感動した…富士そばのホワイトっぷりがヤバい!

ちょっと…富士そば、行ってくる!

バイトの高待遇が話題に…!

驚いたのは、社員とアルバイトの区別がない人事評価制度。

休憩時間も時給が発生する仕組みとなっており、好きな商品を食べることもできます

富士そばやばくない?

バイトなのに

ボーナスあり(2回)
退職金あり
まかない(時給発生)あり
社会保険あり
報奨金あり
社員採用あり

勤務時間も8時間勤務の時給1100円って
単純計算して22万だからね(昼間勤務だけで)

頭おかしい(褒め言葉)

しかも、全員が中途採用…!

「うちは新卒採用をせず、全て中途採用なんです。なので店長になった経緯もひとりとして同じような人はいないと思う」

“受け皿企業”として、他社や他業界でうまくいかなかった人の応募も多い。そうした人材に安定した仕事を提供している自負心はある

業績の良い店には店舗賞や特別努力賞などのインセンティブの支給もあり、従業員にやりがいを与えている

新メニューを開発するチャンスもある

「富士そば」のレギュラーメニューとなっている商品は全て、かつてどこかの店舗の店長が開発した商品

新宿伊勢丹1階角の富士そばの20個限定プリン♪店長のパティシエさん作だそうで、サッパリほんのりソバで美味しかったですよ♪♪♪ pic.twitter.com/RPyVnWFFWU

『そば茶プリン』を考案した店長は、実は元パティシェ。

皮を剥いたトマトをそばに浮かべた「丸ごとトマト」は、閲覧数が過去最大になり、社内で表彰を受けた。実はこれ「ボツメニュー」

部下にお店を任せたからには、ちょっとくらい失敗しても責めたりしないで笑い飛ばす

幻のまるごとトマトそばだそうで。富士そばエッジ効いてるわ。
∧( ‘Θ’ )∧ pic.twitter.com/oWiLhnIcOj

その陰には「富士そば」創業者の存在が

「店で働く従業員の採用も店長に一任です。店長が気に入れば前歴、学歴、年齢にかかわらず採用しています」

つゆを作るのが、富士そばオリジナルマシン。国産の削り節をセットすれば自動で出汁を抽出

誰でも同じ味が作れる設備を整えた。

「事務所を大きくすると飲食店は潰れる」と本社を渋谷の雑居ビルの一室に置き、社長室もない

「なんでブラックにしなくちゃいけないかね。ちゃんと待遇をよくしてあげれば、みんな働くし、自分も楽ができる」

そのため、働く人を決して無理をさせない

富士そばは、年間○○店舗出店!のような「目標はない」と断言し、着実に店舗を増やしてきた

利益を求めるあまり、無謀な店舗展開をしなかった。

かき入れ時の大晦日にだって休んでた。

休日が基本固定曜日で週2日か貰える。シフト制との飲食店には、珍しく休みの曜日が決まっており、プライベートの計画も立てやすい

「社長の年末年始くらいは従業員のみんなもゆっくりしよう、という考えで、年末年始はおやすみしておりますのでお気をつけ下さい」

富士そばは一番のかき入れ時でありそうな大晦日からまじで休むのでホワイト企業かもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする