意外と知られていない治験ボランティア

治験に6回参加した事が有るのでその情報をまとめます。

治験ボランティアってそもそも何?

新薬の有効性と安全性を確認するための、人体によるテストです。
国内の治験ボランティアの殆どはジェネリック医薬品のテストになります。
「ジェネリック医薬品」とは、すでに開発が終わっている特許切れの薬を
他のメーカーが製造・販売するもので、開発費が不要なため、
薬の販売価格を非常に安く設定することができます。

薬は特許が切れた段階でジェネリック医薬品の対象となりますが、
その成分が先発の医薬品と同等ならば本当に問題が生じないのか?
という点について、念のため「確認テスト」を行います。

この確認テストは「生物学的同等性試験」と呼ばれますが、
この同等性試験もまた「治験」のひとつとされています。

※この記事では同等性試験に付いてまとめています。

どうやって参加するか?

治験センターと呼ばれる新薬製造の為の施設・大学病院などで募集をしています。
基本的には紹介制ですが直接電話をしてインターネットで情報をたと言えば
成人であれば誰でも参加出来ます。

様々な施設で行なわれていますが個人的には治験センターで
行なわれる治験に参加するのをお勧め致します。

また検索エンジン等で情報を調べる際に「治験」だけで検索すると
治験紹介サイトが大量に出てきますが基本的にはこのようなサイトは
仲介料や情報量目当てのインチキだと思って下さい。

検索の際は「治験センター+お住まいの都道府県」でやると
直接最寄りの治験センターのサイトに飛ぶ事が出来ます。
治験ボランティア募集の項目などが有りますので。
直接電話すると良いです、間違っても治験紹介サイトにお金を払って
情報を貰う等の行為は行なわないで下さい。

治験って何やるの?

期間が1週間の治験を例にすると。
初日に薬を投与し(製品版1割程度の量です)
薬品投与から血液中の成分残量を一定の時間毎に
血液検査で調べる事になります。(ほんの微量の採血です)
多い日は1日に8回程度の採血が有り
それ以外は安静にして1日に1〜2回健康診断を行ないます。

治験中の生活

・徹底した食事の管理(持ち込みも厳禁です※尿検査でバレます)
・常飲している薬の摂取(※目薬なんかも禁止です)
・喫煙、飲酒の禁止
・一切の外出も出来ません(長期治験の場合は近所の美術館に遠足とか有ります)

基本的には共同部屋で(8人程度)ベットの上で安静にしているだけの生活です。
治験センターの場合はPCルームや大量の漫画などの娯楽施設が充実してます。
モニタールームでDVDやTVゲームの貸し出しも行なわれています。

消灯時間は21時なのでベットの中で暇を潰せる
スマートフォン・携帯ゲーム・携帯ラジオなどを持参すると良いでしょう。
コンセントもベット1台につき1つ付いているので
延長プラグなども持っていくのをおすすめします。

ノートPCの持ち込みもOKなので忘れずに持っていきましょう。

朝が6:30起きなどと早いですが2日もすれば慣れます。
空調の利いた部屋で清潔なシーツと布団で寝れるので普段より安眠間違い無しです。

入浴は基本的に朝の健康診断終了時から消灯21時の間なら好きな時間に入れます。
シャンプーとリンスは持参するのをお勧めします。(基本シャンプーinリンスしか無いです)

治験中の食事

私が参加した時の献立です。

朝食 おにぎり、サンドイッチ、クロワッサン、ベーコンエッグ、オレンジジュース
   グレープフルーツ、リンゴ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昼食 焼き肉定食、ちらし寿司、すき焼き定食、うどん、天丼、煮魚定食
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夕食 からあげ定食、幕の内弁当、カレー、カツ丼、とんかつ

基本的に朝は軽食で昼と夜はボリューム満点です。
全員同じ量を食べる、残してはいけない決まりですので
好き嫌いの少なそうな献立ばかりです(ピーマンとかタマネギ使ってる料理が少ない印象でした)
採血を行なっているので肉が多いです

デリバリーで弁当屋から配達されている物なので味はかなり美味しいです。

報酬はどれくらい貰えるの?

1日1万〜1万5000円程度が相場です。
2週間の入院する治験の場合は25万円ほど貰えた事も有ります。

治験センターのデータベースにボランティア参加回数が記録されており
一定数の治験参加毎に特別報酬が出る場合も有ります(5回参加で特別謝礼5万円等)

紹介報酬精度も有り友達を治験に誘った場合1人につき8000程度支払われます。
(治験紹介サイトが大量に有るのはこの為です)

等、治験ボランティアという名前の通りボランティアであってアルバイトでは無いので
報酬から税金が引かれる事は有りません全額報酬として支払われます。

治験に参加する時の注意点

・献血を4ヶ月以内にやっていない事
・検査1ヶ月以内に通院等をしない事
・治験中は外出が出来ません
・治験中に風邪や虫歯などで体調が悪いと試験中断となり報酬が減額されます。
・治験終了時は両腕が注射の後が大量に(検査用の採血注射の細い針なので数日で消えます)
・守秘義務が有るのでなんの薬の治験に参加したかは他人に公表してはいけません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする