初代「美おっぱい」は23歳フリーター中岡龍子さん「もっちりとした質感が素晴らしい」

タレントのマギー(24)が2016年10月18日、都内で行われた「美おっぱいコンテスト2016」のグランプリ決定イベントにゲストとして出席した。グランプリには岐阜県出身のフリーター中岡龍子さん(23)が選ばれた。

タレントのマギー(24)が2016年10月18日、都内で行われた「美おっぱいコンテスト2016」のグランプリ決定イベントにゲストとして出席した。背中と胸元が大きく開いたワインレッドのロングドレス姿で登場。「こんなにおっぱいを眺められるのは、人生であまりない」と、コンテストの審査にも加わった。

出場者は書類、面接など3度の審査を勝ち抜いた6人で、大学生からダンサー、タレントとさまざま。6人は白い花で作られたレイのような露出度の高い衣装で、自慢の美乳をアピールした。グランプリには岐阜県出身のフリーター中岡龍子さん(23)が選ばれた。95センチのFカップバストで栄冠を勝ち取り、「女優さんになりたいと思っていたので、それができれば。目標は長谷川潤さん、深田恭子さんです。最終的には作詞家になりたい」と語った。マギーは「個人的には、触りたくなるようなもっちりした質感の方を選んだ。1番好みだったので選びました」と、「推しパイ」を見つけてご満悦の様子だった。

主催者によると、女性の胸の美しさを競うコンテストは日本で初めて。マギーは「おっぱいがフィーチャーされるコンテストが初ということで、自分のおっぱいに自信を持っていいんだとか、美脚とか美白と同じように、女性がおっぱいに自信を持てるようになれば」と期待していた。

準グランプリにはダンサーLUNAさん、モデル中北成美、特別賞のピーチジョン賞にはモデル繭がそれぞれ選ばれた。