「探偵」ってどんな仕事?気になるの探偵の豆知識

依頼があって調査をするのが探偵です。その探偵がどんな調査を仕事として請けていて、探偵がどうやって調査をしているか、みんなが想像する探偵イメージとの違いがわかるように探偵の豆知識まとめてみました。

探偵とは

探偵は、調査の依頼を請けて、依頼者に代わって物事の調査を行う職業のことをいいます。探偵には、探偵事務所と興信所がありますが、現在、この2つに明確な違いというのはありません。探偵事務所も興信所も同じ『探偵』です。

他人の依頼を受けて、特定人の所在又または行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう

探偵業者とのトラブルを聞いたことがあると思います。こうしたトラブルを防ぐために、探偵業法という法律があり、調査を依頼する人は、探偵がどんな調査が出来るのか、どこまで探偵は調査を行うことができるのかを知る必要があります。

探偵と警察の違い

たびたび、探偵と警察の違いについて疑問に思ったことがあるはず。ドラマやアニメなんかだと、探偵が警察の捜査に協力したり、警察が探偵に捜査協力したりすることがありますが、実際のところ、こうした探偵が警察の捜査に協力することはあるのでしょうか?
探偵と警察には明確な違いがあり、そのため、警察が出来ないことを探偵は出来ますが、探偵が出来ないことを警察は出来ます。

探偵と警察の最大の違いは、組織力と強制力の有無だと思います。警察は、相当の理由があれば裁判所から令状を発行してもらって強制捜査や押収等を行うことができます

警察は全ての依頼に対応してくれるとは限りません。
基本的には放置しておくと重大な出来事に発展するかもしれないものだけに対応します。

依頼者の気持ちを一番に考え、専属で解決に向けて一緒に動く。警察に出来ないことを探偵が行うわけです。

探偵が使う隠語

探偵が調査中に使う隠語があります。探偵業界内で独自に使われるものから、他の業界で使われる隠語をもじったり、そのまま使ったりされています。

ホシ・タマ:被疑者、犯人

探偵の場合、「調査対象者」という意味で使われます。

「ガセ」
ガセネタ、嘘の情報、偽物といった意味で使われる隠語で、
他の業界でも使われることがあります。

それから、行方をくらますことを意味する、トンコする、もしくはトンズラする

トンズラは色んな業界で使われていますし、一般の人もよく知られている隠語(俗語)です。

探偵の業界内で使われる隠語は独自の物もありますが、一般の人でも会話で使っているような隠語を使うことがあります。調査中などで周囲に情報が漏れないよう、言葉を隠すというのは探偵にとって重要なのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする