屋の中も見てくれません。

災害など外部環境のリスク

災害などの外部環境のリスクは、地震、津波、火事などが該当する。外部環境という意味では、家賃の滞納や自殺者の発生などもこのリスクに入るだろう。

借金(ローン)こそマンション経営の最大のリスク

手元にまとまったお金がなくても借金(ローン)をすることでマンション経営を始められることは、マンション経営の大きなメリットに間違えありませんが、同時にあなたの生活を破たんさせてしまうほどのリスクがあることを忘れてはなりません。

アパート経営トラブル

アパートやマンションを無理にでも建てさせようとする不動産業者らがいる
30年間一括借り上げで安心という安易な人が後を絶たず、訴訟が増えている
業者に対し、行政の厳しい監督と規制が求められると筆者は指摘する

賃貸アパートの「一括借り上げシステム」は企業がオーナーに対し一定期間の家賃を保証する画期的仕組み。が、住宅の空室率が上がるにつれ問題点が顕在化しつつある。

「催眠商法まがいの悪質な営業手法だ」–。富山県在住の木村信二さん(60、仮名)は怒りをあらわにする。

賃貸アパート経営の契約について。どの様に対応したらよいのでしょうか。

自己破産申請中で管財人がついています。
賃貸マンション経営で行き詰まりました。未収の家賃が債権として残っていますが、相手が支払いに応じてくれた場合は、管財人に渡さなければいけないのでしょうか。

不動産屋の甘い言葉

「家賃保証するから安心です!」
「銀行通帳を眺めているだけで大丈夫ですよ!」

そこに、事業者が訪ねてきて、
▼ お金を借りてアパートを建てると、相続税の計算上、負担が大幅に減ります。
▼ 家をアパートに建て替えて、その一部を自宅にすれば、毎月、収入が入って、年金の足しになります。
▼ 今なら、金利も低いし、銀行も、積極的に貸してくれます。と、勧誘されて、アパートを建

最近アパート経営って流行っていますよね?相続対策とか固定資産税がなんとかってよくいいます。そして一番営業マンが使う言葉が

「老後にもらえるお金が増えますよ!」というもの。

実体験、マンション経営勧誘の逆ギレ商法

テーマ:マンション経営 逆ギレ商法
ここ数年、増えている詐欺商法の「マンション経営勧誘による逆ギレ商法」を実体験しましたので日記にしたいと思います。

まぁ、タイトル通りのキーワードでググってみると多くのサイトがヒットするので割愛させていただきますが。。。

内容は以下の通りですので、このブログをご覧になった方はご注意下さい。

まず、

「絶対にセールスマンと合わないこと」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする