CEO、COOって何?CxOについて解説します。

最近よく見かけるCEOやCOOの文字。日本でもCTOやCFO,CIOまでもが浸透してきました。でもこれらってどうゆう意味なの?社長とCEOってどう違うの?って人のためにこのまとめページでは詳しく解説していきます。

CEO(Chief Executive Officer)=最高経営責任者、COO(Chief Operating Officer)=最高執行責任者、CFO(Chief Financial Officer)=最高財務責任者など、 “Chief ~ Officer”と表記される執行責任役職の総称です。
CTO(Chief technology officer)=最高技術責任者、CSO(Chief strategic officer)=最高経営戦略責任者、CIO(Chief information officer)=最高情報責任者といったように多くの役職がCxOに含まれるが、企業によって役職の種類や名称は異なります。例えばCIOは、企業によっては最高投資責任者(Chief Investment Officer)ということも。
本来、CxOの存在理由は経営責任と業務の執行責任を分化してきた欧米型企業において当該業務の執行責任者が誰なのかを明確にするためでしたが、日本企業の組織のあり方が欧米型に近づいてきたこともあり、役職名にCxOを採用する企業が増加してきました。

CEOと社長と代表取締役ってどう違うの?

そもそも「社長」「CEO」「代表取締役」といった肩書きの中で、「代表取締役」のみが、法律(会社法)で定められている肩書き。

それ以外は各会社によって決められているもので、あくまで職責上の呼称です。副社長や専務、常務、部長や課長なども同じ! しかも日本のそのような呼称は、会社によってその職責や役割はさまざまなのです。

「CEO」は、職責上の呼称。これは特にアメリカの会社において使われているのですが、“chief executive officer” の略で、日本語に訳すと「最高経営責任者」となります。

先ほどの日本における「社長」などの呼称は、会社によってその職責、役割は異なります。それに対し「CEO」は「最高経営責任者」ということで、はっきりと役割が決まっています。

ですので、(日本では特に)どちらが偉いということはなく、会社によってその扱いは異なるというわけ。

ややこしいけど、言ってる意味はわかる。

CEO以外のCxOって何があるの?

COO(Chief Operating Officer) ⇒最高執行責任者

COOの職務は理事会又は取締役会による指揮および最高経営責任者 (CEO) による統括[1]の下で、法人 (corporation) の日々の事業運営[2]、営利法人においては特に営業活動に関する業務執行を統括し責任を負うとされる。

Chief Administrative Officer最高総務責任者

会社で総務に関する業務執行を統括する役員。保管が義務付けられている書類の作成や管理を行うため、弁護士や公認会計士の資格を持つ人も多い。

Chief Financial Officer最高財務責任者

会社で財務に関する業務執行を統括する役員。ほとんどの人が会計士の資格を持つ。

Chief Legal Officer最高法務責任者

会社で法務に関する業務執行を統括する役員。弁護士の資格を持つ人が多い。

Chief Technology Officer最高技術責任者

製造業やIT業界などの技術的イノベーションがコア・コンピタンスとなっている企業においてはCEO(最高経営責任者)、CFO(最高財務責任者)などと並んで極めて重要な役割を持つとされる。

Chief Information Officer最高情報責任者

経営戦略の一部としての情報化戦略を立案・実行すること、逆に情報技術に基づいた形で企業に適切な経営戦略を提案すること、部門間や外部との調整を行い業務組織や業務プロセスを改革して情報システムに適合させること、そして情報部門を含めて全社のIT資産(人材、ハードウェア、ソフトウェアなど)の保持や調達を最適化することなどである。

Chief Strategy Officer最高戦略責任者

経営戦略やグループ企業の事業戦略統括を行う。

Chief Knowledge Officer最高知識責任者

知識の保存により企業価値が最大限になるように保障する役割を担う。

Chief Marketing Officer最高マーケティング責任者

会社の顧客やメディアに向けたPRを統括する。

Chief Accounting Officer最高会計責任者

株主や債権者から投資または融資された資金の管理保全、運用の統括を行う。

Chief Social Responsibility Officer最高社会的責任担当者

会社の情報セキュリティ対策の運用を管理する。

Chief Branding Officer最高ブランド開発責任者

会社のブランド戦略を担当する。
有名スポーツ選手などの著名人が就任するケースもある。

Chief Business Officer最高業務責任者

事業部門及び営業部門を統括する責任者。

Chief Development Officer最高開発責任者

技術開発の全体的な最適化を監督する。

Chief Human resource Officer最高人事責任者

経営幹部職として人事機能を統括する。
一般的は人事部門のトップである人事部長との違いは、CHOが経営陣として経営に参画する権限がある点。

Chief Learning Officer最高人材育成責任者

効果的な組織運営を実現し、組織の成長を実現する人材の中長期的な育成を担う。

Chief Risk Officer最高リスク管理責任者

会社を取り巻く様々なリスクを管理する。

Chief Visionary Officer最高事業計画責任者

最高ヴィジョン策定責任者とも。
社風作りや人材の育成など、会社内の「人」に関する管理を担う。

Chief Privacy Officer最高個人情報保護責任者

一貫した情報保護戦略や方針を立て、各部門の情報保護を監視、監督する。

Chief Production Officer最高生産管理責任者

会社の生産能力や在庫の分析、受注状況を見通すなどの生産に関する管理を行う。

Chief Project Officer最高計画責任者

会社として組織的、戦略的に行われるプロジェクトを管理する。

Chief Safety Officer最高安全責任者

会社の安全や衛生を管理する最高責任者。

Chief Quality Officer最高品質責任者

商品の品質を管理する最高責任者。

何となくお分かりいただけたでしょうか?
ほかにもまだまだありますが、なんとなく何が何の仕事をするのかで割り振られています。

あなたもCxO目指してみては?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする