【仕事・ビジネス】ついついやってしまう、「うっかりミス」を繰り返さないための4つの対策

仕事でついついやってしまう「うっかりミス」。小さなミスでも、間違いを繰り返すことで会社での信用を失うことに。「うっかりミス」を繰り返さない4つの効果的な対策を紹介します。

★ついついやってしまう、「うっかりミス」

誰にでもありがちな、うっかりミス。注意力不足の他、思い込みの強さや気のゆるみなど、さまざまな原因によって引き起こされると考えられます。

判断ミスやケアレスミスなど繰り返すと信用も失い、自己嫌悪になって会社にも居づらくなってしまいます

数字の入力ミスなど、一見小さなミスであっても、重大なミスにも繋がる怖いもの。うっかりミスは極力へらしたい

@ro_rie91 ホント最近うっかりがやばいんだよなぁ。仕事のミスの8割ぐらいがうっかりレベル

今日は朝から仕事のうっかりミスで冷や汗もの…

うっかりFRIDAYと名付けよう!

でもこんな日はまた何かやらかしそうで最後まで気が抜けないな…

_(:3 」∠ )_ …この仕事の恐ろしいところは全ての仕事をミス出来ない…ってところだね…

うっかりミスで時間的にも精神的にもがっつり負担が掛かるわ…

ま(* ̄∇ ̄)仕事なんてみんなそんなもんだろ☆と割り切るw

★「うっかりミス」を防ぐ〇個のポイントとは

① 仕事の目的を把握する

この仕事の目的、「なんのため」を把握することで、この仕事で気をつけるポイントを想像することができます

「目的」を理解したら、やるべきことは整理してチェックリストを作っておく。

リスト等ができたら、どこで躓きそうか事前に対策を練ることでケアレスミスをなくせます。

② 確認作業を怠らない

確認作業は非常に基本的なことである。しかし、確認不足でケアレスミスを起こしてしまうのです。

個人だけでミスを減らすのには、限界があります。なので、上司などに確認してもらうことも大切。重要な案件に関しては、こういった確認をすることをおススメ。

自分自身で確認する際は、少し時間を空けて自分で確認しましょう。時間を空けることで脳がリセットされるので、思わぬミスが見つかることがあります。

また、鉄道会社がやっているのは「指呼」、いわゆる「指差呼称」も効果的。うっかりミスを防ぐには、頭で考えるだけでなく、声を出し、身体を使って確認することです。

③ 反省をする

小さなミスでも何度も何度も繰り返し重ねていては、周囲からの信頼も下がるばかり。

ミスを「次に失敗しないようにするために起きた出来事」であると、考えてみる

社会人としてやってはいけないのは、同じケアレスミスを二度以上繰り返す事。一度してしまったミスをメモにとり、覚えておく事です

もちろん、他の人がしたミスを自分のことのように書き留めておくのもケアレスミスをなくすためには効果的です

④気持ちを落ち着かせる

疲れがたまって集中できず、うっかりミスをすることに。日々の健康管理も仕事のうちと考えて、万全の体調管理が大切

作業中も適度に休憩をはさんで、処理能力が落ちないようにセルフコントロールする

また、急いでこなせそうな仕事でも、必要以上に急いでこなさないようにする。「時間より正確さ」と常に自分に言い聞かせる

★それでもミスをしてしまったら?

仕事のミスは、そのうち資産になると思うこと。ミスをマイナスととらえずに、プラスにとらえる。一度やってしまうと、次からは防げる。少なくとも、確率は下げられるし、起こったときの対処も経験済みです

将来の糧になると考える

うまく気分を変えれないなら、ひたすら落ち込んで家に引きこもるもよし、泣くもよし、笑うもよし、とにかく自分の感情に一度素直になってみましょう。そうして、気持ちが落ち着いたら失敗した原因の分析から再スタートを切りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする